佐々木莉佳子(アンジュルム)はフィリピンのハーフなの?兄や出身大学についても

  • 佐々木莉佳子は2001年5月28日生まれ
  • CanCamの専属モデルをしている
  • ハロープロジェクトのグループ・アンジュルムのメンバー

佐々木莉佳子(アンジュルム)のプロフィール


名前 佐々木莉佳子 (ささき りかこ)
グループ・所属
職業
所属事務所
誕生日 2001年5月28日
年齢 20歳
身長 166cm
血液型 A型
出身地 宮城
外部リンク

 

性格

  • 人見知りしない
  • 天真爛漫
  • わがまま

ファンが見ていても無邪気な姿がわかるので、自身の性格をよく理解しています。

見た目は大人っぽい佐々木莉佳子ですが、明るく元気な姿がファンに好評です。

 

特技

  • 生卵を片手で割ること
  • ジャンプ

バレーボールを5年間続けていたので、ジャンプが得意です。

メンバーからもジャンプ力の高さを認められていて、振りの中にもジャンプをするシーンがあります。

趣味

  • ネイル

ネイルを紹介することはしていませんが、InstagramにUPする写真に写る指先で、お洒落な色のネイルをしていることがわかります。

身長や体重

佐々木莉佳子は身長166cmで、体重は公表していませんが、スタイルが良くモデル体型です。

アンジュルムの他のメンバーの身長は

  • 和田彩花さん 162cm
  • 相川茉穂さん 163cm
  • 室田瑞希さん 162cm
  • 田村芽実さん 162cm
  • 勝田里奈さん 159cm
  • 中西香菜さん 159cm
  • 竹内朱莉さん 154cm
  • 上國料萌衣さん 150cm

とこのような身長で、160cm前後のメンバーが多い中でも、佐々木莉佳子は高身長です。

デビューのきっかけ

東日本大震災に被災し、自宅を津波で流され避難生活を余儀なくされたことで、佐々木莉佳子はショックで塞ぎ込むようになってしまいました。

見かねた父親は、ローカルアイドルグループが気仙沼で活動を開始すると聞き、佐々木本人には黙って、メンバーオーディションに応募したことで、グループのセンターとして活動を始めたことがきっかけです。

佐々木莉佳子(アンジュルム)の生い立ちや経歴

佐々木莉佳子は2001年5月28日生まれの20歳で、宮城県気仙沼市出身です。

両親と姉・兄の5人家族で、父は地元・気仙沼市で水産加工会社を経営しています。

小さい頃から体を動かすことが好きな活発で男勝りな性格でしたが、プリキュアが好きという女の子らしい一面もありました。

明るい性格の佐々木莉佳子でしたが、東日本大震災で被災してから塞ぎ込んでしまいます。

見かねた父親が応募した地元のアイドルグループのオーディションに合格したことで人生が大きく変わりました。

「元AKB48の前田敦子さんと大島優子さんを足して2で割ったような容姿」と話題になり、様々な番組に出演します。

その後2012年の夏にモーニング娘。のオーディションを受けますが落選していて、2013年3月にハロプロ研究生に加入しました。

2014年にピチレモンの専属モデル、スマイレージ(後のアンジュルム)と瞬く間に芸能界の道を駆け上がっていっています。

 

出身大学や学歴

    出身の学校は公表していませんでした。

中学3年生の運動会でソーラン節を踊ることが恒例で佐々木莉佳子もかっこいいと憧れていましたが、本番は出られないことが判明しました。

最後の練習の日に実行委員が「莉佳子ちゃんが出られない分、今みんなで一緒に踊ろうよ」と言ってくれたことが嬉しくて感動したというエピソードをインタビューで答えていました。

兄や家族構成について

佐々木莉佳子は、両親と兄と姉の5人家族です。

兄は昔、野球少年で坊主でしたが、かっこよくなってるとブログで明かしていて、兄のことが好きだということが伝わってきます。

「佐々木莉佳子 兄」で検索すると「ヨウスケ・ササキ」と表示されるので兄の名前である可能性が高いです。

佐々木莉佳子(アンジュルム)はフィリピンのハーフ?

