鷲尾真知子の若い頃可愛すぎ!結婚した夫や子供についても調べてみた

  • 大奥スリーアミーゴスの葛岡役として有名
  • うる星やつらのサクラ役の声優
  • 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に橘ひさ役として出演

鷲尾真知子のプロフィール


名前 鷲尾真知子 (わしおまちこ)
職業
所属事務所
誕生日 1949年6月2日
年齢 72歳
身長 153cm
出身地 神奈川

 

性格

  • 好奇心が旺盛
  • 自分に正直

鷲尾真知子さんが女優業を始めてからずっと所属していた劇団NLTを辞めたのは40歳の時です。

普通であれば、辞めることを躊躇する年齢でしょう。

しかしながら、新しいものに出会いたい、新しいことがしてみたいという、自らの好奇心に従ったと語っています。

好奇心が旺盛なだけでなく、自分の気持ちにも正直な人なのだと言えるでしょう。

 

特技や趣味

  • 日本舞踊
  • 水泳

物心がついたころには、母親からいろいろな習い事をさせられていた鷲尾真知子さん。

その中でも、自分に一番合っていたのが日本舞踊だったとインタビューで語っています。

6歳から習い始め、高校生まで続けていた日本舞踊では、歌舞伎座や新橋演舞場でも舞台を踏み、名取にもなっています。

デビューのきっかけ

日本舞踊で名取にもなった鷲尾真知子さんですが、踊りの先生になるという気持ちはありませんでした。

母親に話したところ舞台俳優を勧められ、高校2年生の時になんとなくの気持ちで劇団NLTの試験を受けます。

それに合格したため、高校3年生の時には学校と養成所の行き来という忙しい1年を過ごしました。

その後、劇団員となり女優業をスタートさせます。

鷲尾真知子の生い立ちや経歴

鷲尾真知子さんは1949年6月2日生まれで、神奈川県出身です。

幼い頃は、一人遊びが好きな大人しい子でした。

鷲尾真知子さんの母親は大正生まれで、当時としては珍しく「男と女は対等であるべき」という考えの人でした。

そのためか、幼少期には4歳上の兄といろいろな習い事をさせられていたと語っています。

高校3年生の時には、養成所で一緒になった男性に片想いをしています。

その恋心から劇団NLTの入団テストを受けることを決めますが、その男性はすぐに劇団を辞めてしまいました。

入団テストを受けるきっかけは恋でしたが、そこから20年、変わらず演技を続けたという女優魂は本物ですね。

出身校や学歴

  • 精華学園女子高等学校(現:東海大学付属市原望洋高等学校)卒業

高校3年生の時に養成所に入所した鷲尾真知子さんは、学校を途中で抜けて叔父の家で着替え、レッスンを受けてまた学校へ…という日々を送っていました。

あるインタビューで、とにかく街中を走っていたことしか覚えていないと当時の生活を明かします。

高校3年生は、学校でも劇団でも怒られてばかりの1年でした。

しかし、鷲尾真知子さんにとってはその1年こそが青春そのもので、友達だけは味方だったと、当時を良い思い出としています。

ちなみに、精華学園女子高等学校は著名人を数多く輩出していて、美空ひばりさんや吉永小百合さんも同校を卒業しています。

鷲尾真知子の若い頃が可愛い

SNSではたびたび、鷲尾真知子さんの若い頃のことがつぶやかれています。

今でも笑顔が素敵な鷲尾真知子さんですが、若い頃も可愛らしい顔をしています。

SNSでも「若い頃が可愛い」や「昔から美人」という声が多いです。

ラピュタやうる星やつらで声優として活躍

鷲尾真知子さんは女優業だけでなく、声優としても活躍しています。

代表作はアニメ「うる星やつら」のサクラ役でしょう。

主人公、諸星あたるが通う友引高校の養護教諭で、謎の僧侶、錯乱坊の姪にあたる巫女です。

うる星やつらの音響監督である斯波重治さんにスカウトされたというエピソードがあります。

鷲尾真知子さんの出演の舞台を観劇して、その声質や語り口を気に入ったとか。

その他にも、あまり知られてはいないようですが、ジブリ作品にも出演しています。

天空の城ラピュタでは、主人公のパズーが働く鉱山の親方、ダッフィの奥さんであるおかみさん役。

となりのトトロでは、主人公のさつきが通う小学校の担任の先生、森山玲子役をしています。

改めて声を聴くと「鷲尾さんだ!」となるので、テレビなどで放送されるときは注目してみるのも面白いかもしれません。

仮面ライダーやレインボーマンにも出演していた

鷲尾真知子さんは意外なことに、戦隊ヒーローものの特撮番組にも出演しています。

1971年4月から約2年間放送された「仮面ライダー」の第39話に保育士の早苗役として。

そして、1972年10月から約1年間放送された「愛の戦士レインボーマン」の第4話、第5話に、弟とマカオに住む少女さくら役として出演しています。

レインボーマンで演じたさくら役は、うる星やつらの「サクラ」と役名が共通することもあり、うる星やつらのファンにとっての小ネタにもなっています。

SNSでは、

  • テロップに鷲尾真知子さんの名前があってビックリ。
  • 「仮面ライダー」見てたら鷲尾真知子さん出てきた。ビックリ。若い。
  • 結構かわいい。

といった、驚きの声が見られます。

結婚した夫や子供について

鷲尾真知子さんの夫は、俳優の中嶋しゅうさんです。

中嶋しゅうさんは鷲尾真知子さんと同じ劇団NLTの劇団員で、舞台を中心に活躍していました。

1978年頃から交際をスタートし、25年以上に渡り、事実婚という関係を続けていました。

鷲尾真知子さんはあるインタビューで、お互いに負担になりたくなかったからと事実婚に至った理由を明かしています。

しかしながら、親族が立て続けに亡くなったことで、お互いのどちらかが先立った時に金銭面でトラブルにならないよう、結婚を決意します。

具体的な時期は不明ですが、2003年から2004年の間に入籍をしているようです。

2人の間に子供はいません。

お互いの役者人生を尊重し合う仲の良い夫婦でしたが、2017年、中島しゅうさんは舞台の初日公演中に急性大動脈解離で亡くなります。

中嶋しゅうさんが亡くなった翌日、鷲尾真知子さんは自身が出演する舞台の公演初日でした。

普通なら代役を立てて降板となるところですが、鷲尾真知子さんは気丈にもその舞台に立っています。

お互いに切磋琢磨し、一日違いの初日を迎えるにあたって励まし合ってきた時間があったからこそです。

鷲尾真知子さんの女優魂を垣間見ることができるエピソードだと言えるでしょう。

鷲尾真知子の現在

鷲尾真知子さんは、2021年11月から放送されているNHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演していました。

三世代の女性たちの活躍を描く物語の、初代ヒロイン雉真安子(上白石萌音)の祖母、橘ひさ役です。

2022年7月には、シス・カンパニー公演の「ザ・ウェルキン」にも出演が決まっています。

私生活では、最近若い女性のお友達と仲良くしていて、エネルギーをたくさんもらっていると語っています。

2022年の6月で73歳を迎える鷲尾真知子さんですが、仕事にプライベートにと日々アクティブに活動されているようです。

鷲尾真知子の出演番組

  • 舞台
  • ドラマ(配信ドラマ含む)
  • コント
  • 映画
  • アニメ(劇場アニメ含む)
  • OVA
  • ゲーム
  • 吹き替え
  • 人形劇
  • CM

 

