妻夫木聡と柴咲コウの関係は?結婚した嫁はマイコで子供はいる?

  • 妻夫木聡は1980年12月13日生まれ
  • 大人気読者モデルとして表紙のモデルを何度も務め、90年代後半にカリスマ高校生ブームを築く
  • 多くの演技賞を受賞し世界を股にかける国際派俳優!

妻夫木聡のプロフィール


名前 妻夫木聡 (つまぶきさとし)
職業
所属事務所
誕生日 1980年12月13日
年齢 41歳
身長 172cm
血液型 O型
出身地 福岡
外部リンク

 

性格

  • 優しい
  • 気配り上手
  • ムードメーカー
  • サービス精神旺盛
  • 努力家

妻夫木聡は共演者や関係者からとにかく性格のよさを絶賛されています。

より良い作品を創るため優しいだけでなく、共演者にダメ出しをしたり、言わなければいけないことはきちんと伝え、現場の雰囲気づくりをしっかり行うというところが信頼を勝ち取っている所以です。

俳優の永山瑛太は妻夫木の印象について、

「みんなを引っ張ってくれてキャストもスタッフも彼が大好きで、どうしようもないくらいふざけてくれるところも大好き」

と語っています。

また、映画関係者からは、

「妻夫木さんは共演者、スタッフに常に気を配って『性格もイケメン』でムードメーカーとして現場を明るくしてくれるし、厳しいことも言ってまとめてくれる」

と大評判。

フランクな性格なので、妻の女優のマイコとの夫婦生活もあけっぴろげに話すこともあります。

ときにはぶっちゃけすぎて、掲載NGを出さざるを得なくなり事務所側が頭を抱えることも。

このような言動から雰囲気づくりに長けた素晴らしい兄貴分といえるでしょう。

また、妻夫木は演技に対し非常に真面目です。

俳優を始めた当初、

「自分が何もできなくて、悔しくて、恥ずかしくて、最悪で、自分の無力さを感じた」

と述懐し、演技について猛特訓し今の演技力を身に付けました。

俳優の勉強について、

「誰にも習わずひとりで勉強した」

と語り、

“台本を最低25回は読み込むこと”を心がけたことを明かしました。

コツコツ努力を積み重ねひとつひとつの芝居にストイックに取り込むことが、妻夫木の演技に輝きをもたらしているのです。

 

特技

  • ベース

1999年ごろ、ミュージシャンでギタリストの兄とともにバンドを結成。

妻夫木の担当はベースとボーカルです。

もともと音楽が大好きだった妻夫木ですが、モテたいという一心でバンド活動をし、CDの自主制作販売も行っていました。

イケメン兄弟とたしかな演奏力でファンを魅了していました。

趣味

  • 音楽鑑賞
  • 映画鑑賞

音楽が好きでくるりのファンであることを公言している妻夫木。

特に『ばらの花』や『ハイウェイ』を好んで聴いており、『ハイウェイ』のMVにも出演しています。

ロックバンドのサカナクションのファンであることを明かした際には、妻夫木の所属事務所ホリプロににサカナクションからオフィシャルグッズグッズが送られました。

さらに彼らの3rdアルバム『シンシロ』のサンプル音源も送られ、最初にそれを手にしたのが妻夫木でした。

リリースの前にサンプルで一足先に音源を聴けるだなんてファンからしてみたらうらやましくてしょうがないですね。

好きなものに対してまっすぐな妻夫木の人柄が、大好きなバンドと信頼関係を築いているのでしょう。

デビューのきっかけ

妻夫木聡は、デビュー前の高校時代から雑誌『東京ストリートニュース』で読者モデルとして大人気でした。

表紙のモデルを何度も務め、90年代後半にカリスマ高校生ブームを作り、一時代を築いたスーパー高校生のうちの一人です。

1997年、ナムコから(後のバンダイナムコゲームス)が芸能プロダクションのアミューズとホリプロ、そしてニッポン放送とタイアップしてアーケードゲーム『ザ・スタアオーディション』が発売されました。

