城田優の結婚や現在を調べてみた!英語力や引退についても

  • 城田優は1985年12月26日生まれ
  • スペイン国籍でスペイン語が得意
  • 連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」で語りを担当している

城田優のプロフィール


名前 城田優 (しろたゆう)
グループ・所属
職業
誕生日 1985年12月26日
年齢 36歳
身長 190cm
血液型 O型
出身地 東京
外部リンク

 

性格

  • 明るい
  • 人を楽しませせることが好き
  • 人懐っこい
  • 甘えん坊
  • 優しい

ドラマなどでクールな役柄を演じることが多いですが、実際は友人も多く明るく楽しい性格をしています。

自身でも、犬のような性格で基本的にすぐ人の懐に入ろうとする甘えん坊な性格だと明かしています。

また過去にルックスが原因でいじめに遭っていた過去があるので人の気持ちを理解できる優しい性格になったのでしょう。

 

特技

  • スペイン語
  • 料理

7歳までスペインで育っていて、映画「コンフィデンスマンJP英雄編」で、英語とスペイン語しか話さない役を演じ、得意のスペイン語を披露しました。

また、料理を教えてもらう番組に出演して以来、料理が得意になり、簡単で美味しい料理を作ってSNSに投稿しています。

趣味

  • ピアノ
  • サックス
  • ギター
  • 作詞作曲
  • カラオケ
  • テニス

作詞作曲が趣味で、自身が歌う「U」の作詞をしています。

また様々な楽器を演奏することができますが、特にピアノはドラマや番組でも披露しています。

スペインのハーフなの?

城田優は父親が日本人、母親はスペイン国籍なので、スペインのハーフです。

スペイン国籍で、本名は「ユウ・シロタ・フェルナンデス」だと明かしています。

幼少期3歳から7歳までスペインで過ごしていて、その後日本に住むようになり、現在も母親とはスペイン語で話していると明かしています。

身長

城田優は身長190cmの高身長です。

同じ身長の有名人には、以下の3人がいます。

  • 布袋寅泰さん
  • 宇梶剛士さん
  • JOYさん

デビューのきっかけ

城田優は子どもの頃から歌が好きだったので歌って踊れる歌手に憧れて、中学1年生のときに芸能事務所に入り歌や演技のレッスンを始めました。

しかし、西洋的な顔立ちや高身長ということで役柄が限定されてしまうという理由で、中学時代はオーディションに落ち続けてしまいます。

そんな城田優ですが、高校2年生の時に舞台「美少女戦士セーラームーン」で俳優デビューを果たしました。

城田優の生い立ちや経歴

城田優は1985年12月26日生まれ、スペイン国籍の東京都出身です。

幼少期は3歳から7歳までスペインのバルセロナで過ごし、それ以降は来日して日本で過ごしますが「外国人」と呼ばれ、いじめを受けます。

虐めに関して母親に相談すると「あなたたちも外国に行ったら外国人、みんな地球人なんだと言ってやりなさい」とアドバイスを受け、気持ちが楽になりました。

中学1年生のときに歌手になりたいという夢を持ち、芸能事務所で歌や演技のレッスンをスタートするも、西洋的な顔立ちと身長の高さが原因でオーディションに落ち続けます。

高校時代は友人も多く楽しい学生生活を送っていましたが、一般的には無名の存在でオーディションには99%落ちていました。

高校2年生のときに舞台「美少女戦士セーラームーン」で俳優デビューを果たし、高校卒業後は大学には進学せず芸能活動に専念。

しかし、10代後半になっても仕事は少なく挫折しかけ自暴自棄になったこともありますが、「やりたくない気持ち」が「やりたい気持ち」に勝ることはなかったと語りました。

2004年に「はなまるマーケット」でエプロン隊としてレギュラーに起用、2004年~2006年にかけてミュージカル「テニスの王子様」で手塚国光役を演じます。

2005年にドラマ「Pinkの遺伝子」でテレビドラマ初出演を果たし、2006年に映画「テニスの王子様」で知名度を上げました。

映像作品に起用されるようになり、2007年放送の「ハケンの品格」「生徒諸君」「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」など立て続けにレギュラー出演を果たしています。