舞台

  • ULTRA PURE!(2010年)
  • わが町(2011年)
  • 太陽に灼かれて(2011年7月 – 8月、天王洲銀河劇場他)
  • 黒蜥蜴(2012年、明治座)
  • 大奥(2013年、明治座)
  • アダムス・ファミリー(2014年)
  • ヒストリーボーイズ(2014年8月29日 – 9月21日、世田谷パブリックシアター他)ドロシー役
  • TRIBES トライブス(2014年)
  • おばこ/渡辺えり愛唱歌(2016年2月、三越劇場) – おかみ役 ※2月6日より急病により休演。代役は泉関奈津子。
  • 鯨よ!私の手に乗れ(2017年、オフィス3○○)
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ(2017年、明治座)
  • おんなの家(2017年、明治座)
  • The Beauty Queen of Leenane(2017年、シアター風姿花伝)
  • シャンハイムーン(2018年、こまつ座&世田谷パブリックシアター)
  • 喜劇 有頂天団地(2018年、松竹)
  • 現代能楽集Ⅹ『幸福論』~能「道成寺」「隅田川」より(2020年11月29日 – 12月20日、シアタートラム)
  • 友達(2021年9月3日 – 26日、新国立劇場 / 10月2日 – 10日、サンケイホールブリーゼ)

 

ドラマ(配信ドラマ含む)

