高畑充希の結婚やハーフ説について!坂口健太郎が旦那ってまじ?

  • 高畑充希は1991年12月14日生まれ、大阪府出身
  • ホリプロに所属し、女優・歌手として活動
  • 2007年ワーナー・ミュージックジャパンより、アーティスト名「みつき」として歌手デビュー
  • 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」にて主演を務めた
  • 高畑充希の旦那に関する情報はこちらをクリック

高畑充希のプロフィール

名前 高畑充希 (たかはたみつき)
職業
所属事務所
誕生日 1991年12月14日
年齢 30歳
身長 158cm
血液型 AB型
出身地 大阪
外部リンク

 

性格

  • 男っぽい
  • サバサバした性格
  • 女の子らしい
  • おしゃれ

高畑さんと仲が良い、女優の有村架純さんが高畑さんのことを男っぽいと感じたエピソードを明かしています。

ある作品で共演した際に、共演者さんが優柔不断でなかなか決めることができずにいると、「それでいい」とアドバイスしました。

男っぽいと感じるようなサバサバしたところがある高畑さんですが、ウィンドウショッピングや甘いものが好きという女の子らしい一面も。

また、ファッションにこだわりをもっており、プライベートではオシャレな洋服を着ておられます。

Instagramにて、「#纏い纏われふりふられ」とハッシュタグをつけ、私服の写真を投稿しています。

 

特技

  • 同化の術

インタビュー内にて、周りの景色に同化しているのか、電車や街中で顔バレしないと語っています。

趣味

  • 読書
  • 舞台観劇
  • DIY
  • フィルムカメラ
  • 食べること

高畑さんはテレビ番組にて、DIYに興味津々であることを語っています。

キッチンの引き戸に、剥がせる壁紙を張り、プチリフォームのようなことをしています。

また、夜中の3時にそういった作業をすることを明かし、共演者を驚かせていました。

本名について

高畑さんの本名は「高畑充希(読み:たかはたみつき)」です。

本名で活動されています。

デビューのきっかけ

高畑さんは、小学生の頃から舞台女優にあこがれていました。

舞台観劇が趣味というご両親からの影響です。

小学生の頃から、オーディションを受けていましたが、なかなか合格できませんでした。

そんな高畑さんの転機は、2005年にホリプロが創業45年を記念して主催した『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック Part2 ~屋上の天使』の出演者オーディンションです。

当時中学生だった高畑さんはそのオーディションに参加します。

そして、応募者数約1万人の中から見事グランプリを受賞し、このオーディションで主役の座を射止め、本格的な女優デビューを果たしました。

高畑充希の生い立ちや経歴


高畑さんは1991年12月14日生まれの、大阪府出身です。

小学生の頃は、とても大人しい子で、たくさん本を読んでいました。

高校進学を機に親元を離れて上京した高畑さんは、ご両親にではなく学校の先生に対して反抗期を迎えます。

学校の先生に対して、かなり反発していました。

当時は相当が我が強かったようで、「自分は無敵だ!」と思っていたとも語っています。

出身校・学歴

  • 東大阪市立永和小学校
  • 私立四天王寺中学
  • 八雲学園
  • 法政大学(中退)

高畑さんは小さい頃から舞台女優を夢見ており、さまざまなオーディションを受けていましたが、なかなかデビューすることができずにいました。

そこで、早稲田大学の演劇研究会に入ることで女優への道を開こうと考え、猛勉強し、大阪屈指の難関中学に入学します。

ところが、14歳の時に、オーディションに合格し、舞台の仕事が増え始め、授業についていけなります。

そこで、進学を機に上京し、八雲学園に入学しました。

家族構成について


高畑さんの家族構成は父、母、高畑さんの3人家族です。

また、ペットも飼っています。

高畑さんのお父様は、東大阪で『株式会社髙畑』を経営しています。

各種シートや自動車用のシート資材やインテリア関連の製造や販売をしている会社で、代表者の高畑雅彦さんが、高畑さんのお父様です。

株式会社髙畑の創業者は高畑さんのお祖父様。

オーストラリアや中国に海外展開しており、年商12億の大会社です。

高畑さんのお母様は実家で専業主婦をしている一般の方です。

旦那は坂口健太郎で結婚間近なの?

