片岡愛之助の結婚した嫁や子供について!自宅と愛車のベンツがヤバい!

  • 片岡愛之助は1972年3月4日生まれ
  • 2018年、歌舞伎版『NARUTO -ナルト-』にて、うちはマダラ役として出演
  • 2013年・2020年、テレビドラマ『半沢直樹』にて、おネエ口調のエリート官僚黒埼俊一役で出演し、話題となる

片岡愛之助のプロフィール

名前 片岡愛之助 (かたおかあいのすけ)
職業
所属事務所
誕生日 1972年3月4日
年齢 50歳
身長 172cm
血液型 B型
出身地 大阪
外部リンク

 

性格

  • 歌舞伎愛がスゴイ
  • 真面目
  • 穏やか

2013年7月7日から9月22日に第1シリーズ、2020年7月19日から9月27日に第2シリーズと、TBSで放送された人気ドラマ『半沢直樹』で、「オネエ口調」を使い、怒ると男性の股間を掴むというインパクトを見せた国税局エリート・黒崎駿一役で出演し、そのキャラが話題になった片岡愛之助さん。

その人気振りは、視聴者だけでなく、原作者の池井戸潤さんからも好評されていました。

ドラマ版『半沢直樹』のキャラの中では、「片岡愛之助さんが演じた黒崎駿一」が好きと語り、執筆中だった『半沢直樹 4 銀翼のイカロス』では、急遽「黒崎駿一」を登場させたと、2013年8月31日に掲載された『日刊スポーツ』で明かされています。

片岡愛之助さんも、親友の十一代目市川海老蔵さんに薦められて始めたブログの書き込みや道行く人などに、「オカマの人」や「黒崎」と呼ばれることが多くなり、ドラマの影響の大きさに驚いたと、語っています。

そんな片岡愛之助さんですが、「だまされたと思って、歌舞伎を見に来てほしい。絶対、倍返しの面白い舞台をお見せしますよ。」

と、記事の最後では締めくくっており、「歌舞伎」に対する想いの強さを見せていました。

「歌舞伎」は、日本固有の演劇で、2005年にユネスコから傑作宣言を受け、2009年9月には、無形文化遺産の代表一覧表に記載されるなど、世界からも認められる日本人が誇るべき「伝統芸能」です。

片岡愛之助さんは「歌舞伎」の魅力について以下のように語っています。

「歌舞伎は様式美と言われ、決められた形や構成しかないと思われがちですが、一つ一つの『型』に意味があり、その『型』は先人達によって研磨されて、今日まで伝わっていきます。そして『型』は、古来から変わらない日本人の『心』へと伝えていく-その歴史の軌跡も感じて頂ければ嬉しいです。」

そんな現代人による「歌舞伎」関心の低さに対する打開策として、片岡愛之助さん達を始めとする「歌舞伎役者」達は、様々な試みを加えた「新作歌舞伎」を、日夜作り上げています。

2011年11月には、スペインのダンスである「フラメンコ」を取り入れた『GOEMON 石川五右衛門』、2018年8月には、マンガを原作とする大人気作品『NARUTO -ナルト-』を「歌舞伎」で表現していました。

「新作歌舞伎には賛否両論あると思います。しかし、元々歌舞伎の語源は『傾く(かぶく)心』にあると言われ、これは一風変わった新しさや、常識を逸脱する精神という意味になります。やはり何かを形骸化せずに継承していくには、時に新しい挑戦がどうしても必要になりますし、たとえ今新しいと言われる試みも百年続けば、それはもう『古典』ですから。」

と、片岡愛之助さんは語っていました。

以下の動画は、2021年10月に再演された『GOEMON 石川五右衛門』のダイジェスト動画になります!