  • 大河ドラマ 源義経(1966年)くう役
  • 大河ドラマ 竜馬がゆく(1968年)きく役
  • 大河ドラマ 独眼竜政宗(1987年)御佐子役
  • 大河ドラマ 八代将軍吉宗(1995年)瀬川役
  • 大河ドラマ 葵 徳川三代(2000年)安積覚兵衛役
  • 大河ドラマ 花燃ゆ(2015年)潮役
  • 連続テレビ小説 澪つくし(1985年)馬場ツエ役
  • 連続テレビ小説 春よ、来い(1995年)矢野原智恵子役
  • 連続テレビ小説 カムカムエヴリバディ(2021年度後期)橘ひさ役
  • マドンナは春風にのって(1990年)
  • 存在の深き眠り(1996年)鶴田のぶ子役
  • 結婚泥棒(2002年)衣笠モヨ子役
  • 海図のない旅(2002年)浅見和枝役
  • 御宿かわせみ(2003年 – 2005年)お吉役
  • ウォーカーズ〜迷子の大人たち(2006年)進藤和江役
  • クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス(2009年)遠藤豆子役
  • そこをなんとか(2012年、NHK BSプレミアム)片桐成子役
  • 獄医立花登手控え(2016年)きよ役
  • 捜査会議はリビングで!(2018年)花田道子役
  • 捜査会議はリビングで おかわり!(2020年)
  • ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜(2020年)浅沼知恵子役
  • すぐ死ぬんだから(2020年)清美役
  • でっかい青春 第27話・第29話(1968年)
  • 猿飛佐助(1980年)高木役
  • 火曜サスペンス劇場「女監察医・室生亜季子」(1990年)飯田まち子役
  • 火曜サスペンス劇場「地方記者・立花陽介11 山陰出雲通信局」(1998年)
  • 火曜サスペンス劇場「検事・霞夕子15 知らなかった」(2000年)上田昌江役
  • 長七郎江戸日記(1991年)お安役
  • 子供が寝たあとで(1992年)
  • ピーチな関係(1999年、読売テレビ)小清水孝枝役
  • 永遠の仔(2000年、読売テレビ)有沢弓子役
  • 億万長者と結婚する方法(2000年)
  • 本家のヨメ(2001年、読売テレビ)高橋千鶴子役
  • サイコドクター(2001年)早瀬の母役
  • 探偵家族(2001年)手塚里美役
  • メッセージ〜言葉が裏切っていく〜(2003年、読売テレビ)
  • ミス・マープルシリーズ(2006年)キダ役
  • 名探偵コナン 工藤新一への挑戦状〜怪鳥伝説の謎〜(2011年、読売テレビ)土師とみ役
  • 高校生レストラン(2011年)坂本陽介の祖母役
  • 世界一難しい恋(2016年)高田潤子役
  • 家売るオンナ(2016年)雨宮智代役
  • 青空にとび出せ! 第21話「パンチョと恋の物語」、第21話「ああ、一千円」(1969)ミサ役
  • 大岡越前 第1部 第12話「すっとび辰の片思い」(1970年)
  • 顔で笑って(1973年)
  • 淋しいのはお前だけじゃない(1982年)
  • くれない族の反乱(1984年)原田みゆき役
  • うちの子にかぎって…(1984年)広瀬栞の母役
  • 親子ゲーム(1986年)
  • 西田敏行の泣いてたまるか 最終話「大当たり・これっきり」(1987年)
  • スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜(1987年)上田伸恵の母役
  • 3年B組金八先生 スペシャル6(1987年)西野雄也の母役
  • 3年B組金八先生 第3シリーズ(1988年)高峰英和の母役
  • 3年B組金八先生 スペシャル8(1990年)青山役
  • 3年B組金八先生 第4シリーズ(1995年)日下信二の母役
  • 3年B組金八先生 第5シリーズ(1999年)日野敬太の母役
  • となりの女(1986年)佐知江役
