長谷川博己は結婚して妻がいる?出身高校も調べてみた

  • 長谷川博己は1977年3月7日生まれ
  • 俳優人生のスタートは文学座の研究員から
  • “ハセヒロ”の愛称で親しまれる実力派俳優

長谷川博己のプロフィール


名前 長谷川博己 (はせがわひろき)
職業
所属事務所
誕生日 1977年3月7日
年齢 45歳
身長 182cm
血液型 A型
出身地 東京

 

性格

  • とにかく真面目
  • 愛嬌がある
  • ユニークさも持っている

長谷川の性格については、関係者からとにかく真面目という評判が多くありました。

長谷川自身の自己分析によると

「自分の性格は良く分からない」

と回答。

自分のことは意外にわからないものですが、長谷川の場合は“自分で性格を決め付けると柔軟性が無くなり可能性を狭めてしまうことが嫌”という思いであえてわからない部分を大切にしています。

自分と見つめあう中にも、きちんと理由をもっている考え方こそ長谷川の真面目さが出ている証です。

また、過去に共演経験のある女優・綾瀬はるかや俳優・西島秀俊たちからは、

「愛嬌がある」
「ユーモラスで色気がある」

と言われており、仕事は誰よりも真摯に取り組みながらユーモアで場の雰囲気を和ませる素晴らしい振る舞いができる人だとわかりました。

長谷川はオン・オフの切り替えや場の空気を読むのがうまく、現場になくてはならない存在です。

特技

  • 殺陣
  • 乗馬
  •   

数多くの作品に出演し、アクションや殺陣のシーンも多い長谷川。

キレのある所作には定評があります。

特に大河ドラマ『麒麟がくる』では第1話から殺陣を披露することになり、

「僕は人を切るときは息を止めるんですけど、追いかけて切るシーンをずっとやっていたので、ほとんど息をしていないんです。

酸欠状態になって倒れそうでした。

これから鎧を着たりしながら演じるシーンもありますし、少し容赦いただきたいなと思っています」

会見でその苦労を語りました。

ハードな殺陣も舞台経験の多い長谷川だったからこそ乗り切れたに違いありません。

趣味

  • 映画観賞
  • 人間観察
  • ドライブ
  • 海外旅行
  •   

自分は無趣味という長谷川ですが、以前『徹子の部屋』や『有吉・櫻井THE夜会』に出演したときに意外に多趣味であることが発覚。

『徹子の部屋』では人間観察が好きだと語りました。

1人で電車に乗り、電車の広告や乗客の格好をから世の中の流れが分かることと、カフェでコーヒーを飲みながら人を観察しているといろいろなアイデアが浮かんでくることが忙しい長谷川にとってのリフレッシュになっています。

また、『有吉・櫻井THE夜会』では、公式プロフィールに身長・靴のサイズ・出演作品のみしか記載されておらず、謎の多さを突っ込まれタジタジになった長谷川でしたが、ヨーロッパでバックパッカーをしていた学生時代や、大好きなスペインに話がなると笑顔がこぼれました。

司会の有吉から

「ひょっとしたら趣味は“旅行”かもね」

と指摘されると、長谷川もうなずき和やかなムードに包まれていました。

デビューのきっかけ

大学時代まで本格的な演技経験はなかった長谷川ですが、小学校の発表会や中学校で部活の勧誘で女装させられて芝居したときなど、人前でセリフをしゃべるというのは割とすんなりできており、役者の素質は十分にありました。