ちなみに、「歌舞伎」ではお客様による「声掛け」も大切とされていますが、「素人が声を掛けてはいけないワケではないが、他のお客様にヤジや雑音と思われるような場合はやめて欲しい。」

と、松竹座の支配人が明かしているほか、2011年4月からは毎月1回のペースで、「声掛け」のタイミングや声音を教えてくれる「関西・歌舞伎を愛する会」による勉強会が行われています。

片岡愛之助さんの場合、屋号である「松嶋屋」や名跡の代目から「六代目」と、「声掛け」すれば良いとのこと。

 

特技

  • 日本舞踊
  • 人の耳に残る歌
  • 工作

「日本舞踊」は、日本の伝統的なダンスである「舞」と「踊」を組み合わせた明治以降にできた言葉で、日本の伝統的な踊りの総称を指しています。

片岡愛之助さんはその「舞」の一種である上方舞で、2008年12月に四代目楳茂都流(うめもとりゅう)家元後継者・三代目楳茂都扇性(うめもと せんしょう)を襲名していました。

また、片岡愛之助さんはCM内で歌っている場面が多く、2014年からUHA味覚糖『塩の花』「塩の花ってなんの花・アメを見る/踊る」篇や2020年から同社の『特濃ミルク』「紙パッケージは、地球に愛」篇、2018年には信和グループ「TEAM SHINWA土地活用」篇などで、その歌声を聴くことができます。

ネット上では、

  • 頭から離れないww
  • 片岡愛之助の変な歌声がツボ
  • 気持ち悪さが、逆にどんどんクセになる

と、歌の評価は決して高くありませんが、CMの宣伝効果としては、大成功との声が挙がっていました。

さらに、「音楽」関連としては、2人組音楽ユニット「B’z」の大ファンであることを明かしており、「B’z」の2人もよく片岡愛之助さんの「歌舞伎」観劇に来られると、2014年3月13日にフジテレビで放送された帯バラエティ番組『笑っていいとも!』で語っています。

そのほか、片岡愛之助さんは「料理ができない」と公言しており、「うどんをゆでようとした際、お湯でなく、水を入れうどんを揉む」という謎行動をしていたと、奥様である女優の藤原紀香さんが2020年11月13日にTBSで放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で明かしていました。

ちなみに、「ベランダの網戸が外れたりしたりとか直してくれて、工具を使って何かするのがすごく得意です。」

と、奥様のフォローが光る一幕も。

趣味

  • ドライブ
  • 音楽鑑賞
  • ゲーム

片岡愛之助さんの趣味は公式サイトにより、「ドライブ、音楽鑑賞」と公開されています。

そんな片岡愛之助さんですが、意外な趣味として「ゲーム」を挙げており、特に国民的RPGの『ドラゴンクエストシリーズ』の大ファンで、第1作からやり込んでいると明かしていました。

その縁で2015年2月26日にスクウェア・エニックスから発売されたPS3・PS4専用ゲーム『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』では、ラスボスであるヘルムード役で出演。

2015年2月25日に開催された『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』の完成披露発表会では、2009年7月11日に発売されたDS用ゲーム『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』をやりこんでいます。

「ドラクエ9」の特徴である「すれちがい通信」をするため、「アキバ通い」をよくしていたと、語っています。

また、『ドラゴンクエストモンスターズ』を数100時間かけて遊び込み、ほぼ全てのモンスターをコンプリート。

2017年8月1日に自身のブログで、『ドラゴンクエストシリーズ』最新作である『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』を「部屋子」の片岡愛三郎さんからサプライズプレゼントされ、「これをやり出すとセリフ覚えられないから、ドラマの撮影が終わるまでガマンしてたのに。」

と、複雑な気持ちを吐きながらも、ドラマの撮影が終わる前に冒険を始めてしまったと、告白していました。

ちなみに、奥様の藤原紀香さんも「ゲーム好き」で、最初の場面だけでガマンしていた「ドラクエ」を、いつの間にか乗っ取られ先を進めていたと、同年3月の自身のブログで明かしています。

以下の動画は、『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』の発売記念に行われた片岡愛之助さんへのインタビュー動画になります!

そのほか、子供のころから『仮面ライダーシリーズ』を見て育ったと語っており、2014年7月19日に公開された映画『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』で、歌舞伎界初の「仮面ライダー」として、コウガネこと「仮面ライダーマルス」役を演じ、話題を集めました。

身長

片岡愛之助さんの身長は、172cmです。

日本人男性の平均身長が大体172cmぐらいなので、片岡愛之助さんは平均と同じぐらいの身長となりますね。

そんな片岡愛之助さんと同じ身長の俳優さんは、

  • 堺雅人さん
  • 堀内正美さん
  • 中尾明慶さん
  • 野間口徹さん
  • 溝口琢矢さん

と、芸能界で大活躍されている俳優さんばかりですね!