そのゲーム機を使い行われたオーディションイベント“アホポン・プロジェクト”で、参加者約300万人の中から選ばれ第1回グランプリを獲得したのが妻夫木でした。

このオーディションでの優勝をきっかけに、本格的な俳優の道を歩み始めることになるのです。

妻夫木聡の生い立ちや経歴

妻夫木聡は1980年12月13日生まれで福岡県出身です。

赤ちゃんの頃はよく寝てよく食べむちむちとした男の子でした。

幼少期は活発でかなり目立ちたがりだった妻夫木さん。

この頃から人気者の素質が十分ありましたが、小学校2年生の時に航空会社の整備士をしていた父の転勤で、横浜市へ引っ越しし新しい生活を始めます。

出身校・学歴

  • 三橋町立藤吉小学校(小学2年生の時に転校)
  • 横浜市立川上北小学校(小学2年生の時に転入)
  • 横浜市立名瀬中学校
  • 神奈川県立舞岡高校

小学2年生で福岡から横浜に引っ越してきた妻夫木は市内の公立小学校に転入します。

中学校も公立の名瀬中学校に進学しました。

妻夫木の中学時代である1990年代前半はジャニーズのグループ『光GENJI』が大人気で、彼らが履いていたローラースケートが大流行。

妻夫木もローラースケートに大ハマりしました。

あまりに熱中し、ローラースケートのプロになりたいという夢を抱いていました。

しかし流行は一過性のものでしたので、その夢も中学時代で終わりました。

高校は神奈川県立舞岡高校へ進学。

バンドを結成したり、『東京ストリートニュース』という雑誌で読者モデルを務めたりと、とても目立つやんちゃな高校生でした。

高校時代の自分自身について妻夫木は、

「とにかくモテたかった」

と語り、

「かなり調子に乗っていた、嫌な奴だった」

と振り返りました。

当時の親友にも

「お前のことなんて誰も信用していない」

と言われたという苦い思い出も。

人前に出て調子に乗ってしまい、親友から言われた一言が妻夫木にとって一生残る一言になりましたが、この一言がなければ、周りを思いやる謙虚さがないままだったのではないでしょうか。

この親友とのやりとりは、芸能界デビューを果たしたあとも妻夫木の指針になっているはずです。

1998年、妻夫木が高校3年生のときにフジテレビヤングシナリオ大賞受賞作のテレビドラマ『すばらしい日々』で俳優デビューし、映画『なぞの転校生』で映画初主演を果たすなど瞬く間に若手人気俳優の仲間入りを果たしました。