高畑さんは俳優の坂口健太郎さんと2016年ごろから交際をされています。

二人の出会いは、交際が始まったとされる2016年1月から放送がスタートした「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で初共演したところから始まります。

この頃はとくに意識はしていなかったと思われますが、その後、同年4月からスタートした「とと姉ちゃん」で再共演して、急接近。

とと姉ちゃんの放送が終わるのを待って日刊スポーツが2人の熱愛報道をしたことで、瞬く間に世間に認知される形となりました。

報道では「交際してから、すでに半年以上」となっていたので、交際がスタートしたのは2016年5月頃ではないかと言われています。

翌年の2017年2月の「新人賞 授賞式」では記者が2人の仲について質問をしています。

この質問については坂口さんが、

  • 「仲良くさせてもらっている」
  • 「何作か共演しているので、ご飯は行ったりしてる」

と回答しています。

また、2017年の秋には高畑さんが坂口健太郎さんの住むマンションの別室に引っ越しして「マンション内同棲」などと言われていました。

それから2年ほどはマンション内同棲をしていたのですが、2019年1月に坂口健太郎さんが引っ越し。

移り住んだのは高級マンションで「160平方メートル以上ある3LDk」と言われていました。

高畑さんは引っ越さなかったものの、ほぼ坂口健太郎さんの部屋で半同棲生活をしていましたが、2020年に破局報道が流れました。

破局の原因

破局の大きな原因はわかっていませんが、2020年の秋頃にはすでに別れことを親しい友人には報告しています。

30歳を前に将来を考えた時に、2人の中でズレが生まれたようだ」と明らかにした。ドラマ関係者も「互いに吹っ切れていて、仕事に集中している」と話した。
参照:スポーツニッポン

どちらも売れっ子役者さんなので、色々なことが重なったのかもしれませんね。

その後、高畑さんは2021年に同棲していたマンションから引っ越しています。

現在は、デザイナーズマンンションに住んでいるとのことでした。

復縁の話も出ていましたが、高畑さんは「坂口さんを見たくない」とテレビも付けなくなってしまったとの話もあります。

今は仕事に打ち込み、ストイックな生活を送っているとのことでした。

復縁の可能性

お互いに芸能界で活躍する2人ですし、ましてや同じ俳優業となると今は無くとも、数年後に共演する可能性もあります。

破局から復縁して結婚した例で言うと、井ノ原快彦さんと瀬戸朝香さんがいます。

前例がないわけではないので、可能性で言うと復縁もあり得るでしょう。

また、高畑さんの恋愛観は、

「運命はあまり信じないタイプで、出会ってから喧嘩や言い合いをしつつ、どんどん運命になっていくのが理想的」だと語っていました。

交際していた4年間で、どれだけお互いが素を見せていたかにもよりますが、離れた期間で思うところもたくさんあるかと思います。

お似合いと言われていた2人ですから、復縁できると喜ぶファンも多そうですね。

同期のサクラでの評判は?

2019年10月9日から12月18日まで日本テレビで放送されていた『同期のサクラ』にて、高畑さんは主演を務めています。

本作は脚本家である遊川和彦のオリジナル作品です。

主人公である北野サクラと花村建設2009年入社の同期4人を描いた作品です。

北野サクラはどんな困難に見舞われても、絶対に自身の意思を曲げない強さを持っており、忖度できない性格として描かれます。

サクラの意志の強さや、忖度できない性格から、さまざまな困難が降りかかります。

同期4人も、サクラの性格に振り回されながら、サクラとともに困難を乗り越えていくというストーリーです。

「サクラのまっすぐなところに勇気をもらえる」「泣ける」とネットには称賛の声があふれていました。

歌が抜群上手い

高畑さんは2007年にワーナーミュージック・ジャパンから『みつき』として歌手デビューしています。

コブクロの小渕健太郎さんが高畑さんの歌声にほれ込み、プロデュースを名乗り出たことから実現しました。

また、過去には『ピーターパン』や『ウェイトレス』などミュージカルの主演を務めています。

ドラマやCMで歌を披露することも多く、その歌声はネットでも「歌唱力がすごい!」と評判です。

最近見ないとの声もある

2021年高畑さんは、2本のテレビドラマに出演され、出演映画は3本公開しています。

また、舞台にも1本出演しました。

ミュージカル作品である『ウェイトレス』では主演を任されています。

出演映画では、3本のうち1本で主演を務めています。

2021年に出演したテレビドラマ『にじいろカルテ』『いりびとー異邦人』では、どちらも主演を務めました。

ただ、話題作への出演はありません。

地方公演のある舞台作品への出演やその稽古により、テレビで見る機会が減ったことから、最近見ないと感じる方もいたのかもしれません。

2022年には、2020年新型コロナウイルスの影響により公演中止になった『ミス・サイゴン』(キム役)の再演が決まっています。

また、2022年に上演予定の『奇跡の人』にて、2019年の上演から引き続き、アニー・サリヴァン役を務めることも決まっています。

ほかにも、1月から日本テレビにて放映される『ムチャブリ わたしが社長になるなんて』で、主演を演じます。

高畑充希の出演番組

  • ドラマ(配信ドラマ含む)
  • 映画
  • 舞台
  • 音楽番組
  • CM
  • バラエティ
  • 特番
  • アニメ(劇場アニメも含む)
  • 吹き替え
  • 広告
  • PV
  • ナレーション
  • ラジオ