セリフを話す時感覚を聞かれると、

「我を忘れるような状態になれた」

と語り、役者はまさに天職だったと言えます。

そんな長谷川が役者の道を決意したのは、俳優や執筆活動などマルチに活動するリリー・フランキーとの出会いによるものでした。

大学時代に出版社でアルバイトをしていた長谷川。

仕事の一環で何度かリリーの原稿を取りに行った際に、リリーに映画に興味があることを相談したところ、

「君、役者はやる気あるなら、とにかく携わった方がいい」

とのアドバイス受けました。

そのアドバイス言葉が心に残っている最中、就活の時期に芝居をやっている知人から代役を頼まれ、それを機に役者の道へ進むことを決意したのです。

大学卒業後は、劇団「文学座」の研究所に入所。

研究生から研修生から準座員となり、2006年には同劇団の座員に昇格し数々の舞台を経験し、同年12月文学座を退所しテレビドラマや映画など新たな挑戦を開始しました。

長谷川博己の生い立ちや経歴

長谷川博己は1977年3月7日生まれで東京都出身です。

緑豊かな都市、八王子市で育ちました。

3歳の時に父親に連れられて観た映画『レイダース/失われたアーク(聖櫃)』に衝撃を受け、幼少のころから映画が大好きになった長谷川。

八王子からほど近い、東京都立川市にあるシネマシティという映画館によく通っていました。

小学校3年生の時には父親の転勤の都合で1年間イギリス生活を送りましたが、帰国後は再び映画館通いを再開。

中学受験に失敗した時もシネマシティで『ダイ・ハード』を見て落ち込んだ気持ちを立て直すなど、長谷川の生活のそばに映画がありました。

役者の道への礎は小さい頃から築かれていたんですね。

実家や母親など家族構成について

長谷川の家族は父・母・妹の4人家族です。

プライベートはあまり語らない長谷川ですが、父と妹の情報が明らかになりました。

父は武蔵野美術大学の名誉教授で建築家・建築評論家の長谷川堯(たかし)氏です。

早稲田大学の卒業論文にて、フランスで活躍した建築家のル・コルビュジエを解説し注目されました。

その後、評論家活動を開始し建築評論家として出版した著書は約20冊にのぼっています。

その中でも『都市廻廊』では毎日出版文化賞、『建築有情』ではサントリー学芸賞を受賞するなど多くの功績を残しています。

2019年4月17日に81歳でがんのため死去しました。

妹は聖徳大学短期大学部准教授で料理家の長谷川弓子です。

テレビ朝日系で放送された深夜番組で、毎回さまざまな分野の専門家を招いて疑問を解決していく『超人女子戦士 ガリベンガーV』の2021年5月9日放送分で弓子がメディアに初登場しました。