高校卒業後は大学に進学はせず、芸能活動に専念し、着実にキャリアを積み重ねています。

父親や兄など家族構成について

妻夫木は父・母・兄の4人家族です。

とても家族想いな妻夫木は、父が退職されたときにはサプライズで同僚を呼び、オリジナルソングをプレゼントしました。

父は、息子が作った歌詞をお守りのように大切に持ち歩き、実家に帰った際によく飲みにいくなど、父と息子の仲のよさが本当に微笑ましいです。

また時間があるときには月に1度で家族旅行に行くなど徹底した家族サービスぶりで、とても親孝行な息子であることがわかります。

妻夫木の兄は2歳年上で、ギタリストの妻夫木晋也(つまぶき しんや)です。

1998年にバンド『Rubii』のメンバーとして活動していました。

『Rubii』が解散後は、妻夫木とともにバンド『BaskingLite』を結成。

2006年にはCDを自主制作・販売しました。

現在は『STILLDRIVE』というバンドで活動していましたが、2011年3月11日の東日本大震災以降、目立った活動はしていません。

2021年11月4日には妻夫木のインスタグラムに兄と2人キャンプに行った様子を投稿しています。

兄弟水入らずでリラックスした時間を過ごした様子にフォロワーからは、

  • 「かっこよすぎる」
  • 「御兄様もカッコ良い」
  • 「いくつになっても、兄弟仲良しって素敵」
  • 「お兄様はワイルド系な雰囲気ですね」

など好感の反応が上がりました。

明るく気さくな妻夫木の人柄は、愛情たっぷりの家庭で育ったからではないでしょうか。

とても素敵なご家庭です。

妻夫木聡とマイコの馴れ初めや子供について

妻夫木聡は2016年8月4日、女優のマイコと4年間の交際を経て婚約を発表し、同月に婚姻届を提出し晴れて夫婦となりました。

入籍日は明かしていませんが、8月25日にマイコが出演舞台の公開稽古の取材で、稽古休みに入籍を済ませ同居を開始したことを明らかにしているので8月4日から25日の間となります。

2人の出会いは、2012年に放送されたフジテレビで放送されたドラマ『東野圭吾ミステリーズ シャレードがいっぱい』での共演です。

実は妻夫木は共演する前に、映画『山のあなた 徳市の恋』に出演したマイコを見て、「素敵な人だな」と一目惚れしていました。

初共演の前からマイコに好印象を抱いていた妻夫木は、打ち上げの時にマイコとの仲を深め、交際に至りました。

結婚後のインタビューで夫婦生活について聞かれると、

「幸せです」

と語り、掃除はマイコが、料理や洗い物は妻夫木が担当していることを明かしました。

2019年8月1日に第1子妊娠を発表、12月11日に第1子が誕生しました。

子供の名前・誕生日・性別などは非公開ですが、愛情いっぱいに子育てをしている様が目に浮かびます。

まさに理想の家庭ですね。

柴咲コウとの関係は?

2004年にTBSで放送されたドラマ『オレンジデイズ』の共演から熱愛に発展した妻夫木と女優の柴咲コウ。

共演当時はお互いに恋人がいましたがそれをを解消して、2005年から正式にお付き合いが始まりました。

共演時の雰囲気もとても良く、理想のカップルと話題に。

その後同棲が報じられたり、妻夫木の両親と柴咲で妻夫木の祖母や伯父が暮らす福岡へ旅行する様子など、家族ぐるみのお付き合いが報道され、結婚も間近ではと囁かれていました。

しかし2009年、2人は破局を迎えてしまいます。

原因は、多忙なスケジュールのすれ違いと柴咲の浮気でした。

2009年1月からNHKの大河ドラマ『天地人』の主役に抜擢され、多忙をきわめた妻夫木と柴咲との間にすれ違いが生じ、その間に柴咲がロックバンドUVERworldのボーカル・TAKUYA∞と急接近してしまったのです。

UVERworldは2008年12月に武道館ライブを成功させた人気ロックバンド。

そのバンドの顔ともいえるフロントマンのTAKUYA∞が、柴咲のマンションに向かい3連泊したというスキャンダルが週刊誌によって報じられ、世間に衝撃を与えました。

妻夫木は自他共に認める潔癖性。

柴咲の過ちを許すことはできず、破局を選んだのでした。

妻夫木聡の現在について

2021年12月13日に41歳の誕生日を迎えた妻夫木。

インスタグラムに両親への感謝を綴りながらまだまだ前進する決意を投稿しました。

ますます俳優として活躍する妻夫木は2022年に、芥川賞作家・平野啓一郎氏の小説を映画化作品の『ある男』の公開が控えています。

安藤サクラ・窪田正孝・清野菜名・眞島秀和・小籔千豊・仲野太賀・真木よう子・柄本明という豪華キャストとの共演で、自分ではない全く別の人間として生きてきた“ある男”の真実に、妻夫木演じる主人公の弁護士・城戸章良が迫っていく姿を描いた物語です。

