西田尚美のモデル時代が可愛すぎ!結婚した旦那や子供についても

  • 西田尚美は1970年2月16日生まれ
  • 1990年前後のモデル界を牽引
  • 現在は女優として活躍

西田尚美のプロフィール


名前 西田尚美 (にしだなおみ)
職業
所属事務所
誕生日 1970年2月16日
年齢 51歳
身長 165cm
血液型 B型
出身地 広島
外部リンク

 

性格

  • チャーミング
  • 石橋を叩かないタイプ

スタッフの間では「とにかくチャーミング」で、上手に自己開示できるタイプだと言われています。

自身では、石橋を叩く前にササっと渡って、問題にぶちあたってから「まずい!」となるタイプだと分析しています。

中学生の頃に母親を亡くしており、「時間には限りがある」というのを感じているため、「迷ったら行く」「とりあえず行く」という性格なんだと語っています。

 

特技

  • ファッション

シンプルなファッションが好きで、気に入ったものは色違いで2着買うこともあります。

靴が好きで、靴に合わせて服を決めることもあると言います。

また、カラオケの十八番は、中森明菜の「北ウィング」という情報もありました。

趣味

  • 料理
  • 映画鑑賞
  • 刺繍
  • 水泳
  • パソコン

高校生の頃から買い食いが大好きで、大人になった現在は、帝国ホテルのパンケーキにシロップをたくさんかけて食べるのが好きだと言います。

他にもワッフルなどが好きで、自身のTwitterでも自作のスイーツを投稿しています。

他にも貧血予防のために、よくレバーを食べることを明かしています。

映画の中では「ティファニーで朝食を」「ローマの休日」「スターウォーズ」や、フランス映画が好きだと言います。

また、運動神経には自身がないと言いますが、水泳教室に通っていたことを明かしています。

デビューのきっかけ

西田尚美は、もともと芸能界には興味がなかったと言います。

地元を離れ上京してから、友達に「モデル事務所に所属しておけば、何かアルバイトとか派遣社員みたいに仕事があるかもしれない」と言われ、「そっかー」と、専門学校2年生の最初の方にモデル事務所に所属しました。

最初のうちは事務所に所属しているだけで、オーディションを受けても全く受からず、モデルの仕事はなかったと言います。

父親にもモデルの仕事のことは内緒にしていました。

ですが、専門学校2年生の後半から雑誌に出るようになり、たまたま「MEN’S NON-NO」で使ってもらえることになりました。

そこから女性ファッション誌「non-no」にも出られるようになったと言います。

それでも、アルバイトの一環でやっていたので、モデルで食べていけるとは考えていませんでした。

就職先も「プイランタン銀座(現・マロニエゲート銀座)」に決まっていましたが、父親にモデル業がバレてしまい「どちらか選べ」と言われ、後悔しない方の「モデル」を選びました。