日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれたハーフです。

佐々木莉佳子は顔立ちのハッキリとしている美人なのはもちろん、姉の写真も公開されていて、美人姉妹であることがわかります。

CanCamのモデルとして起用された理由は?

佐々木莉佳子が起用されたのは、撮影時カメラの前に立った瞬間にスイッチが入り、表現したいことが次から次へとあふれ出てくるすごさがあることでした。

そのプロらしい雰囲気に、“天性の表現者”なんだなと圧倒されたと編集長は語っています。

かっこよさとかわいさに加え、佐々木らしい雰囲気があり同性があこがれる要素をたくさん持っているところも魅力的で、好きなことに一生懸命な姿がCanCamの目指す理想像とも重なったことがきっかけです。

seventeen時代

seventeenの専属モデルとして4年間紙面に登場していました。

自分のこだわりを受け入れてくれ、話を聞いてくれる場でもあったので、自分磨きをしようと強く思えたのも
専属モデルになってからだったと卒業する時期のブログで語りました。

seventeenの撮影現場はとても明るく、佐々木の素を受け入れてくれる場所だったので、笑顔溢れてるseventeenをまた更に好きになりました。

佐々木莉佳子(アンジュルム)がイケメンすぎ!メイクの方法は?

オフの日のメイクはベースメイク+リップだけで出かけることも多く、イエローやブラウンを中心に肌なじみの良いリップを何本か揃え、服の方向性で使い分けています。

あまりメイク感を主張したくないので、アイシャドウも暖色系でワントーンにしています。

気仙沼市の大使もしてるの?

気仙沼市出身で、地元のアイドルグループ「SCK GIRLS」の元メンバーとして、地元復興イベントや首都圏のイベントで活躍していました。

「アンジェルム」に加入後、モデルやアイドル、女優として幅広いジャンルで活躍しながら、故郷気仙沼への想いや魅力を若い人たちに発信していることが起用された理由です。

佐々木莉佳子(アンジュルム)の出演番組

  • バラエティ番組
  • CM
  • 舞台
  • 雑誌

 

バラエティ番組

  • 〜おねだりエンタメ!〜はぴ★ぷれ
  • ハロプロダンス学園
  • あざとくて何が悪いの? あざと連ドラ『あざとくないと恋はできない?』
  • 行くぜ!日本武道館!つばきファクトリー26時間スッペシャル

 

CM

  • ピザーラ よくばりクォーター「よくばり応援団・ダンス篇」「応援・シズル篇」
  • LIPPS 『SMOOTH HAIR DANCE SERIES』

 

舞台

  • 僕たち可憐な少年合唱団
  • 演劇女子部 ミュージカル「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」
  • 演劇女子部「MODE」
  • 演劇女子部「夢見るテレビジョン」
  • 演劇女子部 全労済ホール/スペース・ゼロ提携公演「アタックNo.1」

 

雑誌

  • ピチレモン(2014年5月31日 – 2015年10月31日、学研パブリッシング) – 専属モデル
  • Seventeen(2016年2月1日 – 2020年2月29日 、集英社)- 専属モデル
  • CanCam(2021年6月23日 – 、小学館)- 専属モデル

佐々木莉佳子(アンジュルム)の受賞歴

  • 第52回日本レコード大賞最優秀新人賞 受賞

アイドルグループ・アンジュルムの佐々木莉佳子についてまとめました。

可愛さの中にハンサムな雰囲気を持つ佐々木なので、男女問わずファンを魅了しています。

モデルとしての経歴が豊富で、モデル界でも期待されていることがわかるので、今後さらにメディアに出てさらに多くの人を虜にすることに期待しましょう。