じろう(シソンヌ)のプロフィールまとめ

  • じろうは1978年7月14日生まれ
  • 元々劇団員でありネタ合わせの演技指導にこだわっている
  • 女装のネタが多く女性目線のネタに自信がある

シソンヌじろうのプロフィール


名前 じろう (じろう)
グループ・所属
職業
所属事務所
誕生日 19787月14日
年齢 43歳
身長 179cm
血液型 B型
出身地 青森
外部リンク

じろうの生い立ちや経歴

じろうは1978年7月14日生まれの43歳で出身は青森県弘前市です。

家族構成は、父・義母・兄・姉の5人家族で、じろうは末っ子で、周りからも末っ子気質と言われています。

母方の実家は青森県弘前市にある老舗蕎麦屋「一力」で、じろうが芸人仲間とお店に訪れている写真が公開されています。

母親は2006年2月4日に亡くなっていて、亡くなったあともTwitterに母への愛情を感じる投稿をしています。

シソンヌが結成されたのは2006年4月で母親が亡くなってすぐということで、亡くなった母親に芸人として頑張る姿を見せたかったのでしょう。

また父親は再婚していていますが義母のことをTwitterに投稿しているので関係は良好といえます。

NSCに入学するまではコント劇団に所属していましたが限界を感じ、諦めがつくまで吉本で頑張ろうと思い、NSCへ入学したのち、同期の同い年でバイク通学仲間など共通点が多く意気投合した長谷川さんとコンビ結成に至りました。

学歴

  • 大成小学校卒業
  • 弘前市立第三中学校卒業
  • 青森県立弘前高校卒業
  • 関西外国語大学短期大学部卒業

職歴

  • スポーツ新聞社で校閲のアルバイト

キングオブコント2014で優勝したときのインタビューでは、スポーツが好きなのでバイトをしていたが芸の肥やしになったと答えています。

校閲といえば記事をよく見ないといけないのでたくさんの知識が入り、ネタ作りの参考にもなったのでしょう。

芸人を目指したきっかけ

短大在学中に見たコントユニットのシティーボーイズ(大竹まこと、きたろう、斉木しげる)の舞台に影響受けました。

短大卒業後、役者を目指すために上京しコント劇団に所属しながらオーディションを受ける日々を送っていましたが、限界を感じ、よしもとでもダメなら諦めようと考えてNSCに入学しました。

じろう(シソンヌ)はかっこいけど結婚してる?

じろうは結婚願望は強いですが、結婚はしていません。

身長が低そうに見えて179cmあるギャップがかっこいいという声が多く上がっていて、英語もペラペラでモテる要素がたくさんあります。

しかし、じろうは自由な性格で趣味も多くギャンブルが大好きなためすべてを受け入れてくれる人が少ないです。

また女芸人のまちゃまちゃに「自分の彼女の友達と浮気しまくりで女癖めちゃめちゃ悪いよ」と生放送で暴露されていたので、女関係にだらしないところも結婚に踏み込めない原因でしょう。

じろう(シソンヌ)英語力について

じろうの家庭は教育熱心で幼いころから英会話教室に通ったり、アイルランドにホームステイしていた過去があります。

関西外国語大学短期大学部に通っていたため、在学中は英語を学んでいました。

英語を披露したのは「制作発表2013」というコントで、コント中はつっかえることなくすらすらと話す自然な英語でプレゼンを行いました。

じろう(シソンヌ)の現在と昔が違いすぎる

吉本興業の公式Instagramに「サイコパスさはここから」というコメント付きで、過去の写真が公開されました。

するとファンからは

  • 昔のじろうさん怖い
  • 険しすぎて笑った
  • ワイルド
  • など今の優しそうな雰囲気と正反対な姿に大きな反響がありました。

    じろうはどんな人?

    179cm、68kgの43歳、芸人としてはネタ作りを担当していて、主にボケ担当です。

    ネタ中は女装を披露するネタが多く、中でも「川嶋佳子」という熟女の女性の設定はコラムを連載したり、川嶋佳子を主人公にした映画を作成してます。

    ネタ中のじろうは役に入り込む憑依型で、ネタ合わせのときには相方のシソンヌ長谷川に演技指導を行うことがあるというほど芝居に熱いタイプです。

    ドラマや映画などに役者として出演することが多く、ネタ作り担当だけでなく脚本家としてドラマや映画の脚本を書いています。

    性格

    • 末っ子気質
    • 人の懐に入るのがうまい
    • 兄と姉がいるじろうは、芸人からも根っからの末っ子気質と言われています。

      女性関係がだらしない、というじろうなので末っ子気質を活かした甘えん坊さで女性本能をくすぐっているのでしょう。

    特技

    • 麻雀
    • 芸人仲間と楽しそうに麻雀している姿が公開されています。

    趣味

    • Xbox360FPSのゲーム
    • 麻雀
    • FPSのゲーム
    • 小さいころからゲームが好きで、子供のころはお年玉を全部持ってゲームを買いに行って母に怒られたと父が語っています。

