永山瑛太が改名した理由は?子供や父親についても調べてみた

  • 永山瑛太は1982年12月13日生まれ
  • 妻は歌手の木村カエラさん
  • 現在は俳優の他にフォトグラファーとしても活躍している

永山瑛太のプロフィール

名前 永山瑛太 (ながやまえいた)
職業
所属事務所
誕生日 1982年12月13日
年齢 39歳
身長 179cm
血液型 B型
出身地 東京
外部リンク

 

性格

  • 家族想い
  • 男らしい
  • 人見知り
  • 地方で仕事があり、家に帰れない時はお子さんと電話で話をしているというエピソードがあります。

    木村カエラさんと交際していた時に、週刊誌の記者が2人の写真を撮りに来た際、瑛太さんはカエラさんの手を繋いだまま2人の関係をごまかさず堂々としていたと言われています。

    瑛太さんご自身の自己分析で「かなりの人見知り」と語っていました。

 

特技

  • オセロ
  • サッカー
  • 映画で、瑛太さんと共演した俳優さんが「一度も瑛太さんにオセロで勝てなかった」と語っていたほど、瑛太さんはオセロが強かったと言われています。

    オセロの強さの秘密は、オセロの名手である中島八段に特訓を受けたからと言われています。

    中学生の時にサッカーで注目され、高校はスポーツ推薦で入学するほどの実力だったと言われています。

趣味

  • 写真
  • 登山

現在フォトグラファーとしての活動もあり、女性ファッション誌『GINZA』で連載ページを持っています。

また、女優の広瀬すずさんにオフィシャルカレンダーのカメラマンに指名されるほどの腕を持っています。

瑛太さんは、サバイバル登山家の服部文祥さんと共に八ヶ岳に登るほど本格的に登山活動をされています。

また、家族でハイキングをしているとも話しています。

改名について

瑛太さんは、モデルデビュー当時は「EITA」として活動していました。

俳優デビュー後に「瑛太」として活動しますが、2020年から本名の「永山瑛太」として活躍しています。

「瑛太」から「永山瑛太」に改名した理由は、兄弟(兄・永山竜弥さん、弟・永山絢斗さん)が本名で活動している事が影響しており、令和という元号が変わったタイミングで改名したと言われています。

デビューのきっかけ

中学生の時に原宿でスカウトされたのをきっかけに高校生でモデル活動を始めました。

高校卒業後は俳優として本格的に活動していきます。

永山瑛太の生い立ちや経歴

永山瑛太さんは、1982年12月13日生まれで東京都出身です。

生まれは新潟県ですが、瑛太さんが生まれてすぐに一家で東京に移住します。

地元では仲良し親子で有名だったと言われています。

中学生の時にスカウトされ高校生から芸能活動を開始しています。

出身校・学歴

  • 板橋区立蓮根第二小学校
  • 板橋区立志村第三中学校
  • 保善高校
  • 小学生の時は、運動神経が良く地元のサッカークラブに6年間所属していました。

    中学生になってから音楽にハマり、路上で長渕剛さんの歌をギターで歌っていたというエピソードがあります。

    小学生からやっていたサッカーを、中学生になってもサッカー部に所属して続けており、都大会では最優秀選手賞に選出されています。

    サッカーの実力が認められ、スポーツの強豪校の保善高校にスポーツ推薦で入学しサッカー部に入部しますが、途中でサッカー部を退部してしまします。

    高校生になってからモデル活動をしていましたが、その頃から学校をサボりがちになりサッカーへの熱意も失われていきます。

    インタビューで、とあるプロデューサーに「高校を卒業できないようでは芸能界でもやっていけない」と注意をされ生活態度を改め、高校を卒業する事が出来たと語っています。

父や弟など家族構成について

瑛太さんの実家の家族構成は、父・母・兄・弟の5人家族で三人兄弟の真ん中でした。

父親は、東京都板橋区で焼き肉店を経営していましたが、開店当初は評判が良く繁盛していましたが段々と経営が厳しくなり、持病と経営不振を苦に自殺してしまいます。

瑛太さんとお父さんは、非常に仲が良く一緒に居酒屋に行くところを地元の人がよく見ていたと言われています。

三男の絢斗さんの高校卒業後に両親は離婚し親権は父親となります。

母親は離婚後も、瑛太さんとメールでやり取りしたり、瑛太さんの父親の葬儀に参列するなど関係は悪くはなかったと言われています。

木村カエラと結婚して子どもはいる?


