友保隼平(金属バット)の彼女や結婚について!兄弟や家族構成も調べてみた

  • 友保隼平は1985年08月11日生まれ
  • 金属バットのツッコミ担当
  • 40㎝のヘアドネーションをした

友保隼平(金属バット)のプロフィール


名前 友保 隼平 (ともやす しゅんぺい)
グループ・所属
職業
所属事務所
誕生日 1985年8月11日
年齢 36歳
身長 174cm
血液型 AB型
出身地 大阪
外部リンク

性格

  • 優しい
  • 男気がある

尖った芸風とインパクトの強い風貌で、一見怖い人なのかなと思われがちな友保ですが、とても優しい一面を持っています。

知り合いから行き場のない子猫の相談を受け、その子猫を引き取った経験があるのです。

しかし友保は猫アレルギー。

猫と接すると、目が赤くなり鼻がかゆくなってしまうので「(アレルギーでるから)深く愛さないようにしてる」と語っていますが、猫に対して愛情をもって飼っていました。

自分のアレルギーよりも、小さな命を大切にしている点はとても男気がありますね。

また、ファンの方への対応も丁寧だと評判です。

見た目からは想像もつかない腰の低さで、出待ちのファンの方にお礼をし気さくに握手にも応じるので、そのギャップに心を掴まれる人も続出しているのです。

尖った行動や照れ隠しの発言の奥にはとても優しい心があるのです。

 

特技

  • メダルゲームのホッパー詰まり修理

友保が公表している唯一の特技が一風変わっていてなんとも印象的です。

メダルゲームの機械の中にあるメダルを貯めて払い出す装置をホッパーといい、ゲームプレイ中に起きたメダル詰まり等を直せるという特技です。

工業高校時代の学びや、数々のバイト経験からこの特殊ともいえる特技を身に付けたのかもしれません。

手先の器用さも重要なスキルでしょう。

 

趣味

  • 映画鑑賞
  • 人を笑顔にすること
  • バイクの運転

芸人のなかでも映画好きで知られる友保。

洋画邦画問わず多くの作品を鑑賞しており、一時期は映画監督になりたいと思っていたほど映画愛が強い人です。

なかでも菅原文太さん主演のトラック野郎シリーズが大好きで、自身のYouTubeでその魅力を熱く語っていました。

男らしい趣味を持つ友保にとってバイクの運転も大切な趣味のうちのひとつでしたが、若手時代に貧乏だったころに泣く泣くバイクを手放したときはとてもつらかったと語っています。

人を笑顔にすることが趣味については、普段の言動や芸風からちょっとした冗談のような気もしますが、実際に金属バットのネタは各地で爆笑を巻き起こしているので本心なのではないでしょうか。

芸人を目指したきっかけ

友保が芸人を目指したきっかけは詳しく語られていませんが、高校時代に出会ったのちの相方小林の存在が非常に大きかったのではないでしょうか。

友保の内向的な性格の中に秘めた情熱を、小林がうまく引き出しともに芸人の道を歩きだし、15年以上たってもその笑いの進化は止まりません。

まさにこの運命の出会いが友保の背中を押し、人気芸人への一歩を踏み出したに違いありません。

友保隼平(金属バット)の生い立ちや経歴

金属バットの友保隼平は1985年の8月11日生まれで出身は大阪府です。

幼いころは内向的で、友達とわいわい騒ぐより自分の世界にどっぷり浸ることができるブロック遊びなどを好んでいました。

無類の映画好きお笑い芸人を志す前は、映画監督になりたいという淡い夢を抱いていました。

高校時代にのちに相方となる小林圭輔と出会い、NSCへ進学。

アルバイトをしながら独自の世界観の笑いを追求しています。

 

学歴

  • 堺市立工業高校材料システム科
  • 堺市立三国丘中学校

高校時代は材料システム科でアーク溶接を学んでいました。

部活動は剣道部に在籍しましたが1年で退部しています。

この頃は坊主頭で大人しそうな印象だったので、現在のトレードマークのロングヘアーは見る影もありませんでした。

相方の小林とは高校時代に出会い、2人ともお笑い好きだったため一緒にNSCに進学しています。

中学時代は見取り図の盛山と同じクラスだったのですが、クラスの人気者だった盛山に対し友保は家でブロック遊びをしていた内向的な少年でした。

友保のどこか芸術的な雰囲気はこの頃からすでに存在していたのかもしれません。

かっこいいけど彼女や結婚は?