 

ドラマ(配信ドラマ含む)

  • 3年B組金八先生(TBS) – 田口彩華 役
    第8シリーズ(2007年10月11日 – 2008年3月20日)
    ファイナル〜「最後の贈る言葉」(2011年3月27日)
  • ナツコイ(2008年6月30日 – 8月29日、MBS) – 後藤なつき 役
  • 夫婦道 第2シリーズ 第10話 – 最終話(2009年6月17日 – 24日、TBS) – 吉永リカ 役
  • Q10(2010年10月16日 – 12月11日、日本テレビ) – 河合恵美子 役
  • 卒業ホームラン(2011年3月23日、テレビ東京) – 井上美奈子 役
  • 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜 Special(2011年7月8日、フジテレビ) – 野沢咲 役
  • とと姉ちゃん(2016年4月4日 – 10月1日) – 主演・小橋常子 役
  • ごちそうさん(NHK 2013年11月4日 – 2014年3月29日) 川久保(西門)希子 役
  • ウレロ☆未体験少女 第12話(2014年3月28日、テレビ東京) – 高畑充希 役
  • 奇跡の教室(2014年6月28日、日本テレビ) – 正田レイコ 役
  • あすなろ三三七拍子(2014年7月15日 – 9月9日、フジテレビ) – 葉月玲奈 役
  • 大河ドラマ 軍師官兵衛 第30話 – 第47話(2014年7月27日 – 11月23日、NHK) – 糸 役
  • 東京センチメンタル(テレビ東京) – 須藤あかね 役
    単発スペシャル(2014年12月30日)[153][154] ドラマ24(2016年1月15日 – 4月8日)[155] 単発スペシャル(2017年1月3日)[156] 単発スペシャル(2018年3月30日)
  • 問題のあるレストラン(2015年1月15日 – 3月19日、フジテレビ) – 川奈藍里 役
  • 煙霞 〜Gold Rush〜(2015年7月18日 – 8月8日、WOWOW) – 正木菜穂子 役
  • いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(フジテレビ 2016年1月18日 – 3月21日) 日向木穂子 役
  • 過保護のカホコ(日本テレビ 2017年7月12日 – 9月13日) 主演:根本加穂子役
  • 忘却のサチコ(テレビ東京) – 主演・佐々木幸子 役
  • 68歳の新入社員(2018年6月18日、関西テレビ・フジテレビ) – 主演・工藤繭子 役(草刈正雄とのW主演)
  • メゾン・ド・ポリス(2019年1月11日 – 3月15日、TBS) – 主演・牧野ひより 役
  • 同期のサクラ(日本テレビ 2019年10月9日 – 12月18日) 主演:北野サクラ役
  • 浜の朝日の嘘つきどもと[注 17](2020年10月30日、福島中央テレビ〈福島県限定〉) – 主演・茂木莉子 役(竹原ピストルとのW主演)
  • にじいろカルテ(2021年1月21日 – 3月18日、テレビ朝日) – 主演・紅野真空 役
  • いりびと-異邦人-(2021年11月28日 – 12月26日、WOWOW) – 主演・篁菜穂 役
  • ムチャブリ! わたしが社長になるなんて(日本テレビ 2022年1月12日〈予定 ) 主演:高梨雛子役

 

