桑原茉萌のプロフィールまとめ

  • 桑原茉萌は1997年6月19日生まれ
  • キャバ嬢・バーレスク東京でNo.1になったことがある
  • バチェラー・シーズン4の候補者の1人

桑原茉萌のプロフィール


名前 桑原 茉萌 (くわばら まほ)
グループ・所属
職業
誕生日 1997年6月19日
年齢 24歳
身長 158cm
出身地 宮城
外部リンク

桑原茉萌の経歴

桑原茉萌は1997年6月19日生まれの現在24歳、あだ名はシンディです。

シンディというあだ名の由来は、”努力は報われることを証明する”というストーリーのシンデレラが大好きだからという理由です。

宮城県出身ですが幼少期から埼玉県で過ごしたので地元は埼玉県だということがYoutubeでわかりました。

高校一年生のときに初めて年上の彼氏ができて、付き合いたてのころ浴衣で花火大会に行きましたが、雨のせいでずぶ濡れになり花火も見れなかったという悲惨なエピソードを明かしています。

24歳という若さで様々な職種を経験していますが、18歳の夏に30cmの卵巣腫瘍手術をしたことがきっかけで、一度きりの人生やりたいことを全部やろうと決意したことが異色の経歴の理由でした。

桑原茉萌の高校や学歴

  • 埼玉県立庄和高校 卒業
  • 高校生のころからハロウィンが大好きで毎年渋谷のハロウィンに行っていました。

    また、ブロンコビリーでアルバイトをしていたことをTwitterで公開しています。

    大学には進学していないので、高校が最終学歴です。

桑原茉萌(シンディー)の職歴について

  • バスガイド
  • 歯科助手
  • キャバ嬢
  • バーレスク東京

バスガイド時代

高校卒業後「人の記憶に残る仕事がしたい」と一番最初に就いた仕事がバスガイドの仕事でした。

バスガイドは覚えることがたくさんあり、毎日2.3時間しか寝ることができないハードな日々を送っていました。

その中で、覚えることを丁寧にびっしり書いたノートが公開されていて、とても見やすく真面目な性格とバスガイドという職種がとても合っていました。

バスガイドの仕事にやりがいを感じていましたが、持病である卵巣腫瘍の皮様嚢腫が悪化し、退職しています。

歯科助手時代

バスガイドの次に選んだのが、歯科助手の仕事でした。

しかし、「人の記憶に残る仕事がしたい」という考えの桑原茉萌には、毎日同じ作業の繰り返しの歯科助手の仕事に飽きてしまい、長続きしませんでした。

キャバ嬢時代

桑原茉萌は、刺激を求めキャバ嬢へ転身し、埼玉の大宮にあるキャバクラ店で働き始めます。

キャバ嬢時代に「家、ついて行ってイイですか?」に出演しています。

キャバクラに入店してからも、バスガイド時代のように努力を惜しまない性格は変わっていないエピソードがあり、

  • 「日頃のキャバクラの金額は安いわけではないので、感謝の気持ちとして恩返しはちゃんとしたい!」と、お客さんの誕生日にHERMESのバックを購入
  • 「指名してくれる男性に失礼になるから、仕事している間は彼氏を作らない」

というお客さんを大切にする心や徹底したプロ意識で、入店からわずか1年足らずで大宮のNO.1キャバ嬢になりました。

バーレスク東京時代

キャバクラで働いているときに、バーレスク東京のダンサーにスカウトされたことがきっかけで、バーレスク東京で働くことになります。

高校生の時に持病で生死をさまよった経験があるので

  • 人生一度きりだしどうせならやりたいことをしたい
  • キャバ嬢の世界ではもう頑張ったから次のことにチャレンジしたい

という思いでバーレスク東京に入店することを決めました。

バーレスク東京でも入店して早々ダンスのセンターをまかされるなど、持ち前のスター性を発揮し、バーレスク時代も、衣装を自分で作成・お客さんの顔を覚える・SNSの投稿する、など根の性格は変わらず努力を欠かしませんでした。

そんな努力の結果、最終的にはバーレスク東京で人気No1となり、一気に人気者になり、「人の記憶に残る仕事がしたい」という夢を叶えました。

2020年11月に1年8か月働いたバーレスク東京を引退し、今はインフルエンサーとして活躍しています。

桑原茉萌(シンディー)はどんな人?

桑原茉萌は、身長158cmの24歳で、目鼻立ちがはっきりとした美女です。

犬を飼っていて、可愛い2匹の愛犬の写真を公開しています。

今回のバチェラー候補者の中でInstagramのフォロワー数が一番多く、バーレスク東京時代のファンが根強いのでしょう。

バチェラーでのキャッチコピー「どうせ、私がNo.1」という挑発的なセリフが印象的で注目を集めています。

インタビューでも強気な発言やハキハキした発言が目立ちますが、今までの経歴から考えると真面目な性格から勝ち取ってきたものに対しての自信と言えるでしょう。

今まで付き合ってきた人たちとは”奴隷と犬”のような関係だったと答えていて、欲しいものはすぐに手に入り言うことは全部聞いてくれていました。

男性に求めるものは、月一旅行・記念日のサプライズ・一軒家・車・犬・毎日褒める・身だしなみしっかり・夜の生活にプラスして言うことを聞いてくれる犬みたいな人、だと語りました。

強気な発言や、男性に求めるものの内容が気になる視聴者もいますが、一度生死をさまよったことで何も怖いものはないという気持ちになったのではないでしょうか。

 

性格

  • 負けず嫌い
  • 強気
  • 努力家
  • バスガイド時代のノートのまとめを見てわかるように真の性格が努力家であるからこそ、キャバ嬢時代の埼玉No1キャバ嬢、バーレスク東京No1と勝ち上がっていったと言えます。

    No1になるためには周りに負けたくないという負けず嫌いな心と強気な性格があるからこそです。

    勝ち上がっていくために必要な性格を桑原茉萌は持っていたのでしょう。

 

特技

趣味

  • シンデレラグッズ集め
  • ラーメンを食べること
  • 大好きなシンデレラのグッズを集めることが好きで、自身がシンデレラのコスプレをしている姿や、ディズニーランドで楽しんでいる姿もたびたび公開しています。

    ラーメンが好きで、自身のYoutubeチャンネルではラーメンを食べている動画が多く投稿されています。

桑原茉萌(シンディー)の評判について

強気な発言インタビューだったので賛否両論ありました。

どちらかというとキャラを称賛する声があり、番組を盛り上げてくれそうだと楽しみにしている視聴者が多いいました。

桑原茉萌(シンディー)の出演番組

  • マツコ会議
  • 家、ついて行ってイイですか?

マツコ会議

バーレスク東京で働いてた時代に出演しています。

バスガイド時代からの経歴や今までの人生を語り、マツコ・デラックスさんをうならせていました。

家、ついて行ってイイですか?

キャバ嬢時代に出演しています。

番組内で「キャバクラに抵抗はあったけど、やったことに公開はしていない。逆にこういう世界を知れて楽しく色んな人と話を聞けて良かった」と語っています。

バチェラー・シーズン4の候補者・桑原茉萌についてまとめました。

強気な発言から賛否両論のある桑原茉萌ですが、根は努力家で真面目な性格だということがこれまでの経歴からわかります。

番組内でこの性格とキャラクターを活かして、視聴者を楽しませてくれることを期待しましょう。