そして、モデルの仕事が軌道に乗り始めた頃、事務所からドラマのオーディションを受けるよう言われます。

女優業には全く興味がなかったのですが、担当マネージャーに強く言われ、オーディションに行くことになりました。

初めて受けたドラマのオーディション、『オレたちのオーレ!』で見事ヒロイン役に抜擢。

ところが、台本の読み方もわからず、演技をするのが怖いと感じ、オーディションを受けたことを後悔するほど不安でした。

でも撮影が終わったとき、「このまま消化不良じゃ、もどかしいし悔しいし、これもチャレンジか。」と思い、女優に転身しています。

西田尚美の生い立ちや経歴

西田尚美は1970年2月16日生まれの、広島県出身です。

中学1年生の時に母親を亡くしており、それからは自身が一つ年下の弟の世話や、父親の食事の世話をしていました。

小さい頃は人懐っこい子で、野山を駆け回る自然児だったと言います。

両親や親戚もほとんど公務員ばかりで、きっちりしている家庭に育ちました。

自身も親も、同じ道に進むと考えていたようで、進路の相談をしたら「公務員になるんだから大学に行かなくていい」と言われたと話しています。

親の言葉を受け、高校では就職コースを選択しましたが、1年生の途中で危機感を感じたと言います。

そこから、自分の進路について真剣に考えるようになりました。

考えていくうちに「ここじゃないどこかに行きたい」という思いが強くなったと言います。

親には反対されましたが、祖母の助けがあり、専門学校進学のため高校卒業後、18歳で上京しました。

出身校・学歴

  • 福山市立福山高等学校
  • 文化服装学院

中学2年の時に同級生に告白し、高校3年まで付き合っていました。

でもその彼氏は、自分とそっくりの彼女を作って去ってしまったというエピソードを明かしています。

それがショックで、髪を切りショートカットにしました。

気分が落ち込んだ時は忌野清志郎の曲を聴いて勇気をもらっていたと言います。

高校時代は部活などはしておらず、帰宅部でした。

文化服装学院に通い始めてからは、宿題も多く、忙しいながらアルバイトもしていたと言います。

駅ビルの中の靴屋さん、青山のイタリアンレストラン、下北沢の雑貨屋さんなど、いろいろなところでアルバイトをしていました。

実家や家族構成について

父親と一つ年下の弟がいます。

母親は中学1年生のときに病気で他界しました。

それからは自身が弟の世話や、父親の食事の世話をしていたと言います。

高校卒業後上京し、一人暮らしで住む場所は、広島の父親と千葉に住む叔父と一緒に探しました。

お父さんの深い愛情がうかがえますね。

結婚した旦那や子供は何人?


2005年7月4日、公式サイト上で結婚を明らかにし、同年7月7日に入籍しました。

お相手は、世界的に有名な靴デザイナーの竹ヶ原敏之介です。

2008年4月6日には、第一子となる女児を出産しています。

それ以降、子供についての情報がないため、夫、娘との3人家族ではないかと思われます。

娘の名前や学校などについては非公表ですが、自身のTwitterに娘との日常がよく投稿されています。

うきわでの評価や評判は?

この作品は、野村宗弘による漫画「うきわ」を原作としたドラマです。

自称「可もなく不可もない」主人公・中山麻衣子と、麻衣子の隣室に住み、麻衣子の夫の上司でもある二葉さんこと二葉一が、社宅のベランダを挟んで織りなす「友達以上、恋人未満」のラブストーリー。

西田尚美は、二葉一の妻・二葉聖を演じています。

聖 役の西田尚美と、不倫相手の陶芸家 役のSixTONES田中樹たちの「歳の差不倫」に

・希望が持てる
・まだいけるかも

という声が多数見られました。

かわいいモデル時代の経歴


1990年ごろから女性ファッション誌『Junie』、『PeeWee』、『an・an』などに登場し、特に『non-no』では一時代を築きました。

有名ファッション誌で表紙を飾るほどの人気モデルで、『non-no』では好感度1位に選ばれたこともあります。

『non-no』=西田尚美

というイメージの方も多いのではないでしょうか。

当時からショートカットがよく似合う、ナチュラルな雰囲気でした。

西田尚美の現在について

私生活では、毎朝6時に起き、娘の支度の手伝いや送り出しに始まり、家事に明け暮れる毎日だと言います。

寝坊しそうなときは娘が起こしてくれたりすることもあると話しています。

日中は時間がないので、みんなが寝静まってから台本を覚えていると言います。

夫も家事に協力的で、多忙ながらも充実した日々を過ごされています。

今後の出演番組のまとめ

  • 恋せぬふたり(2022年1月10日〈予定〉 – 、NHK総合) – 兒玉さくら 役
  • 叫ばないと生きていけない(2022年1月9日〜毎週日曜日22時54分スタート、RCC)

西田尚美の出演番組

  • ドラマ(配信ドラマ含む)
  • 映画
  • 舞台
  • CM
  • ラジオ
  • PV
  • ナレーション
  • ドキュメンタリー・教養番組
  • バラエティ

 

ドラマ(配信ドラマ含む)