瑛太さんの妻は、歌手の木村カエラさんです。

2人の間には子供が2人います。

2009年に2人の共通の知人を通じた食事会で、意気投合したのをきっかけに交際が始まったと言われています。

交際当時はカエラさんの方が積極的にアプローチし、事務所に「結婚させてくれないなら仕事をしない」と言い放ったというエピソードがあります。

翌年の2010年に結婚します。

カメラの実力

女性ファッション誌の「GINZA」の人気連載で、瑛太さんは自らキャスティングやロケハン、撮影まで担当しています。

俳優・ミュージシャン・格闘家・写真家など様々な分野で活躍する著名人を撮影しています。

「GINZA」で収録した写真をまとめた写真集「永山瑛太、写真」が一冊の本になっています。

インスタライブについて

基本的には、瑛太さんがパジャマを着たままひたすら質問を読み上げるだけという緩い感じの内容です。

妻のカエラさんと一緒に弾き語りをした時もあったり、お子さんが登場したりと家族も参加する時もあります。

ファンの反応は、ファンでなければ退屈と思われてしまうと言われています。

他の芸能人とのコラボも期待されています。

筋肉がすごい!

ファンからは、「またあの筋肉美が見れるかな?」など瑛太さんの筋肉を楽しみにドラマを観ている人も多いようです。

また、昨年放送されていたドラマ「リコカツ」で演じている自衛隊員の役にピッタリと好評でした。

リコカツの評判

リコカツは2021年4月からTBSで放送されたテレビドラマです。

出版社勤務の女性編集者と自衛隊勤務の男性が、運命の出会いにより交際期間0日で結婚しますが、価値観の違いで激しいバトルを繰り広げます。

2人は別れてしまうのか?それともお互いを認め合い離婚を踏みとどまるのか?

涙あり笑いありの離婚エンターテインメントとなっております。

瑛太さんは、主人公の女性編集者のパートナーの自衛官役で出演されています。

航空自衛隊の航空救難団のエースで純粋でマジメすぎるアツい男という役どころです。

ファンや視聴者からは、

  • 瑛太のやり過ぎなキャラが面白い
  • 声やしゃべり方が面白い
  • キャラが古臭くて違和感あるけど、だんだんクセになる

といったように、コミカルな演技が視聴者の間では好評でした。

永山瑛太の出演番組

  • ドラマ(配信ドラマ含む)
  • 映画
  • 吹き替え
  • 舞台
  • ドキュメンタリー
  • ナレーション
  • DVDドラマ
  • ミュージックビデオ
  • CM

 

ドラマ(配信ドラマ含む)

