森永悠希の声が可愛すぎ!兄弟や子役時代も調べてみた

  • 森永悠希は1996年6月29日生まれ
  • 4歳から芸能活動をしている
  • 2022年7月期のドラマへ出演が決まっている

森永悠希のプロフィール

名前 森永悠希 (もりながゆうき)
職業
所属事務所
誕生日 1996年6月29日
年齢 26歳
身長 165cm
血液型 AB型
出身地 大阪
外部リンク

 

性格

  • 面倒見がいい
  • 一点集中型

森永悠希は、映画「小さな恋のうた」の撮影で滞在した沖縄では、共演者に食事を振る舞うほど面倒見がいい性格です。

また自身で一点集中型な性格だと語っていて、1度ハマるとトコトン突き詰めるタイプです。

その性格が影響して、役者としてどんな役でも入り込み、演じ分けることができるようになったと語りました。

 

特技

  • ピアノ

森永悠希は、以前に映画「羊と鋼の森」に出演したとき、実際にピアノを弾くシーンがあり、披露しています。

映画の重要な映画のシーンで演奏したということで、自他共に認める特技と言えるでしょう。

趣味

  • 音楽鑑賞
  • テニス

森永悠希は音楽鑑賞が好きで、自身でドラムやピアノを演奏することもでき音楽の才能があります。

またテニスも好きですが、いつから始めたなどは公表しておらず、ドラムと同じように役で披露してくれるのではないでしょうか。

デビューのきっかけ

森永悠希自身は、元々芸能界に興味はありませんでした。

しかし森永悠希が4歳のときに叔父が写真を撮影、その写真が上手く撮れたことから、その写真を履歴書とともに芸能事務所へ送ることにしました。

その後、合格となり劇団東俳大阪校に入団することになったことがデビューのきっかけです。

出演作品の評判

森永さんが出演した作品で話題になったのは以下の3作品です。

  • 今日から俺は
  • ミステリというなかれ
  • 絶対零度

今日から俺は

森永悠希は2018年にドラマや2020年に公開された映画「今日から俺は」に出演していません。

出演していると勘違いされたのは、この作品に出演していた俳優・矢本悠馬さんに似ていると言われているためでした。

子役出身で童顔というイメージから混同しているファンが多いのでしょう。

ミステリというなかれ

ミステリという勿れは、2022年に放送されたフジテレビのテレビドラマです。

社会で「当たり前のこと」として流されていることに常に疑問を持ち、とことん考え抜く性格の大学生・久能整が、膨大な知識と独自の価値観による持論をあざやかに展開します。

たとえ周囲で何が起きていようとも喋らずにはいられないため、「うざい、面倒くさい」と言われ続けて生きて来た青年の究極の会話劇で事件の謎も人の悩みも解きほぐす、新感覚ミステリードラマです。

森永悠希は第1話から3話に登場したバスジャックに巻き込まれる乗客・淡路一平役を演じました。

ファンや視聴者からは、

  • 何度見直しても泣ける!涙の流し方、演技一つでそれまでの苦労を物語る。すごい!
  • ミステリと言う勿れバスジャック編の菅田将暉、瑛太の中に居る森永悠希の演技めっちゃめちゃ良
  • ミステリの森永悠希くん最高だった〜!やっぱり好き!

といったように、自分の犯した罪を告白するシーンの演技力に引き込まれる視聴者が多くいました。

絶対零度

絶対零度は、2010年に放送されたフジテレビのテレビドラマです。

警視庁刑事部捜査一課内に「コールド・ケース」と呼ばれる時効直前の未解決事件を検証し直す専従捜査部署特命捜査対策室が実際に新設され、そこを舞台に未解決事件を紐解いていく姿を描いた刑事ドラマです。

森永悠希は、未然犯罪捜査班に新人研修で配属されたキャリア警察官・吉岡拓海役を演じました。

  • 独特の雰囲気を持った若い役者で割と好きなんだがもっと活躍して欲しい
  • 絶対零度で森永さんとても良かったので2話からも楽しみ
  • 続編があるなら森永悠希さんも続投してほしい

といったように演技力の高さや役柄のキャラクターから愛されていて、続編があれば出演してほしいという声が多く上がっていました。

ピアノの腕前が凄い!