ちなみに、片岡愛之助さんはよく『半沢直樹』で共演した堺雅人さんとのツーショットを比較され、「片岡愛之助さんの方が、身長低いのでは?」

と、言う意見があります。

しかし、片岡愛之助さんの本業は「歌舞伎役者」であり、「歌舞伎」は立役と女形の身長差も重要になるため、「実際の身長より低く公表するメリット」はあっても、実際の身長より高く公表するメリットはないので、身長サバ読みはありません。

デビューのきっかけ

片岡愛之助さんが芸能界入りしたのは、5歳のとき。

ご両親は片岡愛之助さんが「外で遊べないのは可愛そう」だと思い、現在の事務所の子役オーディションを受けたと、2020年3月26日に掲載された「堺市」公式読み物『堺をおもえば…片岡愛之助さん 堺の記憶』で振り返っています。

掲載された読み物の中で、片岡愛之助さんは自身の出身を大阪府「堺市」堺区神南辺町と明かしています。

この地域は、港や造船所などの工場が多く建ち並ぶ場所であり、片岡愛之助さんのご両親も工場を経営をしていたため、家の外で遊ぶ場合は、自然と「トラックやダンプカーの出入りが激しいところ」しかありませんでした。

芸能界入り後は、そんな危険な場所ではなく、安全である事務所へ週1ペースで通い、発声練習や芝居の練習をしています。

その結果、片岡愛之助さんは1979年にNHKで放送された銀河テレビ小説『欲しがりません勝つまでは』で、ドラマ初出演を果たしています。

そして翌年、片岡愛之助さんは『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)』に、丁稚(でっち)三太役で出演し、この公演で初めて「歌舞伎」に触れ、片岡愛之助さんはカルチャーショックを受けたそうで、「お兄さんやおじさんが、顔を白く塗ったりして、突然キレイな女の人に変身する。きらびやかな花道や、役者が宙づりになって飛んで行く仕掛けも面白く、子供の目には、まるでテーマパークのように映っていました。」

と、島津製作所より刊行された『ぶーめらん Vol.32』で語っていました。

そこから、「歌舞伎」の世界に魅了され、「歌舞伎」の仕事をすることが多くなった片岡愛之助さん。

けれど「歌舞伎」は1回1月興行であり、「歌舞伎」に参加するたび、当時小学生だった片岡愛之助さんはどんどん周りとの学力差が開いていったそうで、ご両親と話し合い、「歌舞伎」の仕事を辞めることを決めます。

しかしある朝、片岡愛之助さんが楽屋に挨拶回りをしていると、後の義父様になる二代目片岡秀太郎(かたおか ひでたろう)さんに、「お芝居好きか?」

と、尋ねられたと、2015年10月13日に掲載された『産経WEST』で語っています。

片岡秀太郎さんは、片岡愛之助さんのことをずっと気に留めていたそうで、『勧進帳』の太刀持でじっと座っていた片岡愛之助さんを見ながら、「この子は芝居が好きそうだ。」

と思っていたと、明かしていました。

片岡秀太郎さんは片岡愛之助さんの答えを聞くと、「今月終わったら、うちに遊びにおいで。」

と、片岡愛之助さんを自分の家へと招き、片岡愛之助さんはご両親とともに、片岡秀太郎さんの自宅を訪ねます。

そこで片岡秀太郎さんは、ご両親に片岡愛之助さんを片岡一門へ入門を打診。

ご両親は、片岡愛之助さんには「好きなことをさせたい」と思っていたそうですが、「歌舞伎」の世界は血縁重視であることも理由に、難色を示していたと言います。

しかし、片岡秀太郎さんの熱意と、何より片岡愛之助さんが無邪気に「歌舞伎をやりたい。」

と、言ったことで、ご両親は折れ、片岡愛之助さんは、片岡秀太郎さんのお父様である十三代目片岡仁左衛門さんの部屋子として、本格的に「歌舞伎」の世界へと飛び込みました。