  • 愛し方がわからない 第5話(1989年)金山花子役
  • 卒業(1990年)
  • 金田一耕助の傑作推理 悪魔が来りて笛を吹く(1990年)松山節子役
  • 風たちの遺言(1995年、毎日放送)
  • まかせてダーリン(1998年)宮部すず役
  • ガッコの先生(2001年)小野寺美智子役
  • 月曜ミステリー劇場「横山秀夫サスペンス 逆転の夏」(2001年)串間節子役
  • それは、突然、嵐のように…(2004年)東海林京子役
  • 女子刑務所東三号棟(2008年)及川多恵子役
  • 佐々木夫妻の仁義なき戦い(2008年)小鹿力の妻役
  • 月曜ゴールデン「大家だけが知っている! 〜幸多福子の下町事件簿〜」(2010年)清水みつ子役
  • 月曜ゴールデン「財務捜査官 雨宮瑠璃子」(2012年)漆原久代役
  • 浪花少年探偵団(2012年) – ケーキ屋「ポンポン」主人役
  • ハンチョウ6〜警視庁安積班〜(2013年)江藤春子役
  • 確証〜警視庁捜査3課(2013年)上村早苗役
  • ホテルコンシェルジュ(2015年)朝比奈律子役
  • 凪のお暇(2019年)吉永志乃役
  • ライオン奥様劇場「大奥の女たち」(1971年)奥女中・千加役
  • ライオン奥様劇場「ぼくどうしたらいいの」(1978年)山中キエ子役
  • お祭り銀次捕物帳(1972年)
  • 新宿警察 第1話「新宿・24時」(1975年)
  • ふしぎ犬トントン(1979年) 第14話
  • 夏樹静子サスペンス「遠い秘密」(1986年、関西テレビ)
  • 再婚します。(1988年、東海テレビ)
  • ビートたけしのつくり方(1993年)
  • 世界で一番パパが好き(1998年)
  • 太陽がいっぱい(1998年、関西テレビ)松野トメ役
  • ショムニ(1998年) – 沢田美子役
  • タブロイド(1998年) – 山本釣子役
  • 救急ハート治療室(1999年、関西テレビ)一条玲子役
  • 金曜エンタテイメント「ほんとにあった怖い話」(1999年)「社内怪報」
  • 金曜エンタテイメント「音の犯罪捜査官・響奈津子」(2001年)佐和子役
  • 金曜エンタテイメント「昼下がり 社宅奥様探偵団2」(2001年)吉原孝子役
  • 金曜エンタテイメント「無医村に花は微笑む」(2006年)佐々木シヲ役
  • バスストップ(2000年)三上和枝役
  • ロケット・ボーイ(2001年)松井千鶴子役
  • 新・お水の花道(2001年)鈴木静子役
  • 忠臣蔵1/47(2001年)「たぬき」の女将役
  • 恋するトップレディ(2002年、関西テレビ)織原すみ子役
  • 赤ひげ(2002年)おたけ役
  • 怪談百物語(2002年)お吉役
  • 恋愛偏差値(2002年)寿育江役
  • ウエディングプランナー SWEETデリバリー(2002年)三井睦美役
  • ダイヤモンドガール(2003年)南條愛子役
  • あなたの隣に誰かいる(2003年)網川睦子
  • 大奥(2003年 ‐ 2005年)葛岡役
  • X’smap〜虎とライオンと五人の男〜(2004年)
  • 怪談スペシャル(2005年)お吉役
  • 救命病棟24時(2005年)須藤昌代役
  • 積木くずし(2005年)石塚智子役
  • 不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜(2006年)野上マチ子の叔母役
  • 仕掛人・藤枝梅安(2006年)おせき役
  • スティング松岡 危機一髪!(2006年)石堂恵美役
  • 太郎と次郎〜反省ザルとボクの夢〜(2007年)よし江役
  • 島根の弁護士(2007年)事務員・絹代役
  • 裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜(2007年)晴子役
  • 山おんな壁おんな(2007年)
  • 鹿男あをによし(2008年)福原房江役
  • リアル・クローズ(2009年、関西テレビ)山内由美役