森永悠希は、いつ頃からピアノを始めたから公表していませんが、映画「羊と鋼の森」に出演したとき、実際にピアノを弾くシーンがあり、ピアノの実力を披露しています。

映画の重要な映画のシーンで演奏するということで、監督や周囲の人が認めるほど実力があると言えるでしょう。

ファンからは、

  • 俳優の森永悠希さんのピアノを弾き終わった表情、良かった
  • 森永悠希ピアノうまいな、、
  • グッときたのは森永悠希さんのピアノのシーン

といったように役でピアノを披露して、他の役者より印象に残ったという声が多く上がっていました。

森永悠希はどんな人?生い立ちや経歴について

森永悠希は1996年6月29日生まれ、大阪府出身です。

4歳のときに叔父が劇団東俳に履歴書を送ったことで芸能界入り、子役として地元ローカルのCMなどに出演していたので、人前に出ることが苦ではない少年でした。

2001年、5歳でドラマ「部長刑事シリーズ・シンマイ。」でドラマ初出演、2007年にはドラマ「芋たこなんきん」で連続テレビ小説に初出演しています。

また同年、11歳のときに映画「しゃべれども しゃべれども」に出演して、高い演技力の子役として注目を集めます。

その後、2010年5月にソニーミュージックアーティスツへ移籍、2013年に映画「カノジョは噓を愛しすぎてる」の中で結成されたバンド「MUSH&CO.」のメンバーとしてCDデビューを果たしました。

高校を卒業したタイミングで上京、大学には進学せず役者に専念すると決めています。

2018年には映画「羊と鋼の森」で演奏を披露したことで、バンドとピアノができることが明らかになっています。

その後も話題作の映画やドラマへ多く出演、演技力の高さで多くの視聴者に知られるようになりました。

出身校・学歴

  • 大阪国際大和田中学校 卒業
  • 大阪国際大和田高校 普通科 卒業

森永悠希は、小学生時代に学校の授業の一貫でプチトマトやオクラ・ナスなどを育てていました。

中学高校はエスカレーター式で、過去に映画甲子園で受賞したことのある「映画製作研究部」に所属。

幼少期から芸能活動を始め、映画などに出演していたので知名度があり、同じ学校の生徒がTwitterに目撃情報を投稿するほど知名度がありました。

声が個性的だと話題に

森永悠希は男性でありながら、声が可愛らしいことが特徴で話題になりました。

カラオケでも女性アーティストの曲を歌うと明かしていて、一緒にカラオケに行く友人には「母親と来ているみたい」と言われると語っています。

ファンからは、

  • 結構色んな役やっててやっぱりちょい悪役多め?でもほんとかわいいんです 声もかわいい
  • 森永悠希くんのカン高い声が独特で好きなんだよね
  • 表情や声が独特な感じで気になった森永悠希くん

といったように男らしい見た目とのギャップがある声が好きというコメントが多く上がっていました。

子役時代

森永悠希は4歳から芸能活動をスタート、習い事感覚で劇団に入りレッスンを重ねていきます。

芸能界入りしてすぐの頃はCMへの出演が多かったですが、2001年に「部長刑事シリーズ・シンマイ」、2006年にNHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」に出演。

2007年に出演した映画「しゃべれども しゃべれども」で、演技力の高さが評価されました。

兄弟や家族構成

森永悠希は両親と妹の4人家族です。

両親は一般人で情報を公開していませんでした。

妹は2歳年下で、一緒に住んでいた頃はよく口喧嘩をしていましたが、離れて暮らすことになり大事だと気づいたと語っています。

喧嘩するほど仲がいいということがわかるエピソードなので、今後も妹との話をメディアを通して話してくれることに期待しましょう。

実力派俳優・森永悠希についてまとめました。

子役から演技力の高さが注目され、今でも実力派俳優として出演作を着実に増やしています。

引き込まれる演技に定評があるので、今後の活躍にも期待しましょう。