井上咲楽のハーフ説や結婚について調べてみた!眉毛カットの理由についても

  • 井上さんは1999年10月2日生まれ
  • 実家は山を切り開いて建てられた
  • 「東京マラソン2019」「軽井沢ハーフマラソン2019」を完走した
  • 難関大学を受験をするも不合格
  • 2020年東京オリンピックの聖火ランナー宇都宮市に選出
  • 2022年もMCやアシスタントを中心に活動

井上咲楽のプロフィール


名前 井上咲楽 (いのうえさくら)
職業
所属事務所
誕生日 1999年10月2日
年齢 22歳
身長 152cm
血液型 A型
出身地 栃木
外部リンク

 

性格

  • 負けず嫌い
  • 真面目
  • しっかり者

井上さんは、しっかり者で真面目な性格でした。

長女として妹の面倒を見たり家事を手伝っていました。

母親からもすごく真面目でレシピに書かれている分量をきっちり守るが故に「肉多め」「コーンを入れて」というアレンジができないと言います。

負けず嫌いな性格もあり、男の子との喧嘩やTVで同年代の子が出ていると悔しいと思ってしまうそうです。

芸能界でもここまで真っ直ぐな子はなかなかいないですよね。

 

特技

  • もんぺ作り
  • 似顔絵プラ版作り
  • 防犯グッズの作成
  • ショコラアドバイザー
  • ましこ検定

井上さんは、山の中で育ったこととなんでも手作りしてしまう父親の影響からものづくりや独特な特技を持っています。

防犯グッズの作成は、猪や動物よけの物でもあったのかもしれませんね。

趣味

  • なんでもぬか漬けにする事
  • 国会傍聴
  • 芋食べ歩き
  • 持ち歩きぬか漬け
  • 昆虫食

井上さんといえば、昆虫食と政治ですよね。

昆虫好きな井上さんは見たり触れるだけでは物足りず、昆虫食を食べています。

バラエティーやイベントでも、研究家の方が調理した昆虫食を実食している様子が放送されています。

そして、国会傍聴では何度も国会に足を運び、選挙の際には演説を聞くために全国を周りノートにまとめています。

話す内容や話す時間をまとめ他ノートは、何十冊にもなります。

独特な感性を持っていることがわかります。

ハーフ説について

井上さんがハーフという噂がありますが、ハーフではありません。

井上さんのチャームポイントである濃い眉毛からハーフではないか、と噂が広がったと思われます。

井上さんは純日本人ですが、眉毛のおかげでオーディションに受かったり友達に話しかけてもらえたことなどから剃らずに残してきました。

濃いめの顔立ちをされているので、ハーフと言われても納得できますね。

身長

井上さんの身長は152cmです。

同身長の芸能人には以下の方がいます。

小柄で可愛らしい方が多いことがわかります。

デビューのきっかけ

中学時代から芸能界に興味があった井上さんは、高校入学後両親に相談したところ「受けたいならどうぞ」と軽く承諾を得たことからオーディションを受けました。

高校一年生の時に第40回ホリプロタレントスカウトキャラバンでソフトバンク賞を受賞し芸能界に入っています。

オーディションでは、一人漫才やMr.ビーンのものまねを披露していました。

芸名は、「芸名投票」によって決まっています。

眉毛カット後の写真集が話題に!

2021年9月15日に発売された『さよならMAYUGE』が話題になりました。

デビュー当時から「太眉」とお団子ヘアがチャームポイントでしたが、番組内で人生初の眉カットによって別人のようになりました。

毛根が強く1週間で元の眉毛に戻ってしまうそうですが、購入者からは「写真本当に素敵〜😭可愛い、綺麗!!」といったようなコメントが集まっていました。

元々チャームポイントだった眉毛は、あえて残していましたが、仕事が減り始め悩んでいた時期に眉毛を剃るという仕事が入り、「仕事をいただけるなら」という思いで剃ることに決めたと言います。