この日のテーマは『出汁』。

講師を務めた弓子は、落ち着いた語り口でわかりやすく解説し、放送後は美人講師として話題になりました。

それから長谷川博の妹さんだと明らかになると、知的で優しそうな雰囲気がよく似ていると再び大きな話題を呼びました。

弓子は明治大学を卒業後、一度百貨店に就職するも3年間の会社勤めで学費を貯め、栄養専門学校に入学したという努力家。

中学生の頃に料理研究家の栗原はるみさんに憧れており、本当にやりたかった料理の道を志しました。

専門学校で栄養士の資格を取得後、27才で江戸時代から伝わる、茶道の心にかなう料理で現代に至るまで世襲で伝えられている「近茶流宗家」の門を叩いた弓子。

内弟子として5年間、トイレや庭の掃除、師匠の白衣のアイロンがけなどをこなし、近茶流の知識や技術を学びました。

2012年からは聖徳大学の講師となり、料理家としての活動を開始。

料理本を上梓したりメディアに出演するなど、活動の幅を広げています。

弓子の得意料理は魚料理。

これは父、堯さんの魚好きが影響しており、なかでも『いわしの揚げしんじょ』は、弓子が母から受け継いだうま味が口いっぱいに広がるおいしすぎる長谷川家の味です。

活躍する場は違えどそれぞれに輝かしい経歴を持つ、バイタリティーにあふれた素敵なご一家ですね。

出身高校や学歴

  • 私立八王子学園八王子高等学校
  • 中央大学文学部

中学時代はバスケットボール部に所属し、毎日練習に明け暮れていた長谷川。

出身校は明らかにされていませんが、バスケの強豪校だったことから練習はかなり厳しく、部活動の思い出については「辛かったことしか覚えていない」と振り返っています。

男子校にだったこともあり、バレンタインデートなど甘酸っぱい思い出とは無縁だった学生時代でしたが、中学時代には声をかけられたこともありました。

しかし、そういう出来事にあまりに疎かったためは、

「えっ、そんなわけない」

と、その場から逃げだしてしまうというなんともほろ苦い経験をしています。

八王子高校へ進学すると再びバスケットをやるように勧められたものの、中学での部活のつらさがどうしてもよぎってしまい、

「勉強に専念したい。」

と、バスケを続けることはありませんでした。

ちなみに、バスケをはじめたころの長谷川の身長は156cmほどありませんでしたが、高校に入り182cmまで身長が伸び、これについて長谷川は

「部活のストレスから解放された高校時代に、一気に身長が伸びたんじゃないか。」

と、ユニークな見解を示しています。

大学は中央大学へ進学。

在学中にわずか30万円ほどでヨーロッパなどを中心に2ヶ月間かけてバックパッカーの旅に挑戦。

2016年7月に日本テレビ系で放送された『アナザースカイ』では、バックパッカー中に滞在したスペインのバルセロナを再び訪れ、当時お世話になった男性と再会する様子が話題になりました。

また、映画好きはとどまることを知らず、京橋にある“東京国立近代美術館フィルムセンター”にほぼ毎日通っていた長谷川。

特に古い邦画をよく見ていました。

出版社マガジンハウスでアルバイトをし、演技の世界に足を踏み入れることに大きく影響したリリー・フランキーとの出会いもありました。

このころ、卒業したら映画監督になりたいという思いも抱いています。

しかし大学4年のころ知人から舞台の配役に空きが出たので代役を頼まれたことから、演じる楽しさに目覚め役者として生きていこうと決意しました。

就職はせず、文学座に入団し演技の基礎を体に叩き込みながら、役者人生をスタートさせたのでした。

長谷川博己は結婚していて妻がいる?

女性人気がとても高い長谷川ですが、現在は独身。

しかし2008年以降交際報道は絶えず、とてもモテモテです。

過去の恋愛遍歴もとても華やかなものでした。

熱愛報道があったのは以下の5人。

  • 白石美帆
  • 鈴木京香
  • 綾瀬はるか
  • 石原さとみ

白石美帆

2008年11月に女性セブンによってインド料理店での腕組みデートをキャッチされ、熱愛をスクープされた長谷川と女優の白石美帆は、2010年には白石のマンションで同棲を始めたことも報じられ、お互いの両親にも挨拶を済ませており、結婚間近。

しかし、2011年1月頃長谷川が白石美帆のマンションを出ていきから同棲を解消したことで破局が報じられました。

破局のキッカケは、『セカンドバージン』で共演した鈴木京香との出会いでした。

鈴木京香

『セカンドバージン』は年下の既婚男性との激しい恋に溺れる女性を描いた作品で、いわば長谷川の出世作です。

激しいベッドシーンもあり、長谷川と主人公を演じた鈴木京香の仲は急速に縮まり、2011年1月頃から交際がスタートしたと報じられました。

鈴木との交際について、2012年に長谷川が

「ご想像にお任せします」

とコメントしたことから交際の順調ぶりがうかがえます。

しかし、その後長谷川と鈴木は何度も破局報道をされていますが、その後には必ず結婚間近かとの報道も出されています。

現在の2人は交際中で事実婚での結婚間近です。

綾瀬はるか

2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』で共演した綾瀬はるかとの熱愛が噂されました。

夫婦役を演じ、スタジオに一緒にいる期間も長かった2人ですが、噂にの根拠は休憩中もずっと仲が良かったためです。

長谷川が綾瀬の側を離れずに過ごしていたという関係者の証言と、長谷川の撮影シーン終了時に綾瀬が号泣していたという目撃情報が噂の原因でした。

しかしこれは全くのガセ情報です。

綾瀬自身が号泣に件について

「ドラマのワンシーンを思い出して泣いてしまった」

と語り、長谷川とは関係なく泣いていたことがわかりました。

2015年放送のドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』で恋人役を演じた長谷川と杏ですが、この時の迫真の演技から本当に付き合ってるとの交際が噂されました。