  • さよなら、小津先生(2001年10月9日 – 12月18日、フジテレビ) – 三上剛 役
  • ランチの女王(2002年7月1日 – 9月16日、フジテレビ) – 酒井昴 役
  • 私立探偵 濱マイク 第8話(2002年8月19日、読売テレビ/日本テレビ) – 来栖千尋 役
  • リモート 第3 – 4話(2002年10月26日 – 11月2日、日本テレビ) – 沢村圭輔 役
  • いつもふたりで(2003年1月6日 – 3月17日、フジテレビ) – 森永孝平 役
  • きみはペット(2003年4月16日 – 6月18日、TBS) – 堀部順平 役
  • 男湯(2003年5月3日、フジテレビ) – 主演・小池永一 役
  • 男湯2(2003年11月8日)
  • WATER BOYS(2003年7月1日 – 9月9日、フジテレビ) – 田中昌俊 役
  • WATER BOYS 2005夏(2005年8月19日 – 20日) – 主演・田中昌俊 役
  • 初恋.com 第1・4話(2003年12月22日・25日、日本テレビ) – 水島浩平 役
  • はたち〜1983年に生まれて〜(2004年1月10日、フジテレビ) – 中島大輔 役
  • オレンジデイズ(2004年4月11日 – 6月20日、TBS) – 矢嶋啓太 役
  • めだか(2004年10月5日 – 12月14日、フジテレビ) – 桜木拓 役
  • みんな昔は子供だった(2005年1月11日 – 3月22日、関西テレビ/フジテレビ) – 佐上柾 役
  • アンフェア(2006年1月10日 – 3月21日、関西テレビ/フジテレビ) – 安藤一之 役
  • アンフェア the special コード・ブレーキング〜暗号解読(2006年10月3日)
  • サプリ(2006年7月10日 – 9月18日、フジテレビ) – 荻原智 役
  • のだめカンタービレ(2006年10月16日 – 12月25日、フジテレビ) – 峰龍太郎 役
  • のだめカンタービレ in ヨーロッパ Special Lesson 1 – 2(2008年1月4日 – 5日)
  • 篤姫(2008年1月6日 – 12月14日、NHK) – 肝付尚五郎(小松帯刀) 役
  • 西郷どん(2018年1月7日 – 12月16日、NHK) – 大久保利通 役
  • ロス:タイム:ライフ 第1節 「カメラマン編」(2008年2月2日、フジテレビ) – 主演・中山春彦 役
  • 東京大空襲(2008年3月17日 – 18日、日本テレビ) – 朴順仁 役
  • ラスト・フレンズ(2008年4月10日 – 6月19日、フジテレビ) – 水島タケル 役
  • ヴォイス〜命なき者の声〜(2009年1月12日 – 3月23日、フジテレビ) – 主演・加地大己 役
  • 素直になれなくて(2010年4月15日 – 6月24日、フジテレビ) – 主演・中島圭介(ナカジ) 役
  • それでも、生きてゆく(2011年7月7日 – 9月15日、フジテレビ) – 主演・深見洋貴 役
  • ラッキーセブン(2012年1月16日 – 3月19日、フジテレビ) – 新田輝 役
  • ラッキーセブンスペシャル(2013年1月3日)
  • 最高の離婚(2013年1月10日 – 3月21日、フジテレビ) – 主演・濱崎光生 役
  • 最高の離婚 Special2014(2014年2月8日)
  • まほろ駅前番外地(2013年1月11日 – 3月29日、テレビ東京) – 主演・多田啓介 役
  • 極北ラプソディ(2013年3月19日 – 20日、NHK) – 主演・今中良夫 役
  • 黒い福音〜国際線スチュワーデス殺人事件〜(2014年1月19日、テレビ朝日) – 市村由孝 役
  • 若者たち2014(2014年7月9日 – 9月24日、フジテレビ) – 佐藤暁 役
  • プレミアムドラマ「私は父が嫌いです」(2015年3月29日、NHK BSプレミアム) – 主演・吉田秀一 / 秀一の父・吉田寛治 役
  • 2030 かなたの家族 (2015年9月26日、NHK) - 主演・板倉掛 役
  • ハロー張りネズミ(2017年7月14日 – 9月15日、TBS) – 主演・七瀬五郎 役
  • anone(2018年1月10日 – 3月21日、日本テレビ) – 中世古理市 役
  • あしたの家族(2020年1月5日、TBS) – 兵藤幸太郎 役
  • Living 第2話(2020年5月30日、NHK総合) – ハク 役
  • 正月時代劇(NHK総合・NHK BS4K)
  • ライジング若冲 天才 かく覚醒せり(2021年1月2日) – 主演・大典顕常 役
  • 幕末相棒伝(2022年1月3日) – 主演・坂本龍馬 役
  • アクターズ・ショート・フィルム「in-side-out」(2021年1月23日、WOWOWプライム) – 主演
  • アクターズ・ショート・フィルム2「ありがとう」(2022年2月6日放送予定、WOWOWプライム) – 監督・脚本・出演
  • リコカツ(2021年4月16日 – 6月18日、TBS) – 緒原紘一 役
  • オリバーな犬、 (Gosh!!) このヤロウ(2021年9月17日 – 10月1日、NHK総合) – 宗手 役
  • ミステリと言う勿れ 第1話 – 第3話(2022年1月10日 – 24日、フジテレビ) – 熊田翔(犬堂我路)役
  • 風よ あらしよ(2022年、NHK BS4K・BSプレミアム)- 大杉栄 役

 