片岡愛之助の生い立ちや経歴

片岡愛之助は1972年3月4日生まれの、大阪府出身です。

小学校時代は、器械体操部に所属し、休み時間もみんなと走り回って遊ぶ活発な子だったと、明かしています。

また、片岡愛之助さんは「自転車」でよく出かけていたそうで、堺東の映画館で『E.T.』を観たり、大浜公園の猿山やザビエル公園、大泉緑地などの「堺市」のあちらこちらを、「自転車」で駆けたと、2020年3月26日に掲載された「堺市」公式読み物『堺をおもえば…片岡愛之助さん 堺の記憶』で振り返っていました。

さらに、うどんと定食のお店「六兵衛」を経営している小学生時代の同級生がいると明かしており、その店のオススメとして「カレーうどん」や「うどんすき」を挙げています。

中学時代は、舞台やお稽古に忙しく、部活には所属していませんでしたが、体力作りのため、筋トレをよくしていたと明かしていました。

また、中学時代に「堺市」にあるJR阪和線鳳駅すぐのショッピングモール『おおとりウイングス』で、「少年隊」を観に行ったことがあるそうで、芸能界入り後、「少年隊」メンバーの東山紀之さんにそのことを伝えると、「覚えてない。」

と、返されたとのこと。

そのほか、片岡愛之助さんは「白いご飯」が大好きで、若い頃は一食で5合も食べていたこともあると、振り返っています。

兄弟や家族構成について

片岡愛之助さんの家族構成は、ご両親と妹さん、さらに祖父母も一緒に住んでいたと、明かしています。

片岡愛之助さんの実家は、お祖父様が創業した「船のスクリュープロペラを作る工場」を経営しており、その工場の敷地は、南海本線の線路から国道26号線の間-大体東西800mほどの広さがあったと語っていました。

そんな片岡愛之助さんは長男に当たり、片岡愛之助さん自身も「工場を継ぐことになるかな」と、子供の頃は漠然と考えていました。

しかし、お父様は片岡愛之助さんに「好きなことをさせたい」と考えていたようで、実家を継がす強要はしなかったと言います。

その後ご両親は、1999年にお母様が末期がん、翌年にお父様がくも膜下出血で亡くなっており、「船のスクリュープロペラを作る工場」は、廃業となったと、明かしていました。

ご両親のお墓は、信太山の霊園にあるそうで、片岡愛之助さんはしょっちゅう墓参りに行くと明かしています。

「子どもの頃、父によく祖父のお墓参りに連れていかれて、『何で、父はこんなにお墓参りが好きなんだろう?』と、思っていましたが、今になって、その理由がよく分かります。お墓に来て、両親へ報告したり話しかけたりすると、とても心が落ち着くんです。」

と、語っていました。

そのほか、妹さんは結婚しており、現在は長野県に住んでいるとのこと。

片岡愛之助は養子で家系図は?

「歌舞伎」の世界へと飛び込んだ1981年に片岡愛之助さんは、芸名を十三代目片岡仁左衛門さんの本名である「片岡千代之助」から「千代」の字をもらい、『片岡千代丸』を襲名します。

『片岡千代丸』となった片岡愛之助さんは、京都南座で上演された『勧進帳』という演目にて、「歌舞伎役者」として初舞台に立ちました。

その後も、日々邁進していた片岡愛之助さん。

そんな「歌舞伎役者」に向き合い続ける片岡愛之助さんを、間近で見ていた二代目片岡秀太郎さんは、片岡愛之助さんが高校卒業したタイミングで、さらにより良い環境で「歌舞伎」に向き合えるよう、「養子」にならないかと、片岡愛之助さんに告げます。

片岡愛之助さんは、このことをご両親に告げると、お母様は「思う道を進みなさい。」

お父様は「養子になることで、歌舞伎役者のスタートラインに立てるなら、構わない。男は仕事が大事。一生歌舞伎の世界で生きていくなら、行ってきなさい。親がしてやれることはここまでだから」