しかし、これも全くのガセです。

なぜならすでに杏は結婚しており、その後すぐに双子妊娠を発表しているからです。

長谷川博己と杏の演技力が素晴らしすぎて、世間が誤解したことが噂の真相です。

石原さとみ

2015年に実写版『進撃の巨人』で共演した長谷川と石原さとみ。

原作が圧倒的な人気を誇っていることや、激しい戦闘アクションのシーンの連続で、演じるプレッシャーも多い中、体調不良で撮影に臨んだ石原に対して、長谷川は優しく接していました。

その様子から熱愛が噂されましたが、これもガセ情報で映画の宣伝を兼ねた熱愛ネタと考える方が妥当です。

石原さとみはこの直後、山下智久との交際が発覚しているので、綾瀬と同様にただ仲が良かっただけでしょう。

何度も破局説が流れていた長谷川と鈴木ですが、2019年12月に結婚するのではないかとの報じられ、現在も交際は続いています。

交際当初は2人の間に俳優としての格差がありから、結婚に踏み切れないと囁かれてきましたが、今や長谷川は大河ドラマの主演を務める俳優に成長しました。

自立した2人の恋愛が幸せなゴールインを迎えるように見守りたいですね。

長谷川博己の所作が美しい!

2013年の大河ドラマ『八重の桜』で長谷川は、綾瀬はるか演じる山本八重の最初の夫、川崎尚之助を演じました。

長谷川が蘭学と舎密術を修めた有能な洋学者・川崎尚之助を演じた際に、所作指導の先生から

「立ち姿と所作の美しさが素晴らしい!」

と褒めちぎられていました。

特に着物姿にたすきがけの後姿はその美しさにはみとれてしまうと大絶賛。

誰よりも役と向き合い、ときに役に引きずられ抜けなくなることもあるという長谷川ですが、そんなストイックな一面があるからこそ、指の先まで美しく振る舞えるのではないでしょうか。

ビールのCMに出ている姿が話題!

長谷川と俳優の染谷将太が、2021年9月13日から放送されるキリンビールのテレビ新CM『スプリングバレー 感動体験篇長谷川さん染谷さん』に起用されたことが話題になりました。

2020年にかけて放送されたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、明智光秀を演じた長谷川と、織田信長を演じた染谷の再共演で『スプリングバレー 豊潤<496>』のブランドアンバサダーである長谷川が、スプリングバレー初心者の染谷に、その魅力を熱弁するという内容です。

長谷川は撮影について、

「短い時間でしたけど、染谷さんとご一緒できてよかったです。

以前は緊張感のあるドラマ撮影だったので、こんなに笑顔で平和すぎて大丈夫かなと思いました。

染谷さんと和やかな雰囲気で過ごすことができる状況が、新鮮味があり楽しめました」

と語りました。

ドラマ終了後、“麒麟ロス”に陥っていたファンたちにはとって嬉しすぎる共演となりました。

長谷川と染谷の自然体の笑顔が印象的な素敵なCMです。

金田一耕助役の評判

長谷川は2016年11月19日にNHK・BSプレミアムで放送されたミステリー作家・横溝正史原作のドラマ『獄門島』で、これまで石坂浩二や古谷一行らが演じてきた名探偵金田一耕助役に扮しました。

『獄門島』は、戦争直後の瀬戸内の孤島で繰り広げられる連続殺人事件に探偵の金田一が挑む物語で、巧みなトリックと圧巻の物語で、昭和22年の発表当初から人気の作品で、これまでに2度の映画化、4度のテレビドラマ化をされています。

長谷川が演じた金田一は、戦争でトラウマを抱え心に空いた穴を埋めるため、取り憑かれたように事件を解明しようとする姿勢を前面に出した人物像です。

歴代の金田一のように風変わりでとぼけた部分はありますが、繊細な内面も打ち出した新たな金田一像を作り上げました。

作品を見たファンや視聴者からは

  • 長谷川さんの金田一は今までと違った役柄で自虐を込めた大笑いなど新しい一面を見ました
  • 知的な感じも漂ってるし、たまに狂ってるところがよかった
  • 長谷川博己さんの金田一、すごく合っていた

