川北茂澄(真空ジェシカ)プロフィールまとめ

  • 川北茂澄は1989年5月23日生まれ
  • 尖った性格で、ゴッドタンのヤバい芸人部門にランクインしている
  • 人の役に立てていないという理由で解散を考えたことがある

川北茂澄のプロフィール


名前 川北 茂澄 (かわきた しげと)
グループ・所属
職業
所属事務所
誕生日 1989年5月23日
年齢 32歳
身長 172cm
血液型 B型
出身地 埼玉
外部リンク
 

川北茂澄の生い立ちや経歴

川北茂澄は1989年5月23日生まれの32歳で、埼玉県出身です。

家族構成は公表していませんが、スターウォーズは家族全員で観に行くほど仲がいいです。

小学3年生から高校卒業まで剣道を習い、周囲から信頼されていてリーダーシップを取ることのできる子ども時代でした。

やんちゃなエピソードが多く、中学時代の自身を人生の絶頂期と語っています。

中学生のときの学芸会で芸人のネタを披露したことがきっかけとなり、大学入学後にお笑いサークルに所属しました。

 

職歴

  • 爪が真っ黒になるアルバイト
  • コンビニの夜勤のアルバイト

爪が真っ黒になるときもあるくらいの現場でアルバイトをしていたことを後輩芸人から明かされています。

必死に働いて生活費を稼いでいましたが、TBSラジオマイナビラフターナイトチャンピオン大会で優勝した賞金の50万円で任天堂switchを後輩たちにプレゼントしました。

芸人を目指したきっかけ

川北茂澄が芸人を目指したきっかけは中学生の時の学芸会で、お笑い芸人・レギュラーの代表ネタ「あるある探検隊」のパロディネタを作り披露したことがきっかけです。

その時に「人前に立つことやネタに対する反応がダイレクトに来ることに面白さを感じた」と語っています。

大学入学後、お笑いサークル「お笑いサークルO-keis」に所属し、4期生として活動始めました。

このサークルで現在の相方・ガクさんと出会い、最初はお互い別の相方とコンビを組んでいましたが、相方がプロ志望ではなかったため、ガクさんと「川北コンビ」を結成しました。

 

川北茂澄の高校や学歴

  • 埼玉県立川越高校 卒業
  • 慶應義塾大学総合政策学部 卒業

小学生のときにはテレビ埼玉の番組に猿のものまねで出場したことがあり、お調子者で女子を追いかけまわして怒られていました。

中学生のときは「リア充。人生の絶頂期」と語っていて、3年間を通じて応援団長を務め、3年連続で「最優秀指揮者賞」を獲得するなど注目を浴びることの多い中学時代を過ごしています。

また、小学3年生から高校卒業まで剣道をしていて、関東大会の県予選への出場経験があります。

大学の卒業論文では「フリップネタ」をテーマにして、フリップネタを提出、タイトルで読んでもらえないのは嫌ということで、タイトルには「研究」とつけて論文らしさを演出したことを明かしました。

真空ジェシカは1回解散してるの?

解散をしたことはありませんが、川北茂澄から解散を持ちかけたことはあります。

コンビニの夜勤でバイトをしているときにお客さんの弁当を温めていて、温め終わった弁当を入り口側に置いていたら「ありがとう」と言われたことに泣きそうになり、人の役に立ってないと思い解散を考えたと語っています。

ライブの前に相方・ガクさんに解散の話をしますが、ガクさんは解散の原因が当時付き合っていた彼女だと思っていて、勘違いが生まれています。

結果、解散はせず今も真空ジェシカとして活躍しています。

川北茂澄はどんな人?

川北茂澄は身長172cm、体重55kgの32歳で、髭が印象的な見た目の芸人です。

作家の悪口を言うというライブを行ったり、歯医者で「痛かったら手をあげてください」と言われても絶対に上げないなど尖ったエピソードが多くあります。

尖ったエピソードが多いので、ゴッドタンの企画「この若手知ってんのか!?」においてヤバい芸人部門に二度ランクインしています。

そんな尖っている川北茂澄ですが、合唱曲が大好きで「Song Is My Soul」を聴くと必ず泣くというピュアな一面を持っています。

 

性格

  • こだわりが強い
  • 尖っている
  • 面倒見がいい

相方・ガクさんがコンビを組んだときに「はいどうもー」や「もういいよ」を言いたくないと打ち明けられたり、特技があるのにテレビからオファーが来ても出たくないという一面が見えるようになったと明かしました。

若手芸人によくある尖っているタイプで、尖っているとわかるエピソードをいくつも持っています。

後輩芸人にゲーム機をプレゼントするなど後輩に対して手厚い対応ができる優しい性格をしています。

 