と、片岡愛之助さんは長男にも関わらず、快く「養子」になることを認めてくれたと語っていました。

そして1993年に、片岡愛之助さんは片岡秀太郎さんの「養子」になり、この時に『六代目片岡愛之助』を襲名し、また「養子」になったため、片岡愛之助さんの本名である「山元寛之」という名前も、この時から「片岡寛之」に変わっています。

出身校・学歴

  • 茨木市の小学校
  • 堺市立三宝小学校 2年生の時に転校
  • 堺市立浜寺中学校
  • 大阪府立信太高等学校

片岡愛之助さんの出身校は、小学校から明かされています。

中学時代卒業後、片岡愛之助さんは、高校へ進学する気はなかったそうですが、ご両親から「高校だけは出なさい。」

と、言われ、高校へ進学したと明かしていました。

進学先の高校では、「ヤンキー」が多かったそうで、番長だけでも7人が乱立しており、片岡愛之助さんはそんな中で、中学時代から鍛えていた体を使い、「やんちゃ」をしていたとのこと。

高校卒業後、片岡愛之助さんは大学へ進学する道もありましたが、片岡愛之助さん自身で、「歌舞伎」の道へと進んでいます。

結婚した嫁は藤原紀香で出産や子どもは?

「歌舞伎役者」としては女性ファンが多く、愛之助をもじった「ラブリン」の愛称でも親しまれている片岡愛之助さんは、度々女性芸能人との交際がウワサされていました。

そんな片岡愛之助さんは、女優の藤原紀香さんと結婚することを発表し、2016年3月30日に結婚届けを提出、翌日に『結婚記者会見』を行っています。

2人の出会いは、藤原紀香さんが主演を務めた舞台『マルグリット』を片岡愛之助さんが拝見したのが始まりだと、2016年3月31日に行われた『結婚記者会見』で、片岡愛之助さんが振り返っていました。

舞台『マルグリット』は2011年3月に公演されますが、初回公演直前に「東日本大震災」が発生し、公演日が延期になるハプニングに見舞われています。

延期されつつも、公演は無事終了、その後藤原紀香さんはすぐに「東日本大震災」のボランティアへ参加すると、そこには片岡愛之助さんも参加しており、そこで少しご一緒したと、明かしていました。

けれど、その時とそこからしばらくは、2人は知り合い関係のままだったそうで、2人が友人関係にまで発展したのが、その2〜3年後だったと言います。

その再会時には、今度は藤原紀香さんが片岡愛之助さんの公演に足を運んでくれたそうで、そこから2人は「友人関係」となり、食事やお芝居仲間としてのお付き合いを重ねていました。

その際、片岡愛之助さんは藤原紀香さんのことを、「彼女は、同い年で同じ関西出身の方なので、家族みたいな感じというか、すごくリラックスできる。良い意味で、気を使わずお付き合いできる方だと思っていました。」

と、語っています。

しかし、そんな友人関係を続けて2人ですが、双方の事務所は納得していなかったと言い、関係性を2人から聞いた上で、「お付き合いをしていないなら、2人っきりで会うのはやめてくれ。」

と、双方の事務所から止められました。

2人はその言葉を素直に聞き入れると、その後しばらくはお互い連絡を断ちます。

ですが、2人とも同じ「寂しさ」を感じたそうで、藤原紀香さんは「周りへの気遣いだったり、優しさだったり、穏やかな内面を持ち合わせていながら、男性として強さと頼りがいを感じ、仕事仲間としても刺激を受けていました。

でも、『同じ業界の人間同士だと、上手くいかないかな?』とも思い、彼に連絡することが出来ず、心に穴が空いた感覚でしたが、久しぶりに彼から連絡が来て、『話があるんです。』と、同じ気持ちだったのが嬉しかったです。」

と、語っていました。

その後2人は、2016年9月28日に東京・帝国ホテルで「結婚式・披露宴」を行い、式終了後の披露宴開催前に報道陣の取材に応じています。

その中で、『結婚記者会見』時に片岡愛之助さんが話していた「プロポーズはしていないという話」を掘り起こし、報道陣から「プロポーズはしましたか?」

と、聞かれると、片岡愛之助さんは「プロポーズの言葉は指輪の中に刻んだ」と答え、「気の利いた言葉が思い浮かばなくて、ふと浮かんだ言葉を、指輪に刻みました。『吾が君を想う来世迄も』と、妻もスゴく喜んでくれました。」