と、長谷川演じる新金田一の新たな活躍に期待する声が多く上がりました。

麒麟がくるの評判

『麒麟がくる』は、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送されたNHK大河ドラマです。

タイトルの“麒麟”は仁政を行う王の元に現れるとされる伝説の動物のことで、戦国の世に現れる麒麟が何者で、如何にして何れの英雄の前に現れるのかを問いながら明智光秀の生涯を描いた作品です。

長谷川は賊や戦の絶えない世に嘆きながら武士の誇りを胸に戦国を生き抜く主人公、明智十兵衛光秀を演じました。

学問では四書五経を2年で読み終え武芸は鹿島の太刀を習得など文武両道でしたが、一方で女性に関することには鈍感だったり主君からは無理難題を押し付けられるなど、どこか憎めないキャラクターが人気になりました。

ファンや視聴者からは

  • 鮮やかな色彩で描かれ長谷川さんの魅力が満載
  • 理想的な上司みたいな明智を演じた長谷川博己さん、最高
  • 長谷川博己さんの血管切れそうなくらい熱演に引き込まれた

など、長谷川の熱演に賞賛の声が多く上がり、放送終了後には“麒麟ロス”という現象も起きるほど大好評でした。

孤独のグルメの評判

『孤独のグルメ』は、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによるグルメ漫画のテレビドラマです。

テレビ東京系列で放送され大人気となりシリーズ化、2015年5月期からは台湾でもウェブドラマとしてシリーズ化されました。

松重豊演じる輸入雑貨商を営む井之頭五郎が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描き、あまりの食べっぷりにおなかが空いてしまう視聴者が続出しています。

基本的には松重1人の出演で進むこのドラマですが、長谷川も出演したことがありました。

それは2012年12月19日放送回で、同じくテレビ東京系で放送されていた長谷川主演ドラマ『鈴木先生』との特別コラボレーションで実現。

井之頭がふらっと入ったタイ料理屋に黒縁メガネとループタイがトレードマークの鈴木先生がで座っており、隣り合わせた両者の心の声が飛び交う悩めるメニュー選び対決が繰り広げられるという内容でした。

もともと『孤独のグルメ』の大ファンだった長谷川は、共演した松重について

「現場ごとに表情が違いますから、さすがだなと思いました。

松重さんが、いかに『おいしく食べるのがうまいか』ということを思い知りました。

食べることって本当に難しい……完全に惨敗でしたね」

と大絶賛していました。

この豪華なコラボレーションにファンや視聴者からは、

  • 鈴木先生、良い感じに五郎さんと絡んでいて、料理もとても美味しそうに食べていた
  • テレビ東京さん、なんて粋で素敵なサプライズ!
  • もぐもぐハセヒロ若くてかわいい~

など、素敵なサプライズに喜びの声が多く上がりました。

MOZU Season2~幻の翼~の評判

『MOZU』は、逢坂剛の小説『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』を原作にTBSテレビとWOWOWの共同制作で放送された日本の刑事ドラマで、主演は西島秀俊です。

警視庁公安部を舞台に、“公安のエース”と呼ばれた警部・倉木が爆弾テロによって失った妻の死の真相に迫り、巨悪に立ち向かうクライムアクションとして人気シリーズとなりました。

Season2の舞台はSeason1のラストから半年後。

亡き妻が関わった警察の極秘任務“グラークアルファ”の真相を執念で追い続ける倉木の前に、新たな巨悪が立ちはだかり重厚な人間ドラマが繰り広げられました。

長谷川は倉木と対立する元公安部捜査官の犯罪エージェント東和夫を演じました。

殺人などの犯罪を請け負い実行し常に冷静な性格の東ですが、Season1終盤で狂気に満ちた本性が前面に押し出され、Season2以降ではさらに本性を露わにしながら、数々の陰謀に暗躍していきます。

ファンや視聴者からは、

  • 長谷川博己のやり過ぎな演技が愛おしく感じる
  • 長谷川君は完全にジョーカーみたい
  • 長谷川博己の気持ち悪さクセになる

と、長谷川の独特の演技に引き込まれたという旨の感想が目立ちました。

まんぷくの評判

『まんぷく』は、NHK大阪放送局制作で2018年10月1日から2019年3月30日にNHKで放送された第99作目の連続テレビ小説でヒロインは安藤サクラが演じました。

