水谷豊さんの結婚した嫁や娘について!自宅が豪邸すぎてヤバい

  • 水谷豊さんは1952年7月14日生まれ
  • 大学受験に失敗し、2ヶ月ほど家出をして近所の公園の滑り台の上で野宿した経験がある
  • 妻は女優の伊藤蘭、娘も女優という芸能一家

水谷豊のプロフィール

https://www.instagram.com/p/CZ0C54WBc8m/

名前 水谷豊 (みずたにゆたか)
職業
所属事務所
誕生日 1952年7月14日
年齢 69歳
身長 168cm
血液型 A型
出身地 北海道

 

性格

  • 演技に妥協しない
  • 礼儀に厳しい
  • 短気
  • 人を笑わせるのが好き
  • ユーモアがあり面白い

礼節を守らないことには厳しく、演技に対しても妥協を許さない性格から潔癖症で厳格のイメージがある水谷さんですが、ユーモアがあり、ノリツッコミをするなどお茶目な一面があります。

中華料理屋さんに行ってテーブルにポットがあると、「やろか?」といって紅茶をいれるシーンを見せようするなど、面白いことが大好きということです。

 

特技

  • ピアノ
  • 遠いゴミ箱にゴミを投げ入れる

「赤い激流」でピアニスト役を演じた際、35万円でピアノを購入しました。

初心者だった水谷さんですが、猛練習し4日目にはエリーゼのためにを1曲弾けるようになりました。

「赤い激流」では「英雄ポロネーズ」を弾き、「相棒」の「殺しのピアノ」で再び同じ曲を演じて話題になりました。

また、遠いゴミ箱にゴミを入れる特技ですが、共演経験がある反町隆史さんによると、その距離で入ると言う距離でも毎回入れていたと言います。

家でも普段から投げていれているようで制球力が高いことがわかります。

https://twitter.com/moamanlove704/status/1100821212307976192

https://twitter.com/solaironoki/status/1280114657445982214

趣味

  • ギター
  • ピアノ
  • 野球
  • ゴルフ
  • 手品

ギターやピアノは、ドラマでも披露しています。

仕事やドラマがきっかけで始めていますが、趣味になるほど上達していると言うことで努力家なんですね。

本名やデビューのきっかけ

水谷さんは、幼い頃にテレビを見て「いつかこの小さな箱に入ってやる」と考えていて、その夢を叶えるべく1965年13歳のときに劇団ひまわりへ入団します。

1968年にフジテレビの『バンパイヤ』のオーディションを受けてデビューと同時に主役に抜擢されました。

第一話では原作者・手塚治虫さんとの共演を果たしています。

水谷豊の生い立ちや経歴

水谷さんは1952年7月14日生まれの、北海道出身です。

四人兄弟の末っ子として生まれます。

炭鉱街を炭鉱技師の父親の転勤により、北海道芦別市野花南、小平町達布などを転々とし、最終的に東京都立川市で育っています。

幼い頃にテレビに映る有名人を見て「いつか自分もこの小さな箱の中に入ってやる」と考えており、幼少期から役者の世界に憧れを持っていました。

ただ、途中から相撲の世界に魅了され、いつしか役者から力士へと夢は変わっていきました。

それから時は流れ、13歳の時に演劇に興味を持って、劇団ひまわりに入団。

3年後には俳優としてデビューした作品で主役に抜擢されました。

高校入学後に自分にもっと合った世界があると思い、大学受験も考えていた為一度芝居を辞めます。

その後、東京商船大学受験に失敗し、浪人生活を経験しています。

浪人中は2ヶ月ほど家出をした経験があり、寝る場所に困ったときは家の近所の公園の滑り台の上で野宿していたという話もあります。

その後、中学時代から知己のプロデューサーから誘われ、アルバイト感覚で役者の世界に戻っています。

出身校・学歴

  • 立川市立第四小学校
  • 立川市立第一中学校
  • 大成高等学校

小学校2年生の時、北海道から東京に引っ越して父親に初めてまともに会いました。

リトルリーグで野球をやっていて、大会で優勝したこともありますが、小学校6年生の時は家になかなか帰らずに街をうろつく不良だったそうです。

中学時代は、陸上部に所属しオリンピック出場を夢見るほど打ち込んでいます。

高校時代は、バスケットボール部に所属しています。

そして高3の時、父親が働いていた会社が倒産しています。

高校卒業直後の5月に発作的に家出して約2ヵ月放浪生活では、通りすがりのおじさんの家に泊めて貰ったこともありました。

その後は、高尾山で野宿や山中湖の土産物屋でアルバイトをしています。

息子がいるって本当?

息子がいると言う噂がありますが、水谷さんのお子さんは娘さんだけです。

ドラマで息子さんがいる役をしていたので、混ざってしまい、このような話が出てきたのでしょう。

水谷豊の前妻はどんな人?

水谷さんの前菜は、元ハリウッド女優のミッキー・マッケンジーさんです。

1979年に「熱中時代(刑事編)」で共演し、1982年に結婚しました。

結婚の半年後から日本とアメリカの別居生活になっており、不仲説なども囁かれていました。

そしてその後1986年に離婚が成立しています。

再婚した妻と娘について

水谷さんは女優の伊藤蘭さんと1989年に再婚しました。

2人は1982年に放送されていたドラマ「あんちゃん」で共演しています。

共演した当初から気が合い、翌年に放送されたドラマ「事件記者チャボ!」では、水谷さんが伊藤さんを指名して共演。

この頃から伊藤さんとの熱愛が囁かれています。

そして、1986年前妻のミッキー・マッケンジーさんとの離婚後から半同棲を開始、3年後の1989年に結婚しています。

2人の間には長女の趣里さんがおり、趣里さんも両親と同じく役者として活動しており、まさに芸能一家ですね。

自作キャラで長女に物語を作ったり、ふたりで表参道に買物に行くほど長女と仲が良いです。

また、妻を「蘭さん」と呼び、一緒に散歩したり映画館でポップコーンを食べながら映画を観ています。

毎晩寝る前に夫婦で話をしていて、夫婦喧嘩をした事がないと言います。

家族三人仲が良く素敵なご家庭ですね。

家が豪邸すぎると話題に

水谷さんの住まいについてまとめてみました。

世田谷区に約110坪の広大な土地と西洋風建築の豪邸を購入しています。

水谷さん自身も家の設計に関わり、浴室が2つあったそうです。

しかし、2008年頃に豪邸を売り、同じ世田谷区の賃料が月100万円を超える超高級マンションに引っ越しています。

趣里さんが独り暮らしを始めたことで、夫妻だけには少し広すぎたのかもしれませんね。

若い頃がイケメンすぎる

水谷さんの若い頃に対する視聴者の意見をまとめてみました。

https://twitter.com/okpon0711/status/1288437798999998470

相棒でのイメージが強い水谷さんですが、今後の作品や出演が楽しみですね。