と、2016年9月28日に掲載された『ORICON NEWS』で、語っています。

また『結婚記者会見』中、藤原紀香さんは子供について聞かれると、「できれば彼の子供を産みたい、と思うのが女心」と明かしていますが、2022年2月現在まで片岡愛之助さんと藤原紀香さんの間に「実子」はいません。

しかし、片岡愛之助さんには「隠し子」と「部屋子」がいることが、明らかになっています。

「隠し子」は、2011年に週刊紙で報じられ、その後自身で「記者会見」を開き、片岡愛之助さんが存在を認めていました。

片岡愛之助さんは20代の頃、一般女性と付き合い始め、子供もできましたそうですが、「自身がまだ未熟なのもあり、結婚まではどうしても踏み切れなかった。」

と明かしており、公にしなかった理由も「当時の恋人と2人で話し合い、公にしたり認知をすれば、子供に好奇の目が行くことと思ったほか、さらに子供は男の子なので、必然的に『歌舞伎』の道を強制しかねないので、現在は養育費の支払いのみをして、後は子供の判断に委ね、親として必要なことがあればフォローするつもりです。」

と、「記者会見」で語っていました。

そしてその記者会見以降、片岡愛之助さんはお子様達に迷惑がかかるため、接触は控えていますが、自身が藤原紀香さんと結婚した頃から、親子の交流を再開しています。

その際、お子様の意向と藤原紀香さんの了解を得て、片岡愛之助さんはお子様を認知しているそうで、お子様の将来について語り合う親子関係まで戻ったとのこと。

一方の「部屋子」の方は、2018年に片岡愛三郎さんを、自身と同じ一般家庭からとっており、次代の『片岡愛之助』という芸名を継ぐ存在として、大切に育てています。

片岡愛之助とテテが似てる!

「BTS」は、2013年6月13日に結成された「BIGHIT MUSIC」所属の、韓国の7人組男性ヒップホップグループです。

また、音楽活動だけではなく、2021年7月21日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領により、「未来世代と文化のための大統領特別使節」に任命され、同年9月20日には「第76回国際連合総会」で、演説と録画での「Permission To Dance」のパフォーマンスを披露し話題を集めていました。

そんな「BTS」で、ビジュアル兼サブボーカル兼リードダンサーを務めているのが、V(ヴィ)さんこと「テテ」さん。

そして、このテテさんと片岡愛之助さんが「似てる」と話題で、ネット上では、

  • 最近、テテが片岡愛之助にしか見えない
  • 目の辺りがもう殆ど同じ
  • 片岡愛之助、テテに似てるよなぁ〜思って検索かけたら、みんな思ってること一緒だった

と、声が挙がっていました。

確かに、顔写真だけではほぼ一緒な気がして、2人の区別がつきませんね。

ちなみに、テテさんの身長が179cmと体重65kgで、片岡愛之助さんの身長が172cmと体重70kgなので、顔つきは似ていますが、体格は似ていません。

心霊写真を投稿したってほんと?

2020年10月31日に、片岡愛之助さんは自身のブログを更新し、1枚の写真をブログに掲載したのですが、その写真が「心霊写真」だと、話題になっています。

この写真は、2020年10月31日にフジテレビで放送された『ほんとにあった怖い話 2020特別編』内にある、ドラマパートの撮影休憩中に撮ったオフショットであると、片岡愛之助さん自身が明かしていました。

片岡愛之助さんも、写真に映った上白石萌音さんも、この写真に映っている影に気づかなかったそうで、奥様の藤原紀香さんがブログを見て、「写ってるやん、これ!」と、2人っきりの時に話す、関西弁で教えてくれたと、翌日の2020年11月1日に更新された自身のブログ内で明かしています。

それによると、この影が映り込んでいる部分は、マネージャーが「人がいないのに人気を感じた」といっていた場所だそうで、片岡愛之助さんは「信じるか信じないかは、あなた次第です。」

と、意味深に語った後、2020年11月1日に大分県で開催された『片岡愛之助 トーク&特別舞踊』を楽しんでくると、締めくくっていました。

ネット上では、

  • まさに「ほんとにあった怖い話」ですね
  • 座敷わらしだと、縁起が良いんだけど
  • 番組のやらせじゃないの?