映画

  • 青い春(2002年6月29日、ゼアリズエンタープライズ) – オバケ 役
  • あずみ(2003年5月10日、東宝) – ひえい 役
  • ナイン・ソウルズ(2003年7月19日、東北新社 / リトルモア) – 金子ノボル 役
  • オモヒノタマ〜念珠 「参ノ珠 オレオレ」(2004年5月8日、衛星劇場) – 夏山祐樹 役
  • 電車男(2005年6月4日、東宝) – ひろふみ 役
  • Believer ビリーバー(2004年6月12日、SUPLEX) – テル 役
  • サマータイムマシン・ブルース(2005年9月3日、ショウゲート) – 主演・甲本拓馬 役
  • 空中庭園(2005年10月8日、アスミック・エース / リトル・モア) – テヅカ 役
  • 好きだ、(2006年2月25日、ビターズ・エンド) – ヨースケ 役
  • 嫌われ松子の一生(2006年5月27日、東宝) – 川尻笙 役
  • 東京フレンズ The Movie(2006年8月12日、松竹) – 新谷隆司 役
  • どろろ(2007年1月27日、東宝) – 多宝丸 役
  • となり町戦争(2007年2月10日、角川映画) – 香西智希 役
  • アヒルと鴨のコインロッカー(2007年6月23日、ザナドゥー) – 主演・河崎 役
  • 銀色のシーズン(2008年1月12日、東宝) – 主演・城山銀 役
  • 余命1ヶ月の花嫁(2009年5月9日、東宝) – 主演・赤須太郎 役
  • ガマの油(2009年6月6日、ファントム・フィルム) – 矢沢拓也 役
  • ディア・ドクター(2009年6月27日、エンジンフィルム / アスミック・エース) – 相馬啓介 役
  • なくもんか(2009年11月14日、東宝) – 下井草祐介 役
  • のだめカンタービレ 最終楽章(東宝) – 峰龍太郎 役
  • 前編(2009年12月19日)
  • 後編(2010年4月17日)
  • まほろ駅前多田便利軒(2011年4月23日、アスミック・エース) – 主演・多田啓介 役
  • まほろ駅前狂騒曲(2014年10月18日、東京テアトル / リトルモア)
  • 大鹿村騒動記(2011年7月16日、東映) – 柴山寛治(郵便局員:黒衣) 役
  • 一命(2011年10月15日、松竹) – 主演・千々岩求女 役
  • ワイルド7(2011年12月21日、ワーナー・ブラザース映画) – 主演・飛葉大陸 役
  • 僕達急行 A列車で行こう(2012年3月24日、東映) – 主演・小玉健太 役
  • モンスターズクラブ(2012年4月21日、ファントム・フィルム) – 主演・垣内良一 役
  • 64 -ロクヨン- 前編・後編(2016年5月7日・6月11日、東宝) – 秋川 役
  • 殿、利息でござる!(2016年5月14日、松竹) – 菅原屋篤平治 役
  • 土竜の唄 香港狂騒曲(2016年12月23日、東宝) – 兜真矢 役
  • リングサイド・ストーリー(2017年10月14日、マンシーズエンターテイメント×彩プロ) – 主演・村上ヒデオ 役
  • ミックス。(2017年10月21日、東宝) – 主演・萩原久 役
  • 光(2017年11月25日、ファントム・フィルム) – 輔 役
  • 友罪(2018年5月25日、ギャガ) – 主演・鈴木秀人 役
  • 太陽の家(2020年1月17日、楽映舎)- 河井高史役
  • HOKUSAI(2021年5月28日、S・D・P) – 柳亭種彦 役
  • 護られなかった者たちへ(2021年10月1日、松竹) – 南雲忠勝 役

 

吹き替え

  • プレーンズ(2013年12月21日、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン) – 主演・ダスティー・クロップホッパー 役(デイン・クック)
  • プレーンズ2/ファイアー&レスキュー(2014年7月19日)

 

舞台

  • 怪談 牡丹燈籠(2009年8月6日 – 31日、シアターコクーン) – 荻原新三郎 役
  • 東京月光魔曲(2009年12月15日 – 2010年1月10日、シアターコクーン) – 主演・針生薫 / 兵士 役
  • ガラスの動物園(2012年3月10日 – 4月3日、シアターコクーン) – トム・ウィングフィールド 役
  • NODA・MAP 第18回公演 MIWA(2013年10月4日 – 12月8日、東京芸術劇場ほか、東京 / 大阪 /北九州) – 赤絃繋一郎 役
  • ロンサム・ウェスト(2014年5月3日 – 6月1日、新国立劇場小劇場THE PIT) – ヴァレン 役
  • NODA・MAP 第20回公演 逆鱗(2016年1月29日 – 4月3日、東京芸術劇場ほか、東京 / 大阪 /北九州) – モガリ・サマヨウ 役
  • 大パルコ人3 ステキロックオペラ サンバイザー兄弟(2016年11月13日 – 2016年12月4日、サンシャイン劇場ほか、東京 / 大阪 / 仙台) – 主演・小鯖光 役