  • 婚カツ!(2009年)及川知子役
  • フリーター、家を買う。(2010年)永田則子役
  • リッチマン、プアウーマン(2012年)夏井歌子役
  • 東野圭吾ミステリーズ「白い凶器」(2012年)女医役
  • 金曜プレステージ「赤い霊柩車シリーズ」(2012年)木田民子役
  • ちびまる子ちゃん(2013年)さくらこたけ役
  • 天誅〜闇の仕置人〜(2014年)三平弥生役
  • 新ナニワ金融道(2015年)小骨敏江役
  • 櫻子さんの足下には死体が埋まっている(2017年)沢梅役
  • 用心棒シリーズ 俺は用心棒 第16話「迎えに来る武士」(1969年)妙役
  • 用心棒シリーズ 俺は用心棒 第23話「亡き父の怒り」(1969年)お咲役
  • 鬼平犯科帳 第63話「女賊の恋」(1970年)女中お常役
  • 燃えよ剣 第15話「わかれ雲」(1970年)美代役
  • 仮面ライダー 第39話(1971年)保母(早苗)役
  • 世なおし奉行 第25話「悪のからくり」(1972年)お里役
  • レインボーマン 第4話、第5話(1972年)さくら役
  • 特別機動捜査隊 第594話「新しい女」(1973年)康子役
  • 特捜最前線 第5話「行方不明の愛」(1977年)
  • 必殺シリーズ 江戸プロフェッショナル 必殺商売人 第20話「花嫁に迫る舅の横恋慕」(1978年、ABC / 松竹)おたき役
  • 必殺橋掛人 第7話、第12話、第13話(1985年) – お藤役
  • 半七捕物帳 第2話「刀傷 吉良の脇差」(1979年)
  • あとは寝るだけ(1983年)
  • 月曜ワイド劇場 続・女性万引ガードマン(1984年)
  • 外科医柊又三郎(1995年)鈴木峰子婦長役
  • 最高の食卓(1997年)大家役
  • TRICK(2003年)金井民代役
  • 愛と死をみつめて(2006年)神崎ユウ子役
  • 土曜ワイド劇場「怪人食いしんぼ フグで殺す」(1996年4月)
  • 土曜ワイド劇場「殺人披露宴」(1999年) – 山田竹子役
  • 土曜ワイド劇場「事件」(2000年) – 西谷由紀江役
  • 土曜ワイド劇場「人類学者・岬久美子の殺人鑑定」(2014年)鍋島時子役
  • 土曜ワイド劇場「おかしな刑事」(2015年)藤原弘子役
  • 土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー66」(2016年)古谷花江役
  • 土曜ワイド劇場「ドクター彦次郎」(2016年 – )後白河静子役
  • 土曜ワイド劇場「検事・悪玉1」(2016年)篠原成美役
  • 土曜ワイド劇場「新ヤメ検の女」(2016年、朝日放送)矢田部静恵役
  • おみやさん(2010年 – 2016年)福成すず役
  • 松本清張没後20年特別企画 ドラマスペシャル 波の塔(2012年)たつえ役
  • 京都人情捜査ファイル(2015年)川原澄江役
  • 科捜研の女 第16シリーズ(2016年)樋口敬子役
  • 刑事7人 第4シリーズ 最終話(2018年)中澤皐月役
  • 緊急取調室(2019年)樫村澄江役
  • 女殺し屋 花笠お竜(1969年)
  • 大江戸捜査網 第73話「血煙代官屋敷」(1972年)
  • 大江戸捜査網 第151話「死を呼んだ花火地獄」(1974年)小紋役
  • 女と愛とミステリー「不倫調査員・片山由美3」(2002年)野川公江役
  • 女と愛とミステリー「湯けむり殺人案内 なんにも専務の名推理」(2003年1月)愛子役
  • 水曜ミステリー9「松本清張特別企画・強き蟻」(2006年)川本サキ役
  • 水曜ミステリー9「花実のない森」(2017年)山辺菊子役
  • 月曜プレミア8「警視庁強行犯係・樋口顕9」(2020年)遠藤昭江役
  • 孤独のグルメ Season5(2015年)みゆき役
  • くろねこルーシー(2012年)鴨志田幸子役
  • 人質の朗読会(2014年、WOWOW)倉木祥子役