      今でもテレビゲームが好きで休日は友人と一晩中オンラインゲームをしているほど夢中です。

    出演番組

    • バラエティ番組
    • ドラマ
    • ラジオ
    • 映画
    • CM
    • 舞台

    ドラマ(配信ドラマ含む)

  • Oh,My Dad!! /大塚宏孝役
  • 新解釈・日本史
  • 乾杯戦士アフターV /悪の組織の戦闘員役
  • 新★乾杯戦士アフターV /悪の組織の戦闘員役
  • 連続ドラマ小説「まれ」 /仙道役
  • 表参道高校合唱部!! /マネージャー・広田役
  • ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた /渡利役
  • 宇宙の仕事 /ゴールド星人役
  • 砂の塔~知りすぎた隣人 スピンオフ「コンシェルジュと困った住人たち」 /島袋一郎訳
  • Chef~三ツ星の給食~ /小学生のお父さん役
  • カンナさーん! /片桐裕太役
  • 西郷どん /町人役
  • 今日から俺は!! /坂本先生役
  • 俺のスカート、どこ行った? /広田誠役
  • いだてん~東京オリムピック噺~ /田畑の同僚のスポーツ記者・尾高役
  • 正しいロックバンドの作り方 /スネーク役
  • 捨ててよ、安達さん。 /給与明細役
  • 親バカ青春白書 /霊媒師役
  • でっけぇ風呂場で待ってます /宅配屋・まいど様役
  • 漂着者 第9話 /大原治役
  • 寝ないの?小山内三兄弟
  • 映画

  • 田沼旅館の奇跡 /小倉五郎役
  • 仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス /ラファエロ眼魔役
  • ファーストアルバム /テレビ局ディレクター 藤井役
  • にがくてあまい /青井ミナミのマネージャー役
  • 今日から俺は!!劇場版 /坂本先生役
  • 半径1メートルの君~上を向いて歩こう~「真夜中」
  • CM

  • ブリジストン「REGNO GR-Leggera降りたくないほど篇」
  • ユニバーサルホーム「不意打ち」篇
  • マクドナルド「スパイシーチキンマックナゲット 1年ぶりに燃えてきた」篇
  • バラエティ

  • オンバト+
  • ぶちぶちシソンヌ
  • LIFE!~人生に捧げるコント~
  • ネタパレ
  • 有吉の壁
  • キミは=LOVEを愛せるか!
  • シソンヌの瀬戸内海グルメ観光課
  • ヒルナンデス
  • 疾走!エイトマイル
  • ラジオ

  • シソンヌの”ばばあの罠”
  • おしゃべりやってま~す・B!
  • シソンヌのオールナイトニッポンR
  • 東京03の好きにさせるかッ!
  • ライブ

  • 両足で踏み切って跳び片足で降りるパ
  • シャッセ~片足が他の足を追いかけるパ~
  • ジュテ~片足で踏み切って跳び他の足で下りるパ~
  • 大阪シソンヌ~両足で踏み切って跳び、片足で降りるパ~
  • パ・ド・ドゥ〜pas de deux〜2人の踊りの意
  • シソンヌライブ
  • シソンヌベストネタライブ
  • シソンヌライブ「モノクロ」
  • 舞台

  • 男子はだまってなさいよ!9-聖バカコント-
  • 赤塚不二夫生誕80周年+男子はだまってなさいよ!10「男子!レッツラゴン」
  • 23階の笑い
  • スマートモテリーマン講座
  • 友近ワイド劇場
  • よしもと新喜劇(背筋も凍る冬合宿・・・)小籔千豊座長
  • モンティ・パイソンのSPAMALOT
  • 賞レースなどの戦績

  • 2008年キングオブコント2回戦進出
  • 2009年キングオブコント準決勝進出
  • 2010年キングオブコント3回戦進出
  • 2013年キングオブコント準決勝進出
  • 2014年キングオブコント優勝
  • 2013年第34回ABCお笑いグランプリ決勝4位
  • 2014年第35回ABCお笑いグランプリ決勝8位
  • シソンヌじろうについてまとめました。
    元々役者を目指していたというじろうなので今の役者としての活躍は夢がかなったといえるでしょう。

    芸人としてもバラエティー番組への出演が増えたことによりシソンヌの面白さに気づいた人もいるのではないでしょうか。

    脚本家としての一面もあるので今後は役者だけでなく脚本家としても活躍してほしいです。

    キングオブコント優勝時よりも活躍しているシソンヌなので、今後も様々なジャンルで活躍してくれることを期待しましょう。