https://www.youtube.com/watch?v=LTpuZmwyO5w

  • ママだって夏休み(1997年、NHK) – 佐藤英美 役
  • 寺子屋ゆめ指南(1997年、NHK) – 泉水美雪 役
  • 僕んちのロングバケーション(2000年、NHK) – 佐藤英美 役
  • 素顔のときめき(2000年、NHK) – 新藤はるか 役
  • アフリカの蹄(2003年、NHK)
  • 大河ドラマ 風林火山(2007年、NHK) – 桃姫 役
  • 福岡発ドラマスペシャル 「母さんへ」(2009年12月、NHK九州沖縄 / 2010年2月、NHK総合) – 加藤美佐子 役
  • 離婚同居(2010年、NHK) – 柳下里美 役
  • 胡桃の部屋(2011年、NHK) – 恩田節子 役
  • とんび(2012年、NHK) – 市川美佐子 役
  • 家で死ぬということ(2012年、NHK) – 山崎恵美 役
  • ラジオ(2013年、NHK) – 海坂寛子 役
  • かすてぃら(2013年、NHK・BSプレミアム) – 佐野喜代子 役
  • 紙の月(2014年、NHK) – 中条亜紀 役
  • 連続テレビ小説・マッサン(2014年、NHK) – 岡崎千加子 役
  • 連続テレビ小説・カムカムエヴリバディ(2021年11月1日 – 23日、NHK) – 橘小しず 役
  • ちゃんぽん食べたか(2015年、NHK) – 佐野喜代子 役
  • 植物男子ベランダー 俺のウィンタースペシャル(2015年、NHK・BSプレミアム) – 元妻・さゆり 役
  • 水族館ガール(2016年、NHK) – 吉崎一子 役
  • ダイアリー(2018年、NHK・BSプレミアム) – 谷村芙由子 役
  • マリオ〜AIのゆくえ〜(2018年10月13日、NHK・BSプレミアム) – 神崎恵 役
  • いよっ!弁慶〜石川発地域ドラマ〜(2018年10月31日、NHK・BSプレミアム) – 賀川仁美 役
  • 長閑の庭(2019年、NHK・BSプレミアム) – 朝比奈芳子 役
  • BSプレミアム 松本清張ドラマ 黒い画集〜証言〜(2020年5月9日、NHK・BSプレミアム) – 幸子 役
  • 就活生日記(2021年1月11日 – 2月1日、NHK総合) – 川村小百合 役
  • 京都人の密かな愉しみ Blue 修行中/燃える秋(2021年1月30日、NHK・BSプレミアム) ー ビストロ プティ・エトワール・鴨沢瀬里シェフ 役
  • きよしこ(2021年3月20日、NHK総合) – 白石早織 役
  • ライオンのおやつ(2021年、NHK・BSプレミアム) – 坂口早苗 役
  • 恋せぬふたり(2022年1月10日〈予定〉 – 、NHK総合) – 兒玉さくら 役
  • 出逢った頃の君でいて(1994年、日本テレビ) – 章子 役
  • 瑠璃の島(2005、SP 2007年、日本テレビ) – 藤沢直 役
  • 女王の教室SP(2006年、日本テレビ) – 宮内典子 役
  • CAとお呼びっ!(2006年、日本テレビ) – 田中恵 役
  • ギネ 産婦人科の女たち(2009年、日本テレビ) – 徳本美和子 役
  • Q10(2010年、日本テレビ) – 深井ほなみ 役
  • さよならぼくたちのようちえん(2011年、日本テレビ) – 谷口洋武の母 役
  • ダーティ・ママ!(2012年、日本テレビ) – 冨田幸代 役
  • ダンダリン 労働基準監督官(2013年、日本テレビ) – 紺野みどり 役
  • 臨床犯罪学者 火村英生の推理(2016年、日本テレビ) – 志摩恵里香 役
  • 先に生まれただけの僕(2017年、日本テレビ) – 加賀谷雅子 役
  • コントが始まる 第4話(2021年5月8日、日本テレビ) – 朝吹友利子 役
  • 二月の勝者-絶対合格の教室- 第1話(2021年10月16日、日本テレビ) -三浦一葉 役
  • オレたちのオーレ!(1993年、TBS) – 中西祐子 役
  • 魔女の条件(1999年、TBS) – 宇田桐子 役
  • 最悪(2001年、、TBS・BS-i) – 藤崎みどり 役
  • GOOD LUCK!!(2003年、TBS) – 相馬るり子 役
  • Stand Up!!(2003年、TBS) – 浅井ゆり子 役
  • 離婚旅行(2003年、TBS) – 三枝明子 役
  • 夫婦。(2004年、TBS) – 田之上静香 役
  • ボイスレコーダー(2005年、TBS) – 根津千景 役
  • 恋の時間(2005年、TBS) – 安部まゆみ 役
  • 白夜行(2006年、TBS) – 栗原典子 役
  • 山田太郎ものがたり(2007年、TBS) – 御村露子 役
  • 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ 火と汐(2009年12月21日、TBS) – 芝村美弥子 役
  • 終戦ドラマSP 歸國(2010年8月、TBS) – 看護師 役
  • 新春ドラマ特別企画「赤い指〜『新参者』加賀恭一郎再び!」(2011年1月3日、TBS) – 前原八重子 役
  • 潜入探偵トカゲ(2013年、TBS) – 雨宮麻紀 役
  • 図書館戦争 BOOK OF MEMORIES(2015年10月5日、TBS) – 折口マキ 役