 

ドキュメンタリー

  • 瑛太が挑む 世界最長の大河 ナイル〜幻の源流を求めて 13,000kmの大紀行〜(BSジャパン)
  • 第1弾「河口エジプトを発し、スーダンからエチオピア高原までの旅」(2012年8月11日)
  • 第2弾「ナイル〜エチオピア高原縦断の旅 青ナイル 幻の源流へ」(2013年1月12日)
  • 第3弾「ナイル〜ケニア 人類発祥の地・大地溝帯にナイルの源流を求めて」(2013年3月9日)
  • 第4弾「ナイル〜最初の一滴 ヴィクトリア湖の源流を求めて」(2013年5月11日)

 

ナレーション

  • ノンフィクションW ノバク・ジョコビッチの覚醒 テニス新王者驚異の一年(2011年9月26日、WOWOW)
  • 旋律よ“殿堂”に響け〜ピアニスト辻井伸行 自作曲に挑む〜(2011年12月30日、NHK)
  • NHKスペシャル 世界遺産 富士山〜水めぐる神秘〜(2013年6月30日、NHK)
  • ザ・ノンフィクション リアル若者たち2014(2014年8月17日、フジテレビ)
  • 東北Z まちのうた(2014年11月7日、NHK仙台)
  • リーガ・エスパニョーラに挑んだ七人目のサムライ〜日本人FW ハーフナー・マイク〜(2015年1月1日、WOWOW)

 

DVDドラマ

  • 東京フレンズ(2005年6月3日発売、フジテレビ / エイベックス・エンタテインメント) – 新谷隆司 役

 

ミュージックビデオ

  • 松たか子 「Clover」(2002年6月26日)
  • 岩瀬敬吾 「くり返すは口ぐせと罪悪感」(2002年10月23日)
  • TOKYO MOOD PUNKS 「ジェイミー」(2008年4月16日)
  • 桑田佳祐 「Yin Yang」(2013年3月13日)

 