と、様々な声が挙がっています。

また、『ほんとにあった怖い話 2020特別編』内のドラマパート「開かずの間」でも、心霊現象の一つである、霊の魂で撮影した場所や空間で飛んでいる白い物体「オーブ」が見えると、視聴者から指摘されていました。

ちなみに、真相については一切明かされておらず、「信じるか信じないかは、あなた次第です。」

片岡愛之助の自宅がすごい!

2020年5月13日にテレビ東京で放送されたバラエティ番組『家、ついて行ってイイですか?』にて、片岡愛之助さんは自宅からのリモートで出演しました。

そのため一部ですが、片岡愛之助さんの自宅の内装が公開されています。

片岡愛之助さんの話では、リモート出演に使った部屋は「リビング」だそうで、背景には豪華な家具や小物がいくつかあり、MCを務めたファーストサマーウイカさんや、リモート共演者であるおぎやはぎの矢作兼さん達も、公開された片岡愛之助さんの自宅に興味津々でした。

そんな片岡愛之助さんの部屋だけでも、トークが盛り上がっていましたが、片岡愛之助さんは奥様の藤原紀香さんも近くにいると明かし、片岡愛之助さんの呼び込みをすると、なんとカメラに藤原紀香さんがサプライズで出演。

ネット上では、

  • まさかの藤原紀香が出てきてビックリ
  • 自宅紀香かわいい
  • 愛之助の家だと藤原紀香もついてくる

と、声が挙がったほか、矢作兼さんも「自宅で藤原紀香見れるってすごくない? 自宅紀香いいね、やっぱり。」

と、コメントしています。

ちなみに、2020年の自粛期間中の過ごし方を聞かれると、片岡愛之助さんと交流のある「B’z」に贈られた「B’zの人生ゲーム」というボードゲームを、藤原紀香さんと一緒に遊んでいるとのこと。

そのほか、片岡愛之助さんの自宅では「ネコ」を飼っており、元々は藤原紀香さんに懐いていましたが、最近は、片岡愛之助さんの側にいることが多いと、明かしていました。

愛車のベンツについて

片岡愛之助さんは「車好き」で知られており、2019年8月25日には『日本ベスト・カー・フレンド賞』を受賞したほか、愛車を5台も所有し、東京と大阪間を移動する際も自身でハンドルを握ると言います。

その間、行きでは、セリフの練習や歌舞伎の音楽を流す「稽古場」として使い、終演後の帰りには、1人で高速道路を走って「気分転換を図っている」と、明かしていました。

そんな片岡愛之助さんの「車好き」は、 2021年5月23日に亡くなった義父様・二代目片岡秀太郎さんの影響だと明かしており、「父は大阪から公演で東京に行くとき、必ず自分でクルマを運転していたんです。そのため、私もそれが当たり前だと思うようになって、いつの間にか大の車好きになっていました。歌舞伎俳優としてだけでなく、車好きな一面も、父からの大きな影響ですね。」

と、2021年9月30日に掲載された『G’ZOX』で語っています。

そして、片岡愛之助さんの愛車の一つが「メルセデス・ベンツSLS AMG」。

外観としては、2人乗りでエンジンルームがやや長く、そして上下に開閉する「ガルウィングドア」が特徴のスーパーカーです。

また、片岡愛之助さんが所有している、あるいは所有していた車としては、

  • ポルシェ カイエンS
  • ポルシェ997 カレラ
  • フェラーリ458イタリア
  • アストンマーチン V8ヴァンテージロードスター
  • アストン・マーチン V12ヴァンキッシュ
  • マセラティ クアトロポルテ

と、名だたる車ばかり挙げられています。

歌舞伎に魅せられ、歌舞伎から様々な心を知った片岡愛之助さん。

歌舞伎をよく知っているからこそ、1人の演者として、歌舞伎そのモノと一緒に邁進する日々を続けています。

そんな研磨されていく伝統を紡ぐ片岡愛之助さんに、これからも目が離せません!