  • コウノドリ(2015年、TBS) – 相沢美雪 役
  • スペシャルドラマ それでも恋する(2018年10月6日、TBS・CBC制作) – 畔柳なつ 役
  • メゾン・ド・ポリス(2019年、TBS) – 杉岡沙耶 役
  • 集団左遷!!(2019年、TBS) – 真山有里 役
  • スカム(2019年、TBS・MBS制作) – 草野幸子 役
  • 凪のお暇 第3話・第7話・第9話(2019年8月2日・8月30日・9月13日、TBS) – 我聞加奈子 役
  • まとわりつくオンナ〜五つの地獄編 第4話「コインロッカー」(2020年3月6日、TBS) – 益田の妻 役
  • 半沢直樹 第5話 – 最終話(2020年、TBS) – 谷川幸代 役
  • 逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル!!(2021年1月2日、TBS) – 花村伊吹 役
  • 妹よ(1994年、フジテレビ) – 中村美津子 役
  • 女流棋士西田アサイ(1994年、フジテレビ)
  • ハートにS「カット」(1995年、フジテレビ)
  • いつかまた逢える(1995年、フジテレビ) – 山科明美 役
  • 東京SEX「ビデオジェニック・ラバー」(1996年、フジテレビ)
  • Age,35 恋しくて(1996年、フジテレビ) – 沢木萌 役
  • 世界で一番パパが好き(1998年、フジテレビ) – 沢口佳代 役
  • Over Time-オーバー・タイム(1999年、フジテレビ) – 楓春子 役
  • 金曜エンタテイメント サラリーマン刑事3(2000年、フジテレビ) – 加地頼子 役
  • ラブコンプレックス(2000年、フジテレビ) – 連城ミヤビ 役
  • さよなら、小津先生(2001年、フジテレビ) – 鹿松まなび 役
  • ウエディングプランナー SWEETデリバリー(2002年、フジテレビ) – 沢田葉子 役
  • ホーム&アウェイ(2002年、フジテレビ) – 愛原町子 役
  • WATER BOYS(2003年、フジテレビ) – 女性キャスター 役
  • 白い巨塔(2003 – 2004年、フジテレビ) – 亀山君子 役
  • X’smap〜虎とライオンと五人の男〜(2004年、フジテレビ) – 宇治卓の妻 役
  • 劇団演技者。「ビューティフル・サンデイ」(2005年、フジテレビ) – 三枝ちひろ 役
  • キッチン・ウォーズ(2006年、フジテレビ) – 中山千秋 役
  • コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-新春スペシャル(2009年、フジテレビ) – 野口響子 役
  • 任侠ヘルパー 第7話(2009年、フジテレビ) – 長岡初美 役
  • 金曜プレステージ・特別企画 悪女たちのメス(2011年、フジテレビ) – 桧山夏帆 役
  • 金曜プレステージ・松本清張没後20年特別企画 疑惑(2012年、フジテレビ) – 加藤妙子 役
  • 金曜プレステージ・特別企画 悪女たちのメス episode2(2012年、フジテレビ) – 桧山夏帆 役
  • 金曜プレステージ・ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件 42年の真実(2013年、フジテレビ) – 島袋公子 役
  • GTO(2012年、第9話-最終話、フジテレビ) – 大門美鈴 役
  • 東野圭吾ミステリーズ「再生魔術の女」(2012年、フジテレビ) – 根岸千鶴 役
  • dinner(2013年、フジテレビ) – 木村正美 役
  • パラドラ ロストデイズのひみつ(2014年、BSフジ) – 主演・佐々木梨花 役
  • NISSAN 新ドラマinドラマ「NISSAN Dayzのひみつ」(2014年、フジテレビ)
  • 戦う女 最終話(2014年11月14日、フジテレビTWO / 2015年4月9日、フジテレビ)
  • 世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP 傑作復活編「思い出を売る男」(2015年11月21日、フジテレビ) – 古川優美子 役
  • とげ 小市民 倉永晴之の逆襲(2016年、フジテレビ) – 倉永裕美 役
  • FNS27時間テレビ にほんのれきし 平安ドラマ「源氏さん!物語」(2017年、フジテレビ) – 六条御息所 役
  • ぼくは麻理のなか(2017年、フジテレビ) – 吉崎絵里子 役
  • 彼女のウラ世界(2021年3月22日、フジテレビTWO×ひかりTV)
  • 恋するベトナム(2004年、ABC制作、テレビ朝日) – 三井夕子 役
  • 女と男と物語 PARTIII(2005年、ABC制作、テレビ朝日) – 工藤あや 役
  • HTBスペシャルドラマ うみのほたる(2005年、HTB制作、テレビ朝日) – 水野明海 役
  • ホテリアー(2007年、テレビ朝日) – 上田奈津子 役
  • 帰ってきた時効警察(2007年、テレビ朝日) – 寺島マユミ 役
  • 音女「097 ガテンなオトメ」(2008年、テレビ朝日)
  • Answer〜警視庁検証捜査官(2012年、テレビ朝日) – 橘ひとみ 役