注目が集まっている中で2008年放送のドラマ「ROOKIES」に新庄慶役を演じて、ブレイクしました。

俳優として成功し、加えて長身を生かしてモデル活動を始めたり、ミュージカルや舞台にも出演。

2011年に自身が主演を務めるドラマの主題歌を自身で作詞作曲し、アーティスト名「U」としてCDデビュー。

2019年に親友の山崎育三郎・尾上松也とユニット「IMY」を結成し、ニッポン放送で特別番組が放送されました。

2020年9月30日、ワタナベエンターテイメントとの専属契約を終了し、現在は独立して活動しています。

出身校・学歴

  • 東京都 小金井市立第一小学校 卒業
  • 東京都 小金井市立第二中学校 卒業
  • 堀越高校 トレイトコース 卒業

学校ではムードメーカー的存在で、中学校の学園祭では女装して慎吾ママの「慎吾ママのおはロック」を歌ったことがあります。

学生時代から世話好きな性格で、高校では学業と仕事の両立に苦労していた山下智久さんに勉強を教えたり、テスト勉強を一緒にしていました。

また小池徹平さんと仲がよく、高校3年生の文化祭では2人でデュオを組み、城田優が作った歌詞に小池徹平さんが曲を作って曲を披露しています。

兄弟や家族構成についてLINAは妹なの?

城田優は、両親と5人の兄弟の7人家族で、母親が4回結婚して4回離婚しているので父親は4人います。

実の父親・城田光男さんは放送作家で、オリンピックの取材に興味があった父親の「スペイン行っちゃえ」と言う一言で家族そろって海外に移住するほど、行動力のある父親でした。

母親はスペイン人のペピーフェルナンデスさんで、過去にタレントとして活動していて、日本でも番組に出演していました。

過去に4回の結婚と離婚を繰り返していて、それまでも壮絶な人生を歩んでいて自伝の本も出版しています。

長男・丹羽大さんは、政治家で2016年夏の参議院選に「おおさか維新の会」から出馬するなど政治活動をしています。

長女・丹羽マリアさんは、母親とスペイン料理店「VamosPepi」を経営、現在はクリエーターとして活動していて、古典の開催を行っています。

次男・城田純さんは、声優や歌手として活動をしていましたが、現在はクリエーターとして活動、ジュエリーブランドやアパレルブランドをプロデュース。

また原宿で「HARAJUKU YELLOW」というバーを経営していて、城田優も仕事仲間とお店を利用しています。

次女・吉村リナは、元Little Glee Monsterのメンバーでしたがデビュー前に脱退、現在は個人事務所でモデルなどの活動を続け、ガールズコレクションでは城田優と共演したこともあります。

父親は違いますが、兄弟仲が良く家族揃って食事を楽しんでいる姿をSNSで公開しています。

結婚して引退するの?

城田優は現在、結婚していませんが、2016年4月1日に「結婚することになりました」という投稿をしていて、ネットが混乱していました。

実際はエイプリルフールのネタで、事務所も結婚を否定しています。

過去、4人の女性と噂が出ています。

  • 安田美沙子さん
  • 西内まりやさん
  • 北川景子さん
  • 高畑充希さん

安田美沙子さんとは交際を認めていて、2007年公開の映画「荒くれKNIGHT」シリーズでの共演がきっかけで出会い、共演から1年半後に再会し、急接近しました。

最初は交際を否定していた二人でしたが、事務所と話し合い交際を認め、結婚直前とまで噂されます。

その後、安田美沙子さんが浮気しているという報道が出たことがきっかけで亀裂が入り、破局しています。

引退に関しては結婚が理由ではなく、ワタナベエンターテイメントとの契約が満了し、事務所を退所したことで芸能界を引退するのではないかという憶測が出たことがきっかけです。

三浦春馬との関係

城田優と三浦春馬さんは、仲のいい友人で「親友」という関係です。

二人はドラマ「サムライ・ハイスクール」で出会い、この作品での共演がきっかけで仲良くなりました。

「オトナ高校」で再共演し、カメラが回っていないところでも仲が良く、一緒にふざけている様子が公開されています。

米倉涼子との関係

城田優と米倉涼子さんは14年ほど交流があり、2021年公演の舞台「SHOW TIME」で舞台初共演・共同プロデュースしています。

城田優は米倉涼子さんのことを「姉さん」と慕っていて、米倉涼子さんは城田優のことを「みんなを支えて、みんなを引っ張る」と語りました。

城田優とアミューズの関係は?

城田優はアミューズ所属のタレントではありませんが、アミューズが主催するエンターテインメントショー・Act Against AIDS「THE VARIETY」(通称:AAA)に出演しています。

例年、アミューズ以外のタレントも出演していて、城田優も出演し歌を披露しました。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の評判

カムカムエヴリバディは、2021年11月から放送しているNHKの連続テレビ小説です。

3人のヒロインが時代を超えて常ぐストーリーで、時代時代に試練にぶちあたり、世間や流行に取り残されながら、恋や仕事・結婚に自分らしい生き方を不器用ながらも見出していきます。