映画

  • 走れ!ケッタマシン ウエディング狂騒曲(2002年6月1日、ふるきゃらシネマ) – 谷川ミカ 役
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ(2007年7月7日、松竹) – 玉城ミチル 役
  • 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園(2010年5月15日、ワーナー・ブラザース映画) – 好永清美 役
  • Lost Harmony(2011年12月3日、ゴー・シネマ) – 上村真紀 役
  • つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(2013年1月26日、東映) – 女子大生 役
  • HK 変態仮面(2013年4月13日、ティ・ジョイ) – ワイドショーのレポーター 役
  • 女子ーズ(2014年6月7日、キングレコード) – 黄川田ゆり 役
  • アオハライド(2014年12月13日、東宝) – 成海唯 役
  • バンクーバーの朝日(2014年12月20日、東宝) – エミー笠原 役
  • メモリーズ・オブ・「バンクーバーの朝日」(2014年12月7日、日本映画専門チャンネル)
  • 植物図鑑 運命の恋、ひろいました(松竹 2016年6月4日公開) 主演:河野さやか役
  • 怒り(東宝 2016年9月17日公開) 薫役
  • アズミ・ハルコは行方不明(2016年12月3日、ファントム・フィルム) – 木南愛菜 役
  • 泥棒役者(2017年11月18日、ショウゲート) – 藤岡美沙 役
  • DESTINY 鎌倉ものがたり(東宝 2017年12月9日公開) 一色亜紀子役
  • 旅猫リポート(2018年10月26日、松竹) – ナナ 役(声の出演)
  • こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(松竹 2018年12月28日公開) 安堂美咲役
  • 町田くんの世界(2019年6月7日、ワーナー・ブラザース映画) – 高嶋さくら 役
  • 引っ越し大名!(2019年8月30日、松竹) – 於蘭 役
  • ヲタクに恋は難しい(東宝 2020年2月7日公開) 主演:桃瀬成海役
  • 明日の食卓(2021年5月28日、KADOKAWA/WOWOW) – 石橋加奈 役
  • キャラクター(2021年6月11日、東宝) – ヒロイン・川瀬夏美 役
  • 浜の朝日の嘘つきどもと(2021年9月10日、ポニーキャニオン) – 主演・茂木莉子 役

 

舞台

  • 少年H(1999年8月4日 – 29日、東京 / 大阪) – 妹尾好子(幼年時代)役
  • プレイバック part2〜屋上の天使(2005年12月10日 – 20日、東京国際フォーラム) – 主演・すもも 役
  • ピーター・パン(2007年 – 2012年) – 主演・ピーターパン 役
  • 奇跡の人 – 主演
    (2009年10月23日 – 11月29日、東京 / 地方) – ヘレン・ケラー 役
    (2014年10月9日 – 21日、東京 / 大阪) – ヘレン・ケラー 役
    (2019年4月13日 – 29日、東京 / 地方) – アニー・サリヴァン 役
    (2022年5月18日 – 、東京 / 大阪) – アニー・サリヴァン 役
  • 美男ですね(2011年10月8日 – 11月27日、東京 / 地方) – 主演・桜庭美男 / 桜庭美子 役
  • 豆之坂書店〜読みたがりたちの読書会〜(2011年12月27日 – 29日、天王洲 銀河劇場) – 神田川ひやね 役
  • コーヒープリンス1号店(2012年4月13日 – 5月13日、東京 / 大阪) – 主演・コ・ウンチャン 役
  • アリス・イン・ワンダーランド(2012年11月18日 – 12月16日、東京 / 大阪) – クロエ 役
  • スマートモテリーマン講座(2013年1月17日 – 2月9日、東京 / 地方) – 野上玲子 役
  • 舞台 ウレロ☆未公開少女(2013年3月2日 – 3日、六本木ブルーシアター) – みつき 役
  • スウィーニー・トッド〜フリート街の悪魔の理髪師〜(2013年5月5日 – 6月9日、東京 / 地方) – ジョアンナ 役
  • いやおうなしに(2015年1月9日 – 3月1日、東京 / 地方) – 真壁芳奈 役
  • 靑い種子は太陽のなかにある(2015年8月10日 – 9月13日、東京 / 大阪) – 北弓子 役
  • わたしは真悟(2016年12月2日 – 2017年1月26日) – 主演・山本真鈴 役
  • エレクトラ(2017年4月14日 – 5月7日) – 主演・エレクトラ 役
  • 『リトル・マーメイド』イン・コンサート(2018年2月11日 – 2月14日、東京 / 大阪) – 主演・アリエル 役

  • ウェイトレス(2021年3月、日生劇場) – 主演・ジェナ 役
  • ミス・サイゴン(2022年7月〈予定〉 – 8月〈予定〉 東京 帝国劇場 / 9月〈予定〉 大阪 梅田芸術劇場メインホール) – キム 役
  • ミス・サイゴン(2020年(新型コロナウイルスの影響による全公演中止)・2022年) キム役

 