  • 警視庁捜査一課9係 season9スピンオフSP(2014年、テレビ朝日) – 今野恭子 役
  • DOCTORS3 最強の名医(2015年、テレビ朝日) – 堀口晴子 役
  • 松本清張ドラマスペシャル・地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理(2016年、テレビ朝日) – 庄田恵 役
  • 相棒・season17 第6話「ブラックパールの女」(2018年11月21日、テレビ朝日) – 遠峰小夜子 役
  • 相棒・season18 第17話「いびつな真珠の女」(2020年2月26日、テレビ朝日) – 遠峰小夜子 役
  • 相棒・season19 第7話「同日同刻」(2020年11月25日、テレビ朝日) – 遠峰小夜子 役
  • 鈍色の箱の中で(2020年、テレビ朝日) – 利津の母 役
  • アリバイ崩し承ります 最終話(2020年3月14日、テレビ朝日) – 藤枝ミホ 役
  • にじいろカルテ(2021年1月21日 – 3月18日、テレビ朝日) – 桐ヶ谷氷月 役
  • 奥様レンジャー(2003年、テレビ東京・TSC制作) – 月島かなえ 役
  • IS〜男でも女でもない性〜(2011年、テレビ東京) – 相原直子 役
  • 三匹のおっさん〜正義の味方、見参!!〜(2014年、テレビ東京) – 清田貴子 役
  • 三匹のおっさん2〜正義の味方、ふたたび!!〜(2015年、テレビ東京)
  • 三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜(2017年、テレビ東京)
  • 「三匹のおっさん スペシャル〜正義の味方、史上最大、最後の戦い!…かも?〜」(新春ドラマ特別企画)(2018年1月2日、テレビ東京)
  • 「三匹のおっさんリターンズ! 平成ラストの大暴れ&悪党まとめて大成敗SP!」(新春ドラマスペシャル)(2019年1月14日、テレビ東京)
  • 孤独のグルメ Season4 第7話(2014年8月20日、テレビ東京) – まめぞ奥さん 役
  • 水曜ミステリー9・事故調(2015年、テレビ東京) – 長田花恵 役
  • 水曜ミステリー9・鎖 女刑事 音道貴子(2016年、テレビ東京) – 中田加恵子 役
  • 吉祥寺だけが住みたい街ですか?(2016年、テレビ東京) – 友部麻衣子 役
  • 下北沢ダイハード(2017年、テレビ東京) – 理沙 役
  • 東野圭吾 手紙(2018年、テレビ東京) – 中条京子 役
  • うきわ -友達以上、不倫未満-(2021年、テレビ東京) – 二葉聖 役
  • スナック ギズツキ(2021年、テレビ東京) - 中島香保 役
  • 李歐(2001年、WOWOW) – 咲子 役
  • コスメティック(2003年、WOWOW) – 瀬沼弥生 役
  • 愛と資本主義(2003年、WOWOW) – マリエ 役
  • 長い長い殺人(2007年、WOWOW) – 西方早苗・河野薙子 役(二役)
  • 借王〈シャッキング〉―銭の達人―(2009年、WOWOW) – 水沼理恵 役
  • 横山秀夫サスペンス 18番ホール(2010年、WOWOW) – 樫村由紀子 役
  • 人質の朗読会(2014年、WOWOW) – 堂島祥子 役
  • 5人のジュンコ(2015年、WOWOW) – 福留順子 役
  • グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat- 第3話(2016年6月25日、WOWOW) – 智子 役
  • 楽園(2017年、WOWOW) – 萩谷敏子 役
  • 監査役 野崎修平(2018年、WOWOW) – 野崎志穂 役
  • 頭取 野崎修平(2020年、WOWOW) – 野崎志穂 役
  • コールドケース2 〜真実の扉〜 第4話(2019年11月3日、WOWOW) – 村野葉子 役
  • 坂の途中の家(2019年、WOWOW) – 児童福祉司・新庄 役
  • パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件(2020年、WOWOW) – 牧野昌子 役
  • FM999 999WOMEN’S SONGS(2021年5月、WOWOW) – 歌い終わりに死ぬ女 役
  • ソロモンの偽証(2021年10月3日 – 11月21日、WOWOW) – 三宅未来 役
  • イマジカBS開局20周年記念ドラマ「ひと夏の隣人」(2016年11月4日、イマジカBS) – 赤石祥子 役
  • 配信ドラマ・ぼくは麻理のなか(2017年3月31日、FOD) – 吉崎絵里子 役
  • 配信ドラマ・青葉家のテーブル(2018年4月27日 – 、北欧、暮らしの道具店) – 主演・青葉春子 役
  • 配信ドラマ・ハピゴラ!(2018年11月30日 – 12月28日、GYAO!) – 謎の女性・節子 役
  • 配信ドラマ・Huluオリジナルストーリー あなたの番です-反撃編-「扉の向こう」 304号室(2019年8月4日配信開始、Hulu) – 二階堂万里子 役
  • 叫ばないと生きていけない(2022年1月9日〜毎週日曜日22時54分スタート、RCC) – 木田涼子 役