特技

  • 日本習字
  • 剣道
  • ぷよぷよ

習字は八段、剣道は小学3年生から高校生まで続けていて高校時代には県大会の予選に進んだことがあります。

ぷよぷよは大分5位で、芸人で一番強いと自称していて、ぷよぷよの大会のことを「スポーツ」というほど本格的に行っています。

 

趣味

  • 野球観戦

休日や仕事後に野球観戦を楽しんでいる様子がTwitterに投稿されています。

川北茂澄(真空ジェシカ)の彼女や結婚について

川北茂澄はラジオで彼女の存在を明らかにしていて、元々真空ジェシカのファンの女性でだということも公表しています。

結婚はまだしていませんが、彼女の存在を公表しているので、結婚をしたら報告してくれるでしょう。

過去には大学から付き合っていた彼女がいて、このまま付き合い続けるなら就職をしてほしいと話があったことを相方・ガクさんが明かしています。

出演番組

川北茂澄は以下のジャンルの番組に出演しています。

  • バラエティ番組
  • ラジオ
  • CM
  • ライブ

 

CM

  • 「M-1グランプリ2020」x「Creepy Nuts」スペシャルムービー
  • クーナッツ「クーナッツ漫才大賞 supported by 食玩ジャパン」真空ジェシカ編

 

バラエティ

  • 学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!
  • 日10☆演芸パレード(2013年5月5日)
  • 勇者ああああ(2017年7月27日)
  • 真夏のお笑い夜通しフェス どぅっかんどぅっかん!(2017年8月11日)
  • 冗談手帖(2018年2月14日)
  • 白黒アンジャッシュ(2018年3月6日)
  • クーリングオフ型ネタ見せ番組 金返せショー(2019年2月2日)
  • ネタパレ(2019年5月17日・2020年6月19日)
  • あるある発見バラエティ 新shock感 それな!って言わせて(2020年12月12日)
  • 中居正広の金曜日のスマイルたちへ(2020年12月25日)
  • ゲームズ・ボンド(2020年12月26日)
  • マヂカルクリエイターズ(2021年4月19日)
  • 有田Pおもてなす(2021年6月5日)
  • 有吉の壁(2021年6月16日)
  • AUN(2021年8月9日)

 

ラジオ

  • マイナビ Laughter Night
  • 真空ジェシカのラジオ父ちゃん
  • 真空ジェシカのギガラジオ
  • ミューコミプラス

 

ライブ

  • バカ爆走!
  • どっきん!
  • でかぷっしゅ!!
  • 第1回単独ライブ「犬の整形の立ち会い」
  • プロダクション人力舎ライブ・どっきん!【2部】「漫ノ者」
  • プロダクション人力舎ライブ・どっきん!【3部】「ドクターベーション」
  • プロダクション人力舎ライブ・どっきん!【2部】「モンキー・M・マンザイ」
  • プロダクション人力舎ライブ・どっきん!【2部】「ミセマス」

賞レースなどの戦績

  • 2011年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2012年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2013年 キングオブコント 準々決勝進出
  • 2014年 キングオブコント 準々決勝進出
  • 2015年 キングオブコント 1回戦敗退
  • 2016年 キングオブコント 1回戦敗退
  • 2013年 R-1ぐらんぷり 準決勝進出
  • 2014年 R-1ぐらんぷり 3回戦進出
  • 2015年 R-1ぐらんぷり 2回戦進出
  • 2011年 学生HEROES! 第1回漫才を愛する学生芸人No.1決定戦 決勝進出
  • 2011年 大学生M-1グランプリ 準優勝
  • 2012年 THE MANZAI 1回戦敗退
  • 2013年 THE MANZAI 1回戦敗退
  • 2014年 THE MANZAI 1回戦敗退
  • 2019年 マイナビ Laughter Night 第5回チャンピオン大会 優勝
  • 2020年 大久保佳代子杯!人力舎若手芸人大喜利No.1決定戦 優勝
  • 2020年 第1回 AUN~大喜利コンビ王決定戦~ 優勝
  • 2021年 第2回 AUN~大喜利コンビ王決定戦~ 優勝 (2連覇)
  • 2021年 第3回 AUN~大喜利コンビ王決定戦~ 優勝 (3連覇)

お笑いコンビ・真空ジェシカの川北茂澄についてまとめました。

最近では人当たりの良い芸人さんが多い中で、尖ったキャラクターを選び存在感を出しています。

ここ数年、賞レースで功績を残してきているので、こだわりは強い性格ですがメディア出演も増やして、さらに人気芸人になることに期待しましょう。