ラジオ英語講座・あんこ・野球・ジャズ・時代劇を題材に書き下ろしたオリジナルストーリーです。

城田優は物語の語りを担当していて、日本語と英語を織り交ぜた語りという新たな試みに挑戦しています。

ファンや視聴者からは、

  • ビリーが城田優に育つ未来しか想像できひん
  • 城田さんの声を聴くために鑑賞してる
  • 優しくていい声

といったように、城田優の語りを楽しみにしているという高評価、本編に登場したビリーの大人になった姿を城田優が演じるのではないかという期待の声があがっています。

ROOKIES-卒業-の評判

ROOKIES-卒業-は2009年公開の映画で、2007年に放送されたドラマの完結編です。

高校野球を通して問題児たちに夢を持つことの大切さを教える熱血教師と、甲子園を目指して奮闘する生徒の成長と絆を描いた感動作です。

映画では癖のある新入生2人が加わりますが、なかなか一つにならず、挙句の果てに部員の怪我により夏の予選大会が絶望的になってしまいます。

予選大会が幕を開け、ニコガク野球部は甲子園に行くことができるのか、一心不乱に甲子園を目指す部員に胸が熱くなるストーリーです。

城田優は、喧嘩が強く安仁屋と並ぶ不良グループのツートップ的存在・新庄慶役を演じました。

寡黙で不器用ですが、本当は仲間思いの男という役柄です。

城田優の現在

城田優は、現在も数多くの作品に出演しています。

2021年には、

  • 【テレビドラマ】 TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 /エリオット・椿役
  • 【テレビドラマ】古見さんは、コミュ症です。/成瀬詩守斗 役
  • 【テレビドラマ】カムカムエヴリバディ /ナレーション
  • 【映画】くれなずめ /松岡 役
  • 【舞台】米倉涼子×城田優エンタテインメントショー「SHOWTIME」
  • 【舞台】IMYオリジナル舞台「あいまい劇場 其の壱『あくと』」

2022年には、

  • 【映画】コンフィデンスマンJP -英雄編- /ジェラール・ゴンザレス 役
  • 【舞台】ミュージカル「カーテンズ」/フランク・チョーフィ 役

に出演していて、役者として活躍し続けています。

城田優の出演番組

  • ドラマ(配信ドラマ含む)
  • 映画
  • 舞台
  • コンサート・ライブ
  • イベント
  • バラエティ
  • ネットシネマ
  • WEB番組
  • ラジオ
  • 吹き替え
  • ナレーション・他
  • CM
  • 広告
  • PV

 

ドラマ(配信ドラマ含む)

  • 文学処女(2018年、MBS/TBS) – 加賀屋朔 役
  • 今日から俺は!! 第1話・第10話(2018年、日本テレビ) – 月川 役
  • 私のおじさん〜WATAOJI〜(2019年、テレビ朝日) – 千葉迅 役
  • TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第7話・第9話 – 第11話(2021年、TBS) – エリオット・椿 役
  • 古見さんは、コミュ症です。第6話 – 第8話(2021年、NHK) – 成瀬詩守斗 役

 

映画

  • カツベン!(2019年、東映) – アルマン 役
  • 一度死んでみた(2020年、松竹 / フジテレビジョン) – 野畑製薬の警備員 役
  • 新解釈・三國志(2020年、東宝) – 呂布 役
  • くれなずめ(2021年、東京テアトル) – 松岡 役
  • コンフィデンスマンJP -英雄編-(2022年、東宝 / フジテレビジョン) – ジェラール・ゴンザレス 役

 

舞台

  • ミュージカル「ピピン」 – ピピン 役(2019年)
  • ミュージカル「NiNE」 – グイド 役(2020年)
  • 米倉涼子×城田優エンタテインメントショー「SHOWTIME」(2021年、東急シアターオーブ)
  • IMYオリジナル舞台「あいまい劇場 其の壱『あくと』」(2021年、EX THEATER ROPPONGI)
  • ミュージカル「カーテンズ」 – フランク・チョーフィ 役(2022年予定)

 

コンサート・ライブ

  • 「フランク・ワイルドホーンpresents Special Musical Concert in Japan 2019」(2019年)
  • 「LIVING ROOM CONCERT」番外編(2020年) – スペシャルゲスト出演
  • 「THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE」<Program A>(2020年、帝国劇場)
  • 「billboard classics PEANUTS 70th Anniversary SNOOPY Premium Symphonic Christmas Concert」(2020年、東京文化会館大ホール) – スペシャルゲスト出演
  • 「billboard classics SNOOPY Premium Symphonic Christmas Concert 2021」(2021年、愛知芸術劇場 大ホール) – ゲストボーカル出演

 