映画

  • ワンピース(1994年 – )
  • ゲレンデがとけるほど恋したい。(1995年) – 坂口暦(アンノ) 役
  • 学校の怪談2(1996年) – 小田桐理香 役
  • おっけっ毛 ビビロボス(1996年)
  • ひみつの花園(1997年) – 初主演映画・鈴木咲子 役
  • 学校の怪談3(1997年) – 八橋かおる 役
  • 愛を乞うひと(1998年) – 酒井千鶴 役
  • ナビィの恋(1999年) – 主演・東金城奈々子 役
  • ゴジラ2000 ミレニアム(1999年) – 一ノ瀬由紀 役
  • MONDAY(2000年) – 町田由紀 役
  • ウォーターボーイズ(2001年) – 女性キャスター 役
  • カタクリ家の幸福(2002年) – 片栗静江 役
  • OUT(2002年) – 山本弥生 役
  • 木曜組曲(2002年) – つかさ 役
  • ラヴァーズ・キス(2003年) – 藤井美佐子 役
  • 幸福の鐘(2003年)
  • 花(2003年) – 山吹千香 役
  • ぷりてぃ・ウーマン(2003年) – 森下加奈子 役
  • ホテル・ハイビスカス(2003年)
  • 13階段(2003年) – 三上和子 役
  • 釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!(2003年) – 洋子 役
  • ハードラックヒーロー (2003年)
  • スウィングガールズ(2004年) – 真澄 役
  • タナカヒロシのすべて(2004年) – 田辺の妻 役
  • 鉄人28号(2005年) – 八城裕美子 役
  • 愛してよ(2005年) – 中山美由紀 役
  • 電車男(2005年) – エルメスの友人 役
  • 8月のクリスマス(2005年) – 鈴木純子 役
  • ちゃんこ(2005年) – 石山亮子 役
  • 天使(2006年) – 奈津 役
  • サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜(2006年) – 里美 役
  • ハチミツとクローバー(2006年) – 原田理花 役
  • 河童のクゥと夏休み(2007年) – 上原友佳里 役
  • 夜の上海(2007年) – 高橋美帆 役
  • 未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜(2007年) – 井上苑 役
  • Little DJ〜小さな恋の物語(2007年) – 高野ひろ子 役
  • ちーちゃんは悠久の向こう(2008年) – 歌島実奈子 役
  • クライマーズ・ハイ(2008年) – 安西小百合 役
  • ぼくとママの黄色い自転車(2009年) – 鈴間里美 役
  • 南極料理人(2009年) – 西村みゆき 役
  • 明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。(2010年) – 堂本照子 役
  • あしたのジョー(2011年) – 食堂の女将 役
  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(2011年) – 宮田靖代 役
  • あぜ道のダンディ(2011年) – 宮田美穂 役
  • ロボジー(2012年)
  • 綱引いちゃった!(2012年) – 中山絵美 役
  • 図書館戦争(2013年) – 折口マキ 役
  • 図書館戦争-THE LAST MISSION-(2015年10月公開) – 折口マキ 役
  • クロユリ団地(2013年) – 二宮佐智子 役
  • 真夏の方程式(2013年) – 三宅伸子 役
  • 陽だまりの彼女(2013年) – 奥田祥江 役
  • 江ノ島プリズム(2013年) – 城ヶ崎仁美 役
  • 銀の匙 Silver Spoon(2014年3月7日) – 駒場菜実 役
  • WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜(2014年5月10日) – 中村祐子 役
  • 百瀬、こっちを向いて。(2014年5月10日) – 相原悦子 役
  • 二重生活(2016年6月25日)
  • ひるなかの流星(2017年3月24日) – 与謝野聡子 役
  • 追憶(2017年5月6日) – 川端小夜子 役
  • こどもつかい(2017年6月17日) – 小松洋子 役
  • ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年10月28日) – 尚美 役
  • リバーズ・エッジ(2018年2月16日) – ハルナの母親 役
  • 友罪(2018年5月25日) – 山内智子 役
  • 美知の通勤電車(2018年6月4日、短編映画)
  • 生きてるだけで、愛。(2018年11月9日) – 真紀 役
  • 映画『ラ』(2019年4月5日) – 慎平の母 役
  • 初恋〜お父さん、チビがいなくなりました(2019年5月10日) – 祥子 役
  • WE ARE LITTLE ZOMBIES(2019年6月14日) – 竹村南 役
  • 凪待ち(2019年6月28日) – 昆野亜弓 役
  • 新聞記者(2019年6月28日、スターサンズ=イオンエンターテイメント) – 神崎伸子 役
  • 五億円のじんせい(2019年7月20日) – 高月麻里恵 役
  • 空はどこにある (2020年11月20日) – 美紀の姉・葉子 役
  • あの頃。(2021年2月19日) – 馬場 役
  • 青葉家のテーブル (2021年6月18日) – 主演・青葉春子 役
  • 護られなかった者たちへ(2021年10月1日)

