川島明の結婚した嫁や子供について!サックスの実力や愛用する時計についても

  • 川島明は1979年2月3日生まれ
  • 2016年11月第16回IPPONグランプリで優勝
  • 2021年TBS系情報番組「ラヴィット」にて帯番組の司会を務める

川島明のプロフィール

https://www.instagram.com/kirinkawashima0203/?hl=ja

名前 川島明 (かわしまあきら)
グループ・所属
職業
所属事務所
誕生日 1979年2月3日
年齢 43歳
身長 179cm
血液型 AB型
出身地 京都
外部リンク

 

性格

  • 人見知り
  • 落ち着いている
  • 1人が好き

素敵な声が特徴的で女性ファンはもちろんの事、男性ファンも多い麒麟の川島明さん。

2021年からはTBS系情報番組「ラヴィット」の司会を務めるなど、活躍の幅を広げています。

そんな川島さんの性格は「極度の人見知り」です。

楽屋などでも盛り上がっている芸人の会話に入ることはなく1人で過ごすことがほとんど。

2014年7月に放送されたテレビ朝日系のバラエティ番組「アメトーク」では、『人見知り芸人』という企画に出演した過去もあります。

しかしある人に影響され、現在では周囲の人と積極的に話すようなった川島さん。

川島さんの気持ちに変化を与えてくれた人が同じくお笑い芸人の『山崎弘也さん』です。

川島さんは山崎さんの「楽しそうにずっと話している姿勢」や「好きな事を熱く語る様子」などに感銘を受け、人見知りな自分を乗り越えられました!

 

特技

  • イラスト

川島さんの特技はイラストを描くことです!

幼少の時から絵を描くことが大好きで、授業中もノートの隅にイラストを描いたり、川島さん自身で漫画を作ったりもしていました。

川島さん流の絵の描き方は、鉛筆で下書きをした後に筆ペンを使いその後に水彩絵の具で色を付けていきます。

1つの絵に費やす時間は約1時間。

2014年には12月には「うつむきくん」というイラスト&エッセイ集を出版されています!

趣味

  • ゲーム
  • 競馬

川島さんの趣味はゲームと競馬! 中でも競馬は”超”が付くほどの競馬マニア。

川島さん自身がMCを務める「KEIBA BEAT」では、『カリスマ馬券師』というあだ名がつくほど馬券を的中させています。

2021年度の馬券的中率は5割近くにもなり、人気の高い馬から選びその馬を軸とし、レースの適性や好材料などから穴馬を選ぶという独自の馬券の買い方を持っています。

デビューのきっかけ

川島さんは「麒麟」というコンビ名で相方の田村裕さんとお笑い芸人としてご活躍されています!
1999年10月にコンビが結成され、お2人ともNSCの20期生です。

川島さんがツッコミ、田村さんがボケを担当し、漫才では田村さんの「どうも~」という一言に対し、川島さんの特徴的な低音ボイスで「麒麟です」と話すことがお決まりとなっています!

お2人の特徴的な「麒麟」というコンビ名ですが、結成当時は漢字のみで活躍されているお笑い芸人の方がおらず、難しい漢字の方が覚えてもらいやすのではないかと考え、「薔薇」「憂鬱」「麒麟」という3つの候補がある中で、「麒麟」に決定!

「麒麟」という漢字が難しいこともあって、ファンレターで間違えてしまう人も多数おり、難しいコンビ名にしたからこそ多くの方に知ってもらえ人気芸人へとのぼりつめられました!

川島明の生い立ちや経歴

川島明さんは1979年2月3日生まれの、京都府出身です。

幼少期の頃からお笑い番組と絵を描くこと、漫画も読むことが大好きな少年でした!

その中でも中田カウス・ボタンの漫才がきっかけでお笑いが好きになり、漫画は『ドラえもん』や『あしたのジョー』の熱烈なファン!

中学時代からはお父様のご職業が塗装業だったため、お父様のお手伝いをする形でアルバイトをしていました。

そして川島さんのご友人のお家がスーパーマーケットを経営していたこともあって、そちらでもアルバイトを経験し若い時から社会経験を積んでいます。

そして現在の川島さんの特徴でもある声は、中学3年生の時に変声期がきて素敵な声に変わられました!