眉毛でここまで印象が変わり、仕事も順調に進むなんて素晴らしいですよね。

井上咲楽はどんな人?生い立ちや経歴について

井上さんは1999年10月2日生まれの、栃木県出身です。

4人姉妹の長女である井上さんは、小さい頃は友だちと遊んだり、妹と折り紙で遊ぶおとなしい子でした。

小学4年生の頃に芳賀郡内を5日間かけて歩く「はが路100キロ徒歩の旅」に自分から参加したことで明るくなったと言います。

東京出身で「男はつらいよ」に影響された父親は、“さくら”という響きが好きだったことから人生楽しく咲き誇ってほしいという意味を込めて「咲楽」と名付けました。

イノシシが出るほどの山の中で育ち、男の子と虫取りをしたり教室で男の子と取っ組み合いの喧嘩をするなど、負けず嫌いなところがありました。

出身校・学歴

  • 益子町立田野小学校
  • 益子町立田野中学校
  • 栃木県立茂木高等学校

小学校時代は、空手をしていて足も早く、男の子とよく取っ組み合いをしていました。

中学時代はバレーボール部に所属しています。

短距離よりも長距離の方が得意だと言い、「東京マラソン2019」「軽井沢ハーフマラソン2019」を完走し、上位に入っています。

運動会では応援副団長を務めたり、3年連続で学級委員を務めるなど積極的でリーダーの役割を多く担当していました。

中学卒業後は、芳賀郡内にある2つの高校の中から進学先を決めています。

慶應義塾大学を目指していた井上さんは、高校選択でも家の近くになかったことからこの高校を選んだと思われています。

高校時代は、早弁をしたり、寝るための毛布を持参するなど楽しんでいたようです。

中学時代は、友達といることが多かったという井上さんですが、高校では、他クラスとの交流もあり1人行動が多かったと言います。

高校時代は芸能活動をしていたこともあり仕事のたびに上京していました為、単位不足で卒業式に間に合いませんでした。

しかし、補習を経て無事に高校を卒業しています。

第一志望だという慶應義塾大学を受験したそうですが、不合格という結果に浪人し再受験することを発表しました。

芸能活動をしながら難関大学を目指したということで学業にも力を入れていたことがわかります。

インスタで公開した写真がかわいいと評判に!

井上さんが2022年5月21日にインスタグラムに投稿した写真が話題になりました。

『VOCE』の撮影カットで胸元あらわになった美ボディショットを公開しました。

この投稿にファンの方からは、

  • 「綺麗過ぎる」
  • 「モデルモード全開」
  • 「とても大人ぽくて色気があって綺麗」

といったような声が集まっていました。

井上咲楽は虫を食べるのが好き?

井上さんは、イノシシが出るほどの山の中で育ちました。

父親がかなりサバイバルが得意だったことから、井上さんのサバイバル知識も豊富で虫を食べることが好きになったようです。

井上さんの昆虫好きは触れるだけでは収まらず、食する域にまで達しています。

東京ソラマチで開催された「大昆虫展」では、応援団長に任命され昆虫料理研究家の内山昭一さんが調理した昆虫を実食していました。

父親の職業は政治家で家族構成は?

井上さんの父親は、木材を加工したり家具を制作したりする木工業を職にしています。

山を開拓し、自分で家を建ててしまったり家具を作ってしまうことからも木材に関わり建築などにも携わっていることがわかります。

父親が政治家という噂がありますが、井上さんが政治に関心を持っていることから広がったと思われます。

何度も国会に足を運び、全国に選挙演説を聞きに行きノートにまとめるほどです。

しかし、山奥で生活していることから政治家ではなさそうですね。

実家はお金持ち?

井上さんの実家は、父親が山を切り開いて山の頂上に5LDKでロッジ風の雰囲気がある家を建てました。

お風呂は薪風呂でリビングには薪ストーブがある為、庭には大量の薪があります。

父親がなんでも自分で作ってしまうので本棚やテーブルも自作だと言います。

そんな井上家は、父親、母親、咲楽さん次女、三女、四女と、6人家族の4姉妹です。

お金持ちかどうかの判断はできませんが、あえて都会から山を買い田舎に引っ越したということでびんん某というわけではなさそうですね。

自作で揃えることにこだわり、豪華な生活をあえてしていないことがわかります。

井上咲楽は結婚してる?

井上さんは、結婚していません。

井上さんが綺麗になったことで恋愛しているのでは、と噂になりました。

当時井上さんはゼロイチの番組ディレクターに惹かれていたようで、バラエティー番組で眉毛を整えたことをラインで報告したり、食事に誘う場面が放送されています。

食事に誘いバレンタインデーに告白するつもりだった井上さんは、「今は仕事が忙しいから付き合えない」とフラれてしまいました。

井上さんは蛭子能収さんがタイプなようで失恋した時には、ひたすらキャベツを刻んで無になっていたといい独特な感性を持っています。

『新婚さんいらっしゃい!』の新MCを務めている井上さんですので、今後も熱愛情報には注目が集まりますね。

タレントとして活動の幅を広げている井上さんの今後が楽しみですね。