音楽番組

  • 歌謡チャリティーコンサート(NHK総合)
    2013年4月30日
    2014年4月29日
  • NHK歌謡コンサート(NHK総合)
    2014年4月1日
    2014年9月9日
  • ミュージックステーション(テレビ朝日)
    2015年5月15日
  • 第48回思い出のメロディー(2016年8月27日、NHK総合) – 司会
  • 第67回NHK紅白歌合戦(2016年12月31日、NHK総合) – ゲスト審査員
  • おげんさんといっしょ(NHK総合) – お父さん 役
    2017年5月4日
    2018年8月20日
    2019年10月14日
    2020年5月25日(番外『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』)
    2020年11月3日
    2021年11月23日

 

CM

  • チョーヤ梅酒 酔わないウメッシュ(2014年4月 – )
  • NTTファシリティーズ(2014年6月 – )
  • ACジャパン(2014年7月 – ) – ナレーション
  • 三井不動産レジデンシャル(2014年9月 – )
  • ライオン
  • バファリンルナi(2015年5月 – )
  • バファリンEX(2016年3月 – )
  • バファリンA(2021年3月 – )
  • NTTドコモ 「得ダネを追え!」シリーズ
  • かんぽ生命保険(2016年3月 – )
  • ダリ展 東京展(2016年8月 – )
  • 富士フイルム スキンケアシリーズ アスタリフト(2016年9月 – )
  • ダイハツ工業 ムーヴキャンバス(2016年9月 – )
  • JRA「HOT HOLIDAYS!」(2017年 – 2021年)
  • 江崎グリコ
  • 牧場しぼり(2017年4月 – )
  • 「じゃんけんグリコ2020」(2020年2月 – )
  • LIBERA「LOVE LIBERA」篇 (2020年3月12日 -)
  • サントリー オールフリー(2017年6月 – )
  • 三菱地所「新しい匂いのする街」(2018年3月 – )
  • ケンタッキー・フライド・チキン(2018年6月 – )
  • アサヒビール クリアアサヒ(2019年3月 – )
  • ナイアンティック Pokémon GO(2021年9月 – )
  • ファンケル マイルドクレンジングオイル(2021年11月 – )

バラエティ

  • 未来ロケット(2014年4月18日 – 2015年3月20日、フジテレビ) – 司会兼応援マネジャー

特番

  • 7daysTV かぞくって、なんだ。(2017年5月22日 – 28日、日本テレビ)- メインパーソナリティー

アニメ

  • カルルとふしぎな塔(2010年10月8日 – 2011年4月8日、キッズステーション) – 主演・カルル 役
  • 花は咲く 東北に咲く(2014年9月8日 – NHK総合) – ざしきわらし 役
  • クレヨンしんちゃん(2021年2月13日、テレビ朝日) – 紅野真空 役
  • ルイスと未来泥棒(2007年12月22日) – リジー 役
  • ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年3月18日) – 主演・森川ココネ / エンシェン・ト・ハート 役

吹き替え

  • シンデレラ(2015年4月25日、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン) – 主演・エラ 役

広告

  • 宣伝会議 コピーライター養成講座ポスター(2013年)
  • 建設業労働災害防止協会 全国安全週間ポスター(2014年)
  • あさがくナビ イメージキャラクター(2015年 – 2016年)

PV

  • 川嶋あい 「幸せですか」(2007年10月3日)
  • 竹内まりや 「元気を出して」(2008年10月1日)
  • クリープハイプ 「寝癖」(2014年5月7日)
  • 星野源 「Family Song」(2017年7月31日)

ナレーション

  • ドラマチック関西「最期のラブレター 〜手紙が紡ぐ家族の日々〜」(2014年6月20日、NHK総合)
  • NHKスペシャル「命と向きあう教室〜被災地の15歳・1年の記録〜」(2015年3月29日、NHK総合)
  • SONGS「コブクロ 初めての告白 二人の10年」(2016年6月16日、NHK総合)
  • SONGS「SONGSスペシャル 宇多田ヒカル」(2016年9月22日、NHK総合)

ラジオ

  • マイ プレイリスト Love for Japan 〜kizashi〜(2014年12月21日、ニッポン放送)

受賞歴

  • 第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『問題のあるレストラン』)
  • 第40回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』)
  • 第41回エランドール賞 新人賞(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『怒り』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『とと姉ちゃん』)
  • 第43回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)
  • 第103回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『同期のサクラ』)
  • 第46回菊田一夫演劇賞 演劇賞(『ウェイトレス』)

2022年にはすでに、舞台やミュージカルへの出演、主演ドラマの放送が決まっており、活躍が目覚ましい高畑充希さん。

ドラマや映画だけではなく、舞台やミュージカルでも活躍されている高畑充希さんの今後の活躍が楽しみですね。