インスタントラーメンを生み出した日清食品創業者の安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルに、懸命に生き抜いた夫婦を描いた物語です。

長谷川はヒロイン・福子の夫で発明家の立花萬平を演じています。

即席ラーメンの産みの親である安藤百福がモデルで、良くも悪くも発明家気質。

お世辞にも社長向きではなく、福子を始めとした周囲に支えられており、萬平自身もその点を自覚し気にしていて、他者の心の機微に疎いのですが、“人々の役に立てるものを作ること”をモットーにしている熱い人柄です。

ファンや視聴者からは、

  • 努力を惜しまない萬平さんに元気をもらえる
  • 芯を通す長谷川博己の萬平さんがとてもかっこいい
  • ハセヒロが好きで初朝ドラだったけどずっと飽きずに見れた作品

と、長谷川の魅力が朝からお茶の間に大いに伝わり、新たなファンを獲得しました。

小さな巨人の評判

『小さな巨人』は、2017年4月16日から6月18日までTBS系「日曜劇場」枠で放送されたテレビドラマです。

“敵は味方のフリをする。”というキャッチコピーで、警視庁本庁と所轄の確執や警察内部の争いを克明に描きました。

長谷川は刑事課課長代理の警部で、本作の主人公香坂真一郎を演じています。

ノンキャリアの中では警視庁史上最年少で警部に昇進、多くの事件を早期解決に導き20回以上の警視総監賞を受賞した凄腕の人物です。

ファンや視聴者からは、

  • 長谷川さんのスーツが毎週目の保養
  • ハセヒロさんのエリート刑事ぶりがイカしてます
  • 毎回裏切られて引き込まれて、最後の最後まで満足感の高い作品だった

と、重厚な人間ドラマと長谷川の演技やスタイルに夢中になったという声が多数上がっていました。

進撃の巨人の評判

『進撃の巨人』は諫山創による大人気ダーク・ファンタジー漫画の映画化作品です。

2015年、前後篇2部作にて前篇が『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、後篇が『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブザワールド』のタイトルで公開されました

圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間達との戦いを描き、原作にはキャラクターも多く登場し豪華キャストで話題になりました。

長谷川は“人類最強の男”、シキシマを演じています。

原作漫画ではリヴァイ兵長にあたる役どころですが、リヴァイ兵長の160cm・65kgという明確な設定に見合う俳優がいなかったことから、シキシマという新たなキャラクターが誕生しました。

ファンや観客からは、

  • 実写化の演技としてはアニメのイメージを崩していないのがかなり良かった
  • 長谷川さん顔のタイプはリヴァイそっくり
  • 難しい役を演じ切る姿に好感が持てた

と、人気漫画の実写化という高いハードルの中でも圧巻の演技を披露し、見るものに強烈な印象を与えました。

鈴木先生の評判

『鈴木先生』は、武富健治による日本の漫画で2011年テレビ東京にてドラマ化されました。

そのドラマ作品が好評だったため、2013年には劇場版も公開されています。

“『ごく普通』の生徒たちの心の問題に向き合う”ことを自身の教育方針とし、自分の受け持つクラスや教え子たちの周りで起こる様々な事件を誠実にそして対応しつつ、心中では妄想を膨らませている中学校教師の鈴木の葛藤を描いた作品。

長谷川は主人公の中学校教師でメガネとループタイがトレードマークの鈴木を演じています。

誠実で情熱的な教師ですが、その一方では教え子のである小川蘇美に対する歪んだ欲望や恋人の麻美との関係など、自身の心の問題にもひたすら悩む日々を送っているという複雑な役柄です。

ファンや視聴者からは、

  • 長谷川博己の幅広い演技に驚いた
  • 透明感のある長谷川の魅力が鈴木先生にハマってる!
  • 踏み込んだ内容でめちゃくちゃ引き込まれた

と、怪演ともいわれる長谷川の演技も含め、話題の作品となりました。

最近見ないけど現在の活動や今後のスケジュールは?