イベント

  • ディズニープリンセス展示会オープニングイベント(2021年、東京・渋谷マルイ)
  • Netflix『バイオハザード:インフィニットダークネス』配信記念イベント(2021年、Youtube)
  • 「ACTORS☆LEAGUE 2021」(2021年、東京ドーム)
  • 配信映画『インザハイツ』公開直前トークイベント(2021年、Youtube)
  • 『海宝直人のSmile Session ~出会いはタカラなり~』第6弾(2022年、イープラス「Streaming+」+事前収録配信) – ゲスト出演

 

バラエティ

  • DD-BOYS(2006年、テレビ朝日)
  • テッペンめざせ!BIG MOUTH!!(2009年、TBS)
  • 美男料理<イケメンCooking>(2012年、LaLa TV) – MC
  • メンズキッチン(2014年 – 2016年、LaLa TV) – MC
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」(2021年、WOWOWプライム):第49話以降- ゲスト出演

 

ネットシネマ

  • Hice cool!〜沖縄BOYS!2005〜(2005年 – 2005年、NETCINEMA.TV) – マコト 役
  • 少女には向かない職業(2006年、GyaO) – 達川良 役
  • SPECサーガ黎明篇 サトリの恋 第3話(2018年、Paravi) – 地居聖 役

 

WEB番組

  • シャドウハーツ・フロム・ザ・ニューワールド「WEBスペシャルキャンペーン」(2005年、アルゼ) – ジョニー・ガーランド 役
  • ゲストはいつも城田優 (MCときどきメンタリストDaiGo)[136](2018年) – ニコニコ生放送番組(全13回)

 

ラジオ

  • マーベラスレディオバイブレーション(2005年 – 2006年、文化放送)
  • 城田優のオールナイトニッポンR(2008年、ニッポン放送)
  • 城田優のオールナイトニッポン(2009年 – 2010年、ニッポン放送)
  • Global Music with U(2012年、InterFM)(全13回)
  • 『2分の1の魔法』公開記念 志尊淳と城田優の全力応援ラジオ(2020年、ニッポン放送)

 

吹き替え

  • IRIS-アイリス-(2010年、TBS) – チン・サウ(演:チョン・ジュノ) 役
  • シンデレラ(2015年) – キット王子(演:リチャード・マッデン) 役
  • 2分の1の魔法(2020年) – バーリー・ライトフット(声:クリス・プラット) 役

 

ナレーション・他

  • 日本・オーストリア外交樹立150周年記念『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』(2019年、大阪中之島・国立国際美術館)
  • 第15回「VOGUE JAPAN Women of the Year」(2019年)
  • 明日へ つなげよう「岐路に立つ災害ボランティア~“市民の善意”からの脱却~」(2020年、NHK)
  • 展示会「WHAT IS LOVE?~輝くヒミツは、プリンセスの世界に。~」(2021年-2022年)
  • 第1回「STAFF OF THE YEAR」最終審査(2021年)

 

CM

  • タマホーム「ハーモニー篇」(2021年)
  • Qvou のむシリカ「城田優」篇 (2021年)
  • サントリー ジムビーム「仕事は終わり篇」(2021年) – WEBCM
  • スクウェア・エニックス ドラゴンクエストタクト(2022年)
  • Sky SKYPCE「Skyが変える名刺の未来」篇(2022年)

 

広告

  • ヨウジヤマモト「YOHJI YAMAMOTO HOMME 2018SS PARIS COLLECTION」
  • ヨウジヤマモト「BLACK Scandal Yohji Yamamoto 2020-21AW Collection」(2020年) – カタログビジュアルモデル
  • 東京消防庁「令和2年 秋の火災予防運動」ポスターモデル(2020年) – ポスターモデル
  • マイケル・コース ジャパン「Michael Kors」2020 Holiday Catalog Model(2020年)

 

PV

  • MISIA「IN MY SOUL」
  • 星村麻衣「Stay With You」
  • RAG FAIR「君のために僕が盾になろう」

受賞歴

  • 2010年:第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞(ミュージカル「エリザベート」トート役)
  • 2015年:第6回岩谷時子賞・奨励賞
  • 2016年:第23回読売演劇大賞・優秀男優賞(ミュージカル「エリザベート」トート役)
  • 2016年:WOWOW「勝手に演劇大賞2015」・男優賞(ミュージカル「エリザベート」トート役)
  • 2018年:第43回菊田一夫演劇賞(ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」チーチ役)
  • 2021年:第28回読売演劇大賞・優秀男優賞(ミュージカル「NiNE」グイド役)

俳優・城田優についてまとめました。

クールな役柄が多いですが、実際は明るく楽しい性格で友人のこともたくさん楽しませています。

下積み時が長く苦労してきましたが、今では様々なジャンルで活躍をしているので、今後の活躍にも期待しましょう。