吉沢悠の結婚した嫁や子供について!現在も調べてみた

  • 吉沢悠は1978年8月30日生まれ
  • ドラマ「青の時代」で知名度を上げた
  • 2022年ドラマ「私のエレガンス」への出演が決まっている

吉沢悠のプロフィール

名前 吉沢悠 (よしざわひさし)
職業
所属事務所
誕生日 1978年8月30日
年齢 43歳
身長 175cm
血液型 B型
出身地 東京
外部リンク

 

性格

  • 不器用
  • あがり症
  • 真面目

元々人前で何かをやることが苦手な性格でしたが、その性格を変えるために芸能界入り。

人気絶頂の時期に「社会経験がないまま自分とは違う役を演じ続けた結果、自身のストックがなくなってしまった」という理由で芸能活動を休業するほど真面目な性格です。

 

特技

特技と公言しているものはありませんが、オーディションで特技を披露することが嫌いで、どうしても断れないときは「アフリカの歌」を歌っていたと明かしています。

趣味

  • 料理
  • 格闘技観戦(ボクシング、プロレス)
  • ギター
  • カラオケ
  • バイク
  • ドライブ
  • ロングスケートボード
  • サーフィン

吉沢悠は多趣味で、たくさんのジャンルの趣味があります。

中でもInstagramにはサーフィンを楽しむ写真が投稿されていて、波に乗って楽しんでいる姿を公表しました。

デビューのきっかけ

元々人見知りで人前に出ることが苦手なタイプでしたが、その性格を克服するためにカラオケに通い始めます。

カラオケに貼ってあった「夢カラオケオーディション」のポスターを見て、優勝特典がハワイ旅行だったことに惹かれ、オーディションを受けることに決めました。

優勝は逃したものの、演劇プロモーターの目に留まり、スカウト。

1998年に放送されたドラマ「青の時代」に出演し、俳優デビューを果たします。

吉沢悠の生い立ちや経歴

吉沢悠は1978年8月30日生まれ、東京都杉並区出身です。

幼少期から人前で何かをやることが苦手な人見知りな性格でしたが、社宅に住んでいたので近所の人と挨拶をしあう環境で育ちました。

人見知りの性格を克服するためにカラオケに通い始めたことで、オーディションのポスターを発見。

1997年に行われた「夢カラオケオーディション」で準グランプリを受賞し、芸能界入りを果たします。

その後、1998年に放送されたドラマ「青の時代」で主演を務める堂本剛さんの親友役を務め、大きな注目を集めました。

1999年以降も話題のドラマに次々と出演し、知名度を上げていきます。

2003年にはドラマ「動物のお医者さん」で連続テレビドラマの主演に抜擢、イケメン俳優としてブレイクを果たしました。

人気絶頂の中、2005年に「道がわからなくなっちゃので1回立ち止まってみよう」と選択し、芸能活動休止を発表。

芸能活動休止中は、ニューヨークで短期語学留学をして環境を変えていましたが、ブロードウェイミュージカルを見たことでもう一度芝居に向き合うことを決意します。

1年後の2006年に芸能活動を再開、同時にデビュー時からの芸名・吉沢悠(よしざわゆう)から本名の吉沢悠(よしざわひさし)に改名しました。

芸能界復帰後も2016年の映画「アイアムアヒーロー」や2017年の映画「サクラダリセット」に出演、以降も多くの主演作が公開されています。

出身校・学歴

  • 杉並区立東原中学校 卒業
  • 東京都 錦城高校 卒業

小学生の時は成績優秀で、生徒会長を務めるほど優秀な生徒でした。

中学時代は得意なスポーツを活かして剣道部に所属すると主力選手として活躍。

高校時代はボクシングやバイクにハマったことで成績は良くありませんでした。

吉沢悠の現在

吉沢裕は、現在俳優として活動を続けています。

2021年には、

  • ドラマ トッカイ〜不良債権特別回収部〜
  • ドラマ ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子〜
  • ドラマ 准教授・高槻彰良の推察
  • ドラマ 横山秀夫サスペンス「第三の時効」
  • ドラマ 君と世界が終わる日に Season2
  • 映画 エースになるっちゃ
  • 映画 189

という多くの作品に出演しました。

2022年もすでにドラマ「私のエレガンス」への出演が決まっています。

半沢直樹での評判

吉沢悠が出演した「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~」は、2020年にTBSで放送されたスペシャルドラマです。

2020年4月より続編が放送される「半沢直樹」の舞台・東京セントラル証券と大きく関わる新興IT企業スパイラルで一大プロジェクトが進行するさまを描く物語です。

吉沢悠は、吉沢亮さん演じる高坂が働くIT企業スパイラル開発部のリーダー格・若本健人役を演じました。

ファンや視聴者からは、

  • 渋い大人になった今も素敵
  • 吉沢悠っていい俳優だなぁ
  • 「うるさい!!」の迫真の演技でドキッとした

といったように若い頃からのファンからの評判も高く、安定した演技力が好評でした。

青の時代での評判

青の時代は1998年にTBSで放送されたテレビドラマです。

不良グループのリュウ・トシ・マサシは、ゲームセンターの経営者・本田からバッグをひったくり、偶然現場に居合わせた弁護士の榛名がリュウを追い詰めるが、逃げられてしまいます。

青春時代をめぐる友情と愛、憎しみと苦悩など若者の心情を描いた物語です。

吉沢悠は、主人公リュウの親友・木村マサシ役を演じ、気弱な性格をしているという役どころでした。

ファンや視聴者からは、

  • 透明感があって純粋で思春期の少年の割れそうな危うさが儚くて綺麗
  • キレイなお顔をしたお兄さんだなぁー
  • 吉沢さんの芝居は好き。ちょっと悲哀がある

といったように知名度が低い頃の出演にも関わらず、演技力の高さで役に入り込んでいる姿が高く評価されていました。

吉沢悠と吉沢亮が似てる

  • 吉沢亮ってJINにも出てましたよねって言われたけど案の定吉沢悠を勘違いしてた
  • 話題の吉沢亮が誰かわからず、字面だけ見て吉沢悠と間違えた
  • 吉沢悠も吉沢亮も二人とも好きー

といったように顔が似ているというよりは名前の字面が似ていて、間違えているファンが多くいました。

また名前が似ていて、同じ東京都出身なので、2人が兄弟なのではと言われていますが、兄弟ではなく血縁関係もありません。

結婚した嫁や子供について

吉沢悠は2013年3月3日にモデルで女優の桐山マキさんとの結婚を発表しました。

2人の馴れ初めは公言していませんが、結婚の数年前に友人の紹介で知り合い、交際してから年月を重ねて結婚しています。

吉沢悠は元々結婚願望があったので、結婚を発表したときには「夫婦ともに芸能活動を頑張り、お互いに理解を深めて取り合って生涯を共にしたい」と語りました。

また現在子どもはおらず、2人での生活を楽しんでいます。

今回は、演技派俳優・吉沢悠についてまとめました。

人気絶頂の中、自身を見つめなおすために休業をするという選択ができるほど決断力のある俳優です。

現在は復帰して安定して出演を続けているので、今後の活躍にも期待しましょう。