 

舞台

  • S〜エス〜(2000年、青山円形劇場)
  • ラヴ・レターズ(2001年、パルコ劇場)
  • 鈍獣(2004年、パルコ劇場) – 静 役
  • 昔の女(2009年、新国立劇場) – ロミー・フォークトレンダー 役
  • LOVE30 VOL.3(2009年、パルコ劇場)
  • 現代能楽集V「愛の鼓動」(2010年、シアタートラム) – 女囚・サチ 役
  • テレビのなみだ(2013年、東京グローブ座)
  • 現代能楽集Ⅶ「花子について」(2014年、シアタートラム)
  • 新世界ロマンスオーケストラ(2017年、東京グローブ座・シアタードラマシティ)
  • すべての四月のために(2017年11月11日 – 29日、東京芸術劇場 プレイハウス・12月8日 – 13日、ロームシアター京都 サウスホール・22日 – 24日、北九州芸術劇場 大ホール) – 安田冬子 役
  • 芸劇+トーク 朗読『東京』第六回「此処何処」(2019年1月24日、東京芸術劇場 シアターイースト)
  • クラッシャー女中(2019年3月22日 – 4月14日、本多劇場・17日、日本特殊陶業市民会館ビレッジホール・19日 – 21日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ・23日、島根県民会館大ホール・25日、JMSアステールプラザ大ホール) – 和沙 役
  • 方南ぐみ企画 朗読劇「青空」(2019年8月9日、三越劇場)
  • 不機嫌な女神たち プラス1(2019年10月19日 – 27日、紀伊國屋ホール・11月2日・3日、穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール・6日・7日、サンケイホールブリーゼ・16日・17日、イムズホール) – 日比野さつき 役

 

CM

  • 日本旅行(1991年)
  • ケンタッキーフライドチキン(1991年)
  • サントリー ライツ(1992年)
  • 富士銀行(1992年)
  • ヱスビー食品 フォン・ド・ボー・ディナーカレー(1992年)
  • 丸井(1993年)
  • ソニー ハンディカム(1993年)
  • ワコール ウイング(1993年)
  • TBC(1993 – 1994年)
  • カルピス食品工業 カルピスウォーター(1993年)
  • メナード化粧品 薬用ビューネ(1994 – 1995年)
  • アサヒビール 江戸前夏祭り缶(1994年)
  • ニチレイ アセロラドリンク(1995年)
  • 全労済 花時計(1997年)
  • デジタルツーカー四国(1998年)
  • 東京ガス(1999年)
  • 花王 ビオレ(1999 – 2003年)
  • ゴールドクレスト(2000年)
  • 森永乳業 切れてるチーズ(2001年)
  • UFJ銀行(光石研と共演、2002年)
  • 日本コカ・コーラ 爽健美茶(2003年) 常盤貴子と共演
  • 興和 キューピーコーワゴールド(2004年)
  • 三洋電機 ドラム式洗濯乾燥機(2004年)
  • JR東日本 エキナカ(2005 – 2007年)
  • NTTドコモ ドコモショップ(2006 – 2007年)
  • ソニー・ミュージック Jポッパサイズ(2008年)
  • 都市再生機構 UR賃貸住宅(2009年)
  • 協和発酵キリン 企業「春は、生きる力になると思う」篇(2009年)
  • P&G ファブリーズ 平成家族「登場」、「暗闇」、「クローゼット」篇(2009-2012年) ピエール瀧(父)、山田健太(長男)、内舛聖矢(二男)、田辺修斗(三男)と共演
  • 大塚食品 マンナンヒカリ(2010-2012年) 服部幸應(料理研究家)、陳健一(料理人)、来栖けい(美食家)と共演
  • ACジャパン WWFジャパン支援キャンペーン「子どもたちの資源も大切に」(2013-2014年) ナレーション
  • 日産自動車 Dayz (2014年)- 『NISSAN Dayzのひみつ』(ドラマ『ロストデイズ』内のインフォマーシャル)
  • 味の素 Cook Do おかずごはん「アジアン鶏飯 ほんわか家族」篇(2016年 – ) ピエール瀧と共演
  • プロミス(2018年 -2021年 ) 母親(なのか)役
  • J-オイルミルズ から揚げの日の油(2019年 – )
  • ソフトバンク・ワイモバイル/スマホ持つか持たないか裁判(2021年 – )

 