CM

  • 任天堂 ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(2000年4月 – )
  • 日本コカ・コーラ コカ・コーラ(2001年5月 – ) – 津田 役
  • プロミス(2003年4月 – )
  • Canon EOSデジタル(2004年3月 – ) – 海写真のタク 役
  • カルビー 夏ポテト(2004年6月 – )
  • 明治製菓 アーモンドチョコレート(2005年2月 – )
  • アサヒ若武者(2006年1月 – )
  • アサヒ 若武者 濃旨(2006年4月 – )
  • 講談社 KING創刊(2006年9月 – )
  • 日本民間放送連盟(2006年12月 – )
  • NTT docomo DoCoMo2.0(2007年5月 – )
  • docomo PRIME series F-09A(2009年5月 – )
  • docomo STYLE series F-08A(2009年6月 – )
  • docomo PRIME series F-01B(2009年11月 – )
  • docomo STYLE series F-02B(2009年11月 – )
  • docomo SMART series F-03B(2009年12月 – )
  • docomo STYLE series F-07B(2010年5月 – )
  • docomo PRIME series F-06B(2010年5月 – )
  • docomo PRIME series F-01C(2010年11月 – )
  • docomo SMART series F-03C(2010年11月 – )
  • カロリーメイト(2007年4月 – )
  • SOYJOY
  • ピーナッツ(2013年5月 – )
  • アーモンド&チョコレート(2014年5月 –
  • 江崎グリコ オトナグリコ(2008年9月10日 – ) – フグ田タラオ(25年後) 役
  • Smooth(2008年9月 – )
  • キリンフリー(2009年4月 – )
  • 淡麗グリーンラベル(2017年4月 – )
  • 三菱UFJニコス MUFGカード(2009年7月 – )
  • UNO FOGBAR(2009年8月 – )
  • 企業 「化粧のちから」(2012年4月 – ) – ナレーション
  • UNO ホイップウォッシュ(2013年3月 – )
  • 503ZERO(2010年9月 – )
  • 503(2014年12月 – )
  • Jerseys(2015年3月 – )
  • エドウイン COOL(2016年)
  • ダイハツ工業 第3のエコカー(2011年8月 – )
  • Sony Computer Entertainment PlayStation Vita(2011年11月 – )
  • SQUARE ENIX×mobage FINAL FANTASY BRIGADE(2012年6月 – )
  • ガンダムカードコレクション(2012年9月 – )
  • 戦国コレクション(2012年11月 – )
  • 大戦乱!!三国志バトル(2012年12月 – )
  • ガンダムゲーム祭(2013年4月 – )
  • 三菱地所レジデンス ザ・パークハウス晴海タワーズ(2013年4月 – )
  • NTT東日本 FLET’S光 「モンスターズ・シェアハウス」(2013年6月 – ) – ドラキュラ 役
  • TOYOTA VOXY(2014年1月 – )
  • VOXYカタログ:2014年1月版・2015年4月版・2016年1月版・2016年4月版
  • 2015年ブランドCM「あなたの競馬が走り出す。(2015年1月 – )
  • 2015年GIレース告知CM「高松宮記念編」他
  • 2016年ブランドCM「あなたの競馬が走り出す。(2016年1月 – )
  • 2016年GIレース告知CM「フェブラリーステークス編」他
  • 住友生命「1UP」(2015年 – )「住友生命vitality 」(2018年-) – 上田一 役
  • 196℃ザ・まるごとレモン(2021年 – )
  • 雪国まいたけ (2021年9月 – )
  • 洋服の青山 AOYAMANIA
  • 「AOYAMANIA 登場」篇、「コントロールアルファ」篇(2021年10月 – ) – 松本穂香と共演
  • 「フレッシャーズメンズ お母さん」篇(2022年1月 – ) – 松本穂香、藤原大祐と共演
  • 「フレッシャーズレディス ポーズ」篇(2022年1月 – ) – 松本穂香、莉子と共演
  • 「安心おまとめセット マニアの弱点」篇(2022年1月 – ) – 松本穂香と共演

受賞歴

  • 第22回高崎映画祭 最優秀主演男優賞(『アヒルと鴨のコインロッカー』)
  • 第5回TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー 最優秀助演男優賞(『篤姫』『ラスト・フレンズ』)
  • 2009年エランドール賞 新人賞(『篤姫』『ラスト・フレンズ』)
  • 第17回橋田賞 新人賞(『ラスト・フレンズ』)
  • 第34回報知映画賞 助演男優賞(『余命1ヶ月の花嫁』『ガマの油』『ディア・ドクター』『なくもんか』)
  • 第52回ブルーリボン賞 助演男優賞(『ディア・ドクター』『ガマの油』『なくもんか』『のだめカンタービレ最終楽章 前編』)
  • 第33回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(『ディア・ドクター』)
  • 第70回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『それでも、生きてゆく』)
  • 第33回ヨコハマ映画祭 主演男優賞(『まほろ駅前多田便利軒』)
  • 第72回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『ラッキーセブン』)
  • 全日本シーエム放送連盟 2012 52nd ACC CM FESTIVAL タレント賞(『ダイハツ工業 日本のどこかでシリーズ』)
  • 第76回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『最高の離婚』)
  • 第39回放送文化基金賞 演技賞(『最高の離婚』)
  • 東京ドラマアウォード2013 主演男優賞(『最高の離婚』)
  • 全日本シーエム放送連盟 2016 56th ACC CM FESTIVAL 演技賞(『住友生命保険 1UPシリーズ』)
  • 第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞 (『リコカツ』)

瑛太さんは、学生時代サッカーに打ち込みスポーツの強豪校に推薦入学するほどの実力でした。

しかし、芸能活動に注力するにつれサッカーと離れてしまいます。

その分、高校卒業後に俳優活動を本格的に開始し様々なドラマや映画で活躍するようになります。

父親を亡くすという悲しい出来事が起きますが、自身は結婚し二人の子供にも恵まれます。

現在は俳優のほかに、フォトグラファーとしても活躍しています。

今後は瑛太さんの活動の幅の広さにも注目していきたいですね!