気になる友保の恋愛事情ですが、今のところ彼女がいるという情報もなく、結婚もしていません。

後輩芸人の鬼越トマホークが自身のYouTubeチャンネルで、友保のことを「プライベートでは人見知りな部分もあり、下ネタも話さない人格者だ」と話していました。

ワイルドで雰囲気のある風貌なので、女性からの人気は高いのですが、本人はいたってまじめな交際を望んでいるようで、気軽に遊んだり不誠実な付き合いはしないのでしょう。

また鬼越トマホークは「現在彼女がいるかどうかはわからないけれど、彼女がいるときはとても大事にする」と証言しています。

破天荒な芸風ですが、1人の女性を大切にする一途さがとても素敵ですね。

家族構成について

友保の家族構成については明らかにされていませんが、妹についてはとある噂があります。

それは友保の妹さんがすでに他界しているという噂です。

これは過去にラジオなどで友保自身が、この話を度々していた時期があったためファンの間で認識されていましたが、実際のところ真偽は不明です。

隙あらばボケる友保さんのボケの一環なのか、本当のエピソードなのかがわかりにくいのです。

ネット上の書き込みには

  • 結成初期から友保は妹が死んだ話をしている
  • 話し方を見る限りマジっぽい
  • 妹の話についてちょっと嫌がっててああいう雰囲気になるのは珍しい

という声があり、謎は深まるばかりです。

出演番組

友保隼平(金属バット)は以下のジャンルの番組に出演しています。

  • 映画
  • バラエティ
  • ラジオ

 

映画

  • 「おばけ」(2020年4月20日公開)-声の出演

 

バラエティ

  • ネタパレ(フジテレビ、2019年2月1日-)
  • ナイトinナイト 相席食堂(ABC朝日放送、2019年4月9日-)-「千鳥の野球チームを作ろう」にてコーナーレギュラーとして出演中
  • ひるキュン!(TOKYO MX、2018年10月25日)
  • サンバリュ「デジタルにらめっこWARAE」(日本テレビ、2019年2月3日)
  • 水曜日のダウンタウン(TBSテレビ、2019年2月20日)
  • IPPANグランプリ(フジテレビ、2020年6月13日)
  • かまいたちの机上の空論城(関西テレビ、2020年6月19日)

 

ラジオ

  • 金属バットのMusic Sound(GERA放送局、2021年6月30日 – )

 

ライブ

  • 金属バット単独ライブ「いきり立つ二本のバット」(2012年5月13日 大阪・ワッハ上方7Fレッスンルーム)
  • 金属バットスーパープレーン単独ライブ(2013年8月9日 大阪・大阪城ホールコンベンションホール)[17]
  • 金属バット単独ライブ『KAZOKU』(2016年8月29日 東京・新宿バティオス)
  • 金属バット第四回単独公演『大ラジオバンダリー』(2018年4月6日 大阪・十三シアターセブン)
  • 金属バット単独ライブ『スーパージュリエッ単』(2018年12月31日 大阪・道頓堀ZAZA Box)

 

賞レースなどの戦績

友保準平(金属バット)の賞レースなどの戦績は以下の通りです。

  • M-1グランプリ 2020年(第16回)準決勝敗退敗者復活戦7位
  • THE MANZAI 2014年(第4回)2回戦敗退
  • キングオブコント 2008年(第1回)1回戦敗退

大阪の漫才シーンだけでなく、全国のお笑いファンから熱い注目を集める友保。

これからもその個性が存分に発揮されるよう期待しましょう!