ラジオ

  • SUNTORY THEATER ZERO HOUR(2003年、J-WAVE) 沖縄民話 朗読
  • ASIENCE SPIRIT OF ASIA(2004年、J-WAVE)
  • ラジオ劇団・小さな奇跡(2009年1月、TOKYO FM)
  • らじらー!(2015年8月29日、NHKラジオ第1) LIFE!〜人生に捧げるコント〜 コラボ ラジオコント

 

PV

  • 田辺マモル「リス」(監督:矢口史靖)
  • THE YELLOW MONKEY「聖なる海とサンシャイン」(監督:高橋栄樹)
  • GOMES THE HITMAN「夜明けまで」(監督:山川直人)
  • #がけぷち「おぼろ月」(2021年5月、ABEMAビデオ)

ナレーション

  • 立川談志 71歳の反逆児(2007年2月20日、NHK BS)
  • 廣瀬裕子のしあわせになるDVD『Alohaのまほう』(2007年7月20日発売)
  • ドキュメント72時間・赤羽・おでん屋エレジー(2015年2月20日、NHK総合) – 語り
  • ドキュメント72時間・駄菓子屋・子どもたちの小さな宇宙(2015年5月15日、NHK総合) – 語り
  • ドキュメント72時間・東京・下町 男と女のダンスホール(2015年7月17日、NHK総合) – 語り
  • ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』(2015年、東宝映像事業部)
  • AGF Presents 日本のルーツを行く!又吉ロマン〜知られざる水の神秘とは〜(2016年9月27日 フジテレビ)
  • わざわざ行きたい!! 山本耕史の瀬戸の島旅(2017年11月25日、テレビ朝日系列中四国ブロック 放送局:瀬戸内海放送・山口朝日放送・愛媛朝日テレビ・広島ホームテレビ)
  • 事件の涙「死にたいと言った父へ〜西部邁 自殺ほう助事件〜」(2019年8月21日、NHK総合)
  • 趣味どきっ!「暮らしにいかすにっぽんの布」(2019年10月7日 – 11月25日、NHK Eテレ)第1回から7回まで語り、第8回(最終回)は出演
  • ひとモノガタリ「若者のすべて〜“失われた世代”のあなたへ〜」(2020年2月11日、NHK総合) – 語り

ドキュメンタリー・教養番組

  • NHK BS 世紀を刻んだ歌・ボヘミアン・ラプソディ殺人事件(2002年4月10日)捜査官 役
  • フジテレビ 2002年 独立への旅(2002年12月7日)
  • NHK BS おーい、ニッポン 広島県(2002年12月8日)
  • NHK 総合「NHKスペシャル・女と男〜最新科学が読み解く性」(2009年1月11・12・18日) – 筧利夫との共演
  • NHK 教育「極める!・西田尚美の京都学」(2010年8月 – 9月) リポーター

バラエティ

  • 『ぷっ』すま(2011年2月8日 テレビ朝日) – 山下智久らとゲスト
  • LIFE!〜人生に捧げるコント〜(2012年9月1日・12月22日 NHKBSプレミアム)
  • LIFE!〜人生に捧げるコント〜 series-1(2013年6月18日 – 2014年3月31日 NHK総合)
  • LIFE!紅白歌合戦 大集合スペシャル(2013年12月26日 NHK総合)
  • LIFE!〜人生に捧げるコント〜 series-2(2014年4月3日 – 9月25日 NHK総合)
  • LIFE!2014 年の瀬 紅白コラボSP(2014年12月30日 NHK総合)
  • LIFE!〜人生に捧げるコント〜 series-3(2015年4月2日 – 9月24日 NHK総合)
  • LIFE!〜人生に捧げるコント〜 series-4(2016年4月7日 – 2017年3月9日 NHK総合)
  • 街頭TV 出没!ひな壇団 グルメの劇的ビフォーアフター 広島が誇る激レア食材をゲットし料理を匠に激ウマグルメに変身させて貰ってなんて美味いんでしょうって言うぞSP(2019年8月28日、中国放送) – 山チーム(ノブ&西田尚美)

受賞歴

  • ハワイ国際映画祭(第17回)主演女優賞(『ひみつの花園』)
  • 第21回日本アカデミー賞新人俳優賞(『ひみつの花園/学校の怪談3』)
  • 日本映画プロフェッショナル大賞(第7回)主演女優賞(『ひみつの花園』)
  • ヨコハマ映画祭(第22回)助演女優賞(『ナビィの恋』)
  • 報知映画賞(第25回)助演女優賞(『ナビィの恋』)
  • ベルリン国際映画祭(第53回)最優秀アジア映画賞(『幸福の鐘』)

歳を重ねても変わらず輝いておられ、とてもステキな方です。

ドラマに映画、コメディーにも挑戦されていますが、いつも魅力的な印象が持てます。

今後の活躍にも期待したいですね。