 

コント

  • お笑いV6病棟!(2000年 – 2001年、フジテレビ)

 

映画

  • の・ようなもの(1981年)おばさんディレクター役
  • 紅い眼鏡(1986年)鷲尾みどり役
  • 極道渡世の素敵な面々(1988年)村井医師役
  • 善人の条件(1989年)れい子役
  • さよなら、こんにちは(1990年)今野和江役
  • 黒い家(1999年)波多野医師役
  • リリイ・シュシュのすべて(2001年)パーマ屋のおばさん役
  • 千年の恋 ひかる源氏物語(2001年)末摘花役
  • 虹の女神(2006年)森川千鶴の母役
  • 手紙(2006年)食堂のおばちゃん役
  • 大奥(2006年)葛岡(奥女中)役
  • 転々(2007年)愛玉子店のおばさん役
  • ホットロード(2014年)おばさま先生役
  • おらおらでひとりいぐも(2020年11月6日)図書館の司書役
  • 劇場版「きのう何食べた?」(2021年11月3日)賢二の母役

 

アニメ(劇場アニメ含む)

  • うる星やつら オンリー・ユー(1983年)サクラ役
  • うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年)サクラ役
  • うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ(1985年)サクラ役
  • うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー(1986年)サクラ役
  • 天空の城ラピュタ(1986年)おかみさん役(ダッフィの妻)
  • うる星やつら 完結篇(1988年)サクラ役
  • となりのトトロ(1988年)学校の先生役(森山玲子)
  • MAROKO 麿子(1990年)四方田多美子役
  • うる星やつら いつだってマイ・ダーリン(1991年)サクラ役
  • グスコーブドリの伝記(1994年)おかみさん役

 

OVA

  • うる星やつら 了子の9月のお茶会(1985年)サクラ役
  • うる星やつら 夢の仕掛人 因幡くん登場! ラムの未来はどうなるっちゃ!?(1987年)サクラ役
  • うる星やつら 怒れシャーベット(1988年)サクラ役
  • うる星やつら 月に吠える(1989年)サクラ役
  • 御先祖様万々歳!(1989~1990年)四方田多美子役
  • うる星やつら ヤギさんとチーズ(1989年)サクラ役
  • うる星やつら ハートをつかめ(1989年)サクラ役
  • うる星やつら 乙女ばしかの恐怖(1991年)サクラ役
  • うる星やつら 霊魂とデート(1991年)サクラ役
  • うる星やつら ザ・障害物水泳大会(2010年)サクラ役

ゲーム

  • うる星やつら STAY WITH YOU(1990年)サクラ役
  • うる星やつら 〜ディア マイ フレンズ〜(1994年)サクラ役

吹き替え

  • マックイーンの絶対の危機(1965年)ジェーン・マーティン役 ※フジテレビ版

人形劇

  • プリンプリン物語(1979年 – 1982年)ワット博士役

CM

  • ロート製薬(1999年)
  • ワタミ(2012年)

口うるさいお姑さんや、うる星やつらのサクラ先生のような高圧的な演技をする一方で、大奥スリーアミーゴスのようなコミカルな演技もする鷲尾真知子さん。

いろいろな役柄をこなす、名女優です。

今後も変わらぬご活躍をお祈りします。