大河ドラマ『麒麟がくる』以降、次回作が待ち遠しい長谷川博己の今後の活動については、2022年6月に映画『はい、泳げません』が東京・TOHOシネマズ日比谷ほかでの全国ロードショーが決定しています。

『はい、泳げません』の原作は、ドラマ化もされた『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』のノンフィクション作家・髙橋秀実の同名エッセーです。

泳げない男と泳ぐことしかできない女の希望と再生の物語で、主演の長谷川は水に顔をつけることもできないほどのカナヅチで、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司を演じています。

水を怖がりジタバタと足掻くコミカルな姿や、過去のと向き合い苦しみながらも必死に前を向こうとする姿まで、幅広い演技を披露している長谷川。

そんな主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香には、NHK大河ドラマ『八重の桜』以来再びの共演となる綾瀬はるか。

映画では初となる夢の共演が実現した本作の公開がとてもたのしみですね。

長谷川博己の出演番組

  • 舞台
  • ドラマ
  • 映画
  • CM
  • テレビ番組
  • ラジオドラマ

 

舞台

  • 冬物語(2009年1・2月)-フロリゼル役
  • コースト・オブ・ユートピア(2009年9・10月)- ニコライ・スタンケーヴィチ / ニコライ・チェルヌイシェフスキー役
  • ヘンリー六世(2010年3・4月)-シャルル役
  • 黴菌(2010年12月、作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)- 五斜池銀一郎役
  • 海辺のカフカ(2012年5月)-大島役

 

ドラマ

  • スーパープレミアム『獄門島』(2016年11月19日、NHK BSプレミアム) – 主演・金田一耕助 やく
  • 都庁爆破!(2018年1月2日、TBS)- 主演・本郷裕二 役
  • 都庁爆破!(2018年1月2日、TBS)- 主演・本郷裕二 役
  • 連続テレビ小説『まんぷく』(2018年10月1日 – 2019年3月30日、NHK)- 立花萬平 役
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』(2020年-NHK)- 主演・明智光秀 役

 

映画

  • 散歩する侵略者(2017年9月9日、松竹/日活) – 桜井 役
  • アジア三面鏡2018 Journey 「碧朱」(2018年11月9日、マーメイドフィルム)
  • 半世界(2019年2月15日、キノフィルムズ)- 沖山瑛介 役
  • サムライマラソン(2019年2月22日、ギャガ)- 板倉勝明 役
  • 霧が晴れるとき(2020年12月25日)- ナレーション

 

CM

  • トヨタ自動車 「エスクァイア」(2017年7月 – )
  • グローリー 「創業100周年記念CM」(2018年2月17日 – )
  • サッポロビール 「サッポロチューハイ99.99」(2018年8月28日 – )
  • NTTドコモ「コスモフ役」(2018年9月-)
  • Trip.com ミスター・トリップ役 (2020年2月-)

 

テレビ番組

  • 裸にしたい男(2013年1月9日(前編)・2013年1月16日(後編)、NHK BSプレミアム)
  • 日経スペシャル「私の履歴書」(2013年4月4日 – 、BSジャパン)- ナレーション
  • MANKIND / 人間史〜わたしたちの物語〜(2013年11月16日 – 、ヒストリーチャンネル) – オープニングナレーション
  • エヴァ噺(2016年11月11日、NHK BSプレミアム)
  • 第67回NHK紅白歌合戦(2016年12月31日、NHK総合) – 矢口蘭堂役

 

ラジオドラマ

  • FMシアター(NHK-FM)
    ・はるさんの日記(2006年1月7日)
    ・孤島の花(2010年2月26日)

受賞歴

  • 2016年 第25回橋田賞・『夏目漱石の妻』
  • 2016年 第43回放送文化基金賞・演技賞『夏目漱石の妻』
  • 2017年 GQ MEN OF THE YEAR 2017・Actor of the year
  • 2021年 第29回橋田賞・『麒麟がくる』
  • 2021年 第24回日刊スポーツ・ドラマグランプリ・主演男優賞『麒麟がくる』

以上、今回は長谷川博己のプロフィールについてまとめました。

地道に積み上げてきたキャリアで、国民的俳優のひとりとなった長谷川のこれからの演技が楽しみです!