声変わりする前は、高い声のため電話などで女の子に間違えられてしまうことも多々あったとか。

出身校・学歴

  • 兎道小学校
  • 宇治中学校
  • 兎道高校

川島さんは高校時代からあまり目立ちたがり屋な性格ではなく、友人も多いわけでなく、気心しれた特定の人と一緒に過ごすことがほとんどでした。

高校時代はサッカー部に所属していましたが、運動があまり得意ではなかったためレギュラーではなく補欠として活動しています。

この時から現在の特技の1つでもある「イラスト」は大好きで、授業中によくノートの隅っこに描いて楽しんでいました!

当時、川島さん自身が作られた4コマ漫画を雑誌に投稿したところ、入賞した過去を持っています。

高校時代から絵の才能があり、現在でもバラエティ番組に出演した際には腕前を披露しています!

サックスの実力

特徴的な低音ボイスが素敵で有名な川島明さん。

2020年10月には藤井隆さんがプロデュースしたアルバム「SLENDERIE ideal」のリード曲「where are you」では、普段とは声色の違う歌声を披露し、テナーサックスにも初挑戦しています!

ファンの方からは、

  • 「歌声がさわやかでかっこいい!」
  • 「普段の声とのギャップが素敵!」
  • 「とっても素敵な曲~」
  • 「サックスの演奏が1年たたずにここまでできるなんて川島さんの努力がすごい!」

など歓喜の声が寄せられています!

愛用してる時計について

川島さんが2021年10月28日に出演したTBS系バラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会」で紹介した腕時計が話題になっています!

その時計とは『GARMI vivosmart4』という睡眠モニターや血中酸素、ストレス計測などができるスマートウォッチです!

睡眠モニターとして眠りの浅さや深さを観測してくれ、酸素濃度を知ることで自身の体調の変化を確認できたり、ストレス計測度を測り自分の気が付いていないストレスを計測してくれる様々な機能が付いています。

価格としては2万円前後で購入ができ、デザイン性もシンプルなのでとっても使いやすい腕時計です。

結婚した嫁や子供について

川島さんと奥様は2015年にご結婚されています!

お2人の出会いは”新宿の居酒屋”です。

奥様は新宿三丁目に落語を見に来ていた帰りに1人居酒屋に寄り、川島さんは時間があったため後輩芸人と一緒にお店に入りました。

奥様がお1人で飲んでいる姿を、川島さんがきれいな方だなと思ってみていたところ、ちょっといかつめのお兄さんが奥様に近づき絡み始めたため、それを見ていた川島さんが「何ですか?僕の友達なんですけど」と声をかけると、奥様の方も「そうなんです」と乗り、いかつめのお兄さんはその場を後にしました。

川島さんが奥様を助けてあげたこの出来事がきっかけで、お2人は連絡先を交換し約2年の交際を実らせご結婚されました!

川島さんが2021年10月15日に出演された「人志松本の酒のツマミになる話」に出演した際に、この出来事を話すと共演者の皆さんからは「これは運命やわ」「ドラマみたい~」などの声が寄せられました。

川島さんと奥様には2人のお子様がいます。

1人目は2017年7月に誕生した女の子で、2人目は2020年に誕生した男の子です。

娘さんはおもしろい性格で、好きな子守歌は八代亜紀さんの「舟唄」中島みゆきさんの「悪女」という歌謡曲を好み、保育園ではひな壇芸人のような明るくておもしろい性格の女の子で有名になっています!

元カノは真鍋かをり

川島さんの元カノとして名前が上がるのは真鍋かをりさんです。

川島さんと眞鍋さんの交際が報道されたのは2007年。

報道された当時お2人とも否定をせず真剣交際をしており、結婚間近とも言われていましたが2011年に破局。

そして2015年に眞鍋さんはTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉さんとのご結婚を発表され、川島さんも一般女性とのご結婚を発表しています。

眞鍋さんがご結婚をされた時に川島さんはTwitterで「おおわらい 芽吹く祇園の 出番終え とおくの鐘の音 うめ酒で祝う」という短歌を投稿し、頭文字をとると”おめでとう”となることから、眞鍋さんのご結婚を祝福されていました。

素敵な声が特徴的で男女問わず幅広い世代に人気のある川島さん。

昨年から帯番組の司会を務めるなど、芸人としてだけでなく今後どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!