前原滉の韓国ハーフの噂を調べてみた!高校や結婚についても

  • 前原滉は1992年11月20日生まれ
  • ザ・マミィの林田に似てると話題
  • ドラマ「あなたの番です」で蓬田蓮太郎役を演じた

前原滉のプロフィール

名前 前原滉 (まえはらこう)
職業
所属事務所
誕生日 1992年11月20日
年齢 29歳
身長 172cm
出身地 宮城
外部リンク

 

性格

  • 人を笑わせることが好き
  • サービス精神旺盛
  • ストイック

前原滉は人を笑わせることが好きで、とにかく人が笑っている顔を見ることが好きと語っていて、サービス精神旺盛ということがわかります。

またストイックな一面があり、役作りのために1か月で10キロの減量を成功させました。

 

特技

  • ものまね
  • サッカー

前原滉は中学でサッカーに打ち込んでいて、優秀選手賞を受賞するほどの実力があります。

また人を笑わせることが好きという性格ということからものまねを研究、まだあまり披露していないので今後番組で披露してくれることを楽しみにしましょう。

趣味

  • 音楽鑑賞
  • 散歩
  • お笑いライブ鑑賞

前原滉は頻度などは明かしていませんが、散歩が好きです。

またバラエティに出演することは苦手ですが、お笑いライブ鑑賞が好きだと明かしていて、今後苦手意識をクリアして出演したいと語っています。

前原滉は韓国のハーフなの?

前原滉が韓国のハーフという情報は公言していませんでした。

宮城県仙台市出身で、両親が韓国人という情報はないので、ハーフという可能性は低いでしょう。

デビューのきっかけ

前原滉は幼少期からドラマや映画を観ていて、人前に出る仕事をしたいと思い持ち続けていました。

高校卒業後の進路を考え、やりたいことをしないと後悔する考えた結果、俳優になりたいと本格的に思うようになります。

その後、芸能養成所に入学し演技のスキルを磨き続け、3年半が経ったタイミングで現在の所属事務所のマネージャーに出会いました。

このマネージャーに声をかけてもらったことで事務所に所属したことがデビューのきっかけです。

俺の家の話の評判

俺の家の話は2021年にTBSで放送されたテレビドラマです。

少し変わった観山家はどの家族にもあるような「悩み」や「喜び」を感じて生きていて、毎日辛いことばかりですが、「人生そんなに捨てたもんじゃねぇな」と思えることがちょっとずつ増えていきます。

気が合わないと思って離れていた家族が再び集まって暮らし始めると、面倒くささと同時に愛おしさが込み上げて来ることに気づく、どこか懐かしいようでまったく新しい形のホームドラマです。

前原滉は主人公・寿一の元妻・ユカの交際相手でプログラマーの早川トオル役を演じ、時代に合った仕事の仕方をしていて、息子の成長に涙を流せるいい人という役柄でした。

ファンや視聴者からは、

  • 俺の家の話での“薄味の病院食のような早川君”良かったです
  • 秀生の新しいお父さん役の人、存在感あったわ。
  • なんか存在感あるんだよなー。今後も期待!

といったように薄い顔立ちで出演回数は少なかったものの存在感を見せつけ、視聴者から名バイプレイヤーだと好評でした。

蓬田蓮太郎役を演じたあなたの番ですの評判

あなたの番ですは2019年に日本テレビで放送されたテレビドラマです。

とあるマンションに引っ越してきた一組の新婚夫婦はマイホームを手に入れ幸せな暮らしが待っていると思った矢先、マンションで次々と人が死んでいきます。

謎の連続死の裏側では13人の住民がそれぞれ殺したい人を書いてその紙をランダムに引いていくという、交換殺人ゲームが住民の間で行われ、考察を楽しみながら視聴するミステリードラマです。