『ある男』は2021年1月25日~3月1日に撮影が終了しており、今から公開が期待されています。

2022年も妻夫木は大きく活躍するでしょう。

悪人での評判

映画『悪人』は、2010年9月11日に公開されたヒューマンミステリードラマで監督は李相日です。

保険外交員の女性が解体作業員によって殺害され、解体作業員は別の女性を連れ逃亡を開始。

2人が逃亡する最中、事件当初容疑者としてマークされた裕福な大学生の供述と、新たな証言者から容疑の焦点は土木作業員に絞られ、徐々に追い詰められてゆく人間の心理を鋭く描き出した作品です。

妻夫木は主人公で金髪がトレードマークの解体作業員の清水祐一を演じています。

暗い性格で話下手の祐一は、自分のことは後回しで祖父母の日々の頼まれごとを淡々とこなしますが、幼少期に両親がいなくなったという闇を抱えています。

出会い系で知り合った保険外交員の佳乃と福岡で会った直後佳乃を殺害し、その後出会った光代と逃亡し追い詰められてゆく複雑な役柄です。

『悪人』をみたファンや観客からは、

  • あまり見ない役所の妻夫木聡が目新しい
  • 生きてることの苦しさを淡々演じ切っていて見事
  • 台詞や展開はそう多くないのに祐一の心の純粋さを表現した妻夫木くんすごすぎる

など、今までの明るい役柄とは正反対の人物に挑戦した妻夫木の演技に賞賛の声が集まっています。

鑑賞後に何かを考えさせる余韻を与える演技は素晴らしいの一言です。

愚行録での評判

映画『愚行録』は、2017年2月18日に公開されたミステリー作品で監督は石川慶です。

約1年前に発生し、犯人がいまだ捕まっていない一家殺人事件を追っていた週刊誌記者が、犠牲者夫婦の過去を知る人物にインタビューを行うなかで、「理想」という世間の評判とは相反する、夫婦の意外な素顔を知り事件の真相に迫っていきます。

妻夫木は事件の真相に迫る週刊誌記者、田中武志を演じています。

衝撃的な事件の真相に迫りながら、自身も妹がネグレクトで逮捕されてしまうという問題を抱えた役柄です。

『愚行録』をみたファンや観客からは、

  • 妻夫木君の演技がすごすぎてもはや怖い
  • 嫌な人しか出てこない
  • 無表情なのに感情がわかるブッキーの演技に鳥肌

と、何度も観客を裏切る妻夫木の演技の迫力のすさまじさに衝撃を受けた声が多数上がりました。

“嫌な人しか出てこない”との感想を抱かせた俳優陣の演技に脱帽です。

妻夫木聡の出演番組

  • 映画(洋画・邦画含む)
  • ドラマ
  • 舞台
  • ラジオ
  • 劇場アニメ
  • 吹き替え
  • 人形劇
  • MV
  • CM
  • その他

 

映画(洋画・邦画含む)

  • Red(2020年2月21日、日活) – 鞍田秋彦 役
  • 一度死んでみた(2020年3月20日、松竹) – 支配人 役
  • 一度も撃ってません(2020年7月3日、キノフィルムズ) – 今西友也 役
  • 唐人街探偵 東京MISSION 唐人街探案3(2021年2月12日公開、万达影视传媒、上海骋亚影视文化传媒) – 野田昊 役
  • 浅田家!(2020年10月2日、東宝) – 浅田幸宏 役

 

ドラマ

  • キッドナップ・ツアー(2016年8月2日、NHK総合) – お父さん 役
  • イノセント・デイズ(2018年3月18日 – 4月22日、WOWOW) – 佐々木慎一 役
  • 乱反射(2018年9月22日、テレビ朝日) – 加山聡 役
  • 危険なビーナス(2020年10月11日 – 12月13日、TBS) – 手島伯朗 役
  • しかたなかったと言うてはいかんのです(2021年8月13日、NHK総合) – 鳥居太一 役

 

舞台

  • スジナシBLITZシアター Vol.2(2015年9月3日)
  • キネマと恋人 (2016年11月15日 – 12月4日、シアタートラム)
  • 足跡姫~時代錯誤冬幽霊~(2017年1月18日-3月12日、東京芸術劇場プレイハウス)
  • 『贋作・桜の森の満開の下』- 耳男 役東京公演 (2018年9月1日 – 9月12日 / 11月3日 – 11月25日、東京芸術劇場プレイハウス ) フランス公演( 9月28日 – 10月3日、フランス・国立シャイヤー劇場 )
     大阪公演(10月13日 – 10月21日、大阪・新歌舞伎座北九州公演( 10月25日 – 10月29日、北九州芸術劇場大ホール)
  • キネマと恋人 -高木高助<俳優>/間坂寅蔵<映画の人物> 2役
     東京公演(2019年6月8日- 6月23日、、世田谷パブリックシアター)
     北九州公演(2019年6月28日 – 30日、北九州芸術劇場 中劇場)
     兵庫公演(2019年7月3日 – 7日、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)
     名古屋公演(2019年7月12日 – 15日、名古屋市芸術創造センター)
     盛岡公演(2019年7月20日 – 21日、盛岡劇場 メインホール)
     新潟公演(2019年7月26日 – 28日、りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場)

 

ラジオ

  • 藤原竜也と妻夫木聡のチャレンジ・ナイツ(1999年5月 – 2000年3月、ニッポン放送)

 

劇場アニメ

  • STAND BY ME ドラえもん シリーズ – 野比のび太 役(青年時代)
    ・STAND BY ME ドラえもん(2014年8月8日公開、東宝)
    ・STAND BY ME ドラえもん 2(2020年11月20日公開、東宝)

 

吹き替え

  • ゴールデン洋画劇場 夏休み映画特別企画『タイタニック』日本特別編集版 (2001年8月31日・2001年9月1日、フジテレビ)- ジャック・ドーソン役(レオナルド・ディカプリオの日本語吹き替え)

人形劇

  • シャーロック ホームズ(2014年、NHK) – ジェファーソン・ホープ(声の出演)

MV

  • Janne Da Arc 「Rainy 〜愛の調べ〜」 (2003年5月8日リリース)
  • くるり 「ハイウェイ」 (2003年11月5日リリース)

CM

  • 花王 メリット(2018年 – )
  • 本田技研工業「FIT」(2019年10月 – )- ナレーションを担当、2021年6月からは自身も出演
  • 江崎グリコ「じゃんけんグリコ2020」(2020年2月 – )
  • 日本スポーツ振興センター 宝くじ「ジャンボ宝くじシリーズ」(2020年)- 共演:吉岡里帆・今田美桜・成田凌・矢本悠馬
  • マクドナルド
    ・「ごはんバーガー」(2021年)- 共演:志尊淳
    ・「夜マック」(2022年)- 共演:伊藤沙莉

その他

  • 夜の××自慢 (2000年、TBS) -共演:YOU・千原兄弟
  • 僕らの定点観測〜アフターコロナの乗りこなし方〜 (2020年、NHK)- 共演:山口一郎・森永邦彦(ファッションデザイナー)・又吉直樹・吉田ユニ
  • “シュガー&シュガー”サカナクションの音楽実験番組 (2020年、NHK教育テレビジョン)-共演: 山口一郎
  • オールスター感謝祭(2000年春・2020年秋、TBS)

受賞歴

  • 2016年度 第29回日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞(『怒り』、『ミュージアム』)
  • 2016年度 第40回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(『怒り』)
  • 2016年度 全国映連賞 男優賞
  • 2020年度 第33回日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞(『浅田家!』『Red』『一度も撃ってません』など)
  • 2020年度 第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞 (『浅田家!』)

以上、今回は俳優の妻夫木聡のプロフィールをまとめました。

素敵な人柄と高い演技力で、素晴らしい作品を作り続ける妻夫木の今後の活動が楽しみです!