前原滉はマンションの管理人・蓬田蓮太郎役を演じ、仕事にやる気はないが妙に馴れ馴れしいという役柄でした。

ファンや視聴者からは、

  • あな番の蓬田さんでスピンオフないかな~めっちゃ観たいな~
  • あな番は蓬田さんがとてもかわいかった
  • あな番の蓬田蓮太郎さんタイプだった。

といったように殺人が多いストーリーの中で、ゆるいキャラクターの前原滉が癒しという声が多く上がっていました。

前原滉はどんな人?生い立ちや経歴について

前原滉は1992年11月20日生まれ、宮城県仙台市出身です。

幼少期からテレビをドラマを観ていて、多くの人に見てもらえる仕事に就きたいと思っていて、その頃から人を楽しませることが好きな少年でした。

高校卒業後、地元で舞台を観る機会があり俳優になることを決意すると何も決めずに上京。

上京後は俳優養成所「トライストーン・アクティングラボ」を母に教えられ入所して、芝居を4年間学びます。

またレッスンを受け始めてから2年目のときにはヒッチハイクで鹿児島まで行くことに成功。

俳優としてはなかなか芽が出ず諦めようと悩んでいたところ、現在のマネージャーに出会い、2015年に現在の事務所への所属が決まりました。

2015年に映画「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」のオーディションに合格して出演。

2017年には大河ドラマ「おんな城主直虎」やドラマ「陸王」、映画「あゝ、荒野」に出演するなど俳優としてキャリアを重ねていきます。

2018年には連続小説ドラマ「まんぷく」に出演して、癒しキャラで話題になり、2019年には映画「うちの執事が言うことには」に出演しました。

同年にはドラマ「あなたの番です」に出演して、管理人・蓬田蓮太郎役を演じたことで、広く名が知られるようになります。

2020年1月の舞台「FORTUNE」で本格的な舞台に初挑戦、2021年3月には映画「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」で初主演を飾りました。

その後も多くの作品に出演し、脇役でも強い印象に残る俳優として今注目されています。

ザマミィの林田に似てる!

前原滉とザ・マミィの林田さんは顔の小ささや目の細さ、雰囲気など似ている部分が多く、見間違える人も多くいます。

ファンからは、

  • ザ・マミィの林田さんと、前原滉さんが似すぎてわからなくなる。
  • 「俺の家の話」の薄いお父さん役の人も、林田さんだと思ったら前原さんだった
  • 俳優の前原滉さん見るとあの芸人に似てるなーと思い、ザ・マミィの林田さん見るとあの俳優に似てるなーと思う

といったようにそれぞれの出演番組で見間違えるファンが多く、とても似ているということがわかります。

出身高校など学歴について

前原滉は出身高校など学歴を明かしていませんでした。

中学時代はサッカー部に所属し、市の優秀選手賞を受賞しているほどの選手で部活動に打ち込んでいました。

高校ではサッカーをしておらず、ずっと一緒にサッカーをしてきた友人は高校でキャプテンになり全国大会に出場していて、後悔したと明かしました。

前原滉は結婚してる?

前原滉は現在結婚しているという情報はなく、独身です。

彼女の噂も出ていないので、現在は俳優として仕事に集中している時期なのでしょう。

今後、安定した俳優になったときに結婚の発表があることに期待しましょう。

前原滉の代表作品

前原滉の代表作は以下の3つです。

  • まんぷく
  • アンサングシンデレラ
  • 銀魂

まんぷく

まんぷくは2018年から放送されたNHKの連続テレビ小説です。

インスタントラーメンを生み出した日清食品創業者の安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルに、懸命に生き抜いた夫婦の物語を描いた作品です。

前原滉は、まんぷく食品株式会社の社員・小松原完二役を演じました。

ファンや視聴者からは、

  • 水がぽとぽと垂れてる小松原くん、水も滴るいい男目指してるん!?一生懸命さがかわいい
  • 小松原くんいい子だなぁ。
  • こ、小松原くん!?可愛いじゃないか

といったように役柄的に愛されキャラで、かわいいというコメントが多く上がっていました。

アンサングシンデレラ

アンサングシンデレラは2020年に放送されたフジテレビのテレビドラマです。

「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っているみどりが患者一人一人と真摯に向き合う、病院薬剤師が主人公の新・医療ドラマです。

前原滉は、萬津総合病院産婦人科の研修医・道場健太郎役を演じ、最終話では萬津産婦人科医院の常勤医という役柄でした。

ファンや視聴者からは、

  • アンサングシンデレラの研修医、印象に残ったし、ピンポイントで存在感を放てる気になる俳優
  • 萬津産婦人科医院で1クールやっていただいていいのよ
  • 前原滉さんの医師役めちゃめちゃ合ってるって思った

といったように1話と最終話のみの出演だったにもかかわらず、印象に残ったという声や医師役が似合うという声が多く上がっていました。

銀魂

銀魂は2017年と2018年に公開、漫画を原作にした映画で、第二段まで制作されました。

SF、時代劇、ギャグ、人情、アクション、オリジナルパロディなどあらゆる要素を詰め込んでいて、将軍接待編・将軍散髪編・真選組動乱篇をベースとした時代劇のようなギャグストーリーです。

前原滉はアイドルオタク・秋葉大佐役を演じ、新八と一緒にオタクサミットに参加するという役柄でした。

ファンや視聴者からは、

  • 銀魂2お通ちゃん親衛隊のシーンで菅田新八の横にいたのが眼鏡無しバージョンの前原滉さんで笑ってしまった
  • あのオタク役もリアルだったわ笑
  • そーいえば銀魂2で前原滉くん見つけたよ、驚いた

といったようにオタク役という癖の強い役柄で、笑いの多い銀魂にさらに笑いを与えました。

演技派俳優・前原滉についてまとめました。

下積み時代が長く、途中挫折も味わいましたが、俳優としてデビューしてからは演技力の高さで人気があります。

コンスタントに作品に出演していて、すでに次回の出演作も決まっているので、今